【2019】新型ルーミー・タンク マイナーチェンジ最新情報まとめ【トヨタ】

先日、カーギークでは新型パッソのマイナーチェンジ情報をまとめたので、今度は別のトヨタ車のマイナーチェンジ情報をお知らせしようと思います。

それがトヨタ・ルーミーとタンク。スズキ・ソリオに対抗して2016年11月に発売されたスライドドア型のコンパクトカー。ソリオの独壇場だった寡占ジャンルだったこともあってか、さすが王者トヨタ。

なんと2018年現在、ルーミーとタンクの月販台数は両者を合わせると平均1万4000台前後を確保。そろそろ販売から2年程度経過しようとしてるものの、むしろ販売台数が伸びてる勢い。

ってことで、こんな大人気のルーミーとタンクの初マイナーチェンジ情報をまとめていこうと思います。

新型ルーミー・タンクのマイナーチェンジ時期は2019年秋頃?

まずはトヨタ新型ルーミー・タンクの発売時期。マイナーチェンジはいつ頃に行われる可能性があるのか?

結論から書くと、新型ルーミーとタンクのマイナーチェンジは2019年秋頃に行われると見られています。ちなみに、ダイハツが販売してる兄弟車のトールも同時期にマイナーチェンジされるはず。

でも自動車雑誌によっては2019年初夏頃にマイナーチェンジを予想しているメディアも存在するので、新型ルーミーとタンクの詳細な発売時期は不明。ただ、それでもルーミー・タンクの販売が好調。少なくとも2019年の早い段階でマイナーチェンジが行われる可能性は低そう。

ライバルのソリオが発売から3年後にマイナーチェンジしたことを考えたら、ルーミー・タンクも同様に発売から3年後以降にテコ入れされると考えるべきでしょう。【比較】ソリオvsルーミー・タンクも参照。

マイナーチェンジで「自動ブレーキ」が性能アップ!

続いてはマイナーチェンジ情報。新型ルーミーとタンクは一体何が進化するのか?

まずは自動ブレーキシステム。現在ルーミーとタンクが搭載してるのはスマートアシスト2ですが、それが今回のマイナーチェンジで「スマートアシスト3」に進化します。一つのカメラ+赤外線レーザーから「ステレオカメラ(2個のカメラ)」に変更。

現行ルーミーとタンクは「対歩行者」で停止することができないんですが、ステレオカメラ式のスマアシ3では人間相手に停車することが可能になります。他にも速度作動域も拡大されて、端的にいうと性能がアップする予定。

ちなみにルーミーもタンクも「ダイハツ製」のため、評判が極めて良いトヨタの新型セーフティーセンスはマイナーチェンジ後も搭載される予定はありません。パッソなんかも同様。

また新型ルーミー・タンクはエンジン内部や変速機が改良されて、マイナーチェンジ後は若干程度カタログ燃費が向上するという噂も。ただ、ここらへんはあまり気にしなくて良いでしょう。

【マイナーチェンジ】ルーミーとタンクの見た目が一新!?

そして、最後は今回のマイナーチェンジの目玉情報。

結論から書くと、トヨタ新型ルーミーとタンクの「エクステリアが変化」すると言われております。

(ニューモデル速報 2017年コンパクトカーのすべて 三栄書房)

画像を見ても分かるように、現行ルーミーとタンクは見た目に大きな違いは少ない。ノア風のフロントグリルがルーミーに対して、タンクの見た目はスズキの軽自動車風といったところか。ここにダイハツ・トールも含めると余計混乱する。

これがマイナーチェンジ後にどうなるのかと言えば、主にタンクのヘッドライトがカッコ良く進化するっぽい。逆に言うと、ルーミーのデザインはマイナーチェンジ後もほぼ変わらない可能性がありそう。

また現行モデルではカスタム系グレードとの違いがほぼ存在しないものの、ここにもデザインのテコ入れが図られる様子。それに伴ってマイナーチェンジ後は、ルーミーもタンクも内装デザインも質感アップが図られる予定。

確かに考えてみると、新型プリウスのマイナーチェンジ新型シエンタのマイナーチェンジなど最近のトヨタは積極的に見た目のテコ入れを図ってる。新型ルーミー・タンクもご多分に漏れずといったところ。

だから、どこまで大胆にテコ入れされるかはさておき、今回のマイナーチェンジで見た目・デザインが変更される可能性は高そう。

フォローする