【2022】新型アイサイト4.5 最新情報まとめ【スバル自動ブレーキ】

スポンサーリンク

スバルが誇る自動ブレーキといえば、やはり「アイサイト(eyesight)」。1990年代後半から開発が始まり、2008年頃にようやく商品化された代物。他社に先駆けて投入されたEyeSightは、もはや自動ブレーキの代名詞と評価する人もいます。それぐらいアイサイト目当てでスバル車を購入する人も少なくありません。

このアイサイトは2014年に「ver3」に進化して久しいんですが、目下の話題は「いつアイサイトはver4に進化するのか?」という点。さすがに気が早い気がしますが、スバル以外の各社が開発してる自動ブレーキの性能も大幅に進化。自動ブレーキの代名詞とも呼ばれるEyeSightが追随を許していいはずがない。

そこで今回はスバル新型EyeSight4に関する最新情報をまとめてみました。結論から書くとver4に進化するのはまだ未来の話にはなるものの、その先には「EyeSight4.5」なる更に高性能な自動ブレーキもSUBARUは開発中らしい。もし興味があればチェックしてみて下さい。

次期EyeSight4が初めて投入される時期は2020年?

まずは新型EyeSight4の発売時期。あくまで自動車の一部品に過ぎないため発売時期と表現するのはいささか不自然ですが、いつEyeSight4が登場するのか?また初めて搭載される車種は何なのか?

結論から書いてしまうと、スバル新型アイサイト4は2020年頃に登場すると予想されています。だから現時点から数年後と遠いような近いような未来。EyeSight3はちょこちょことテコ入れされてますが、しばらくはEyeSight3の現状が続く模様。

そして、初めてアイサイト4が搭載される車種の候補は「次期型レガシィ(B4&アウトバック)」と予想するのはマガジンX。スバルの中ではフラッグシップモデルのため候補としては相応しそう。EyeSight3が初めて搭載されたのは国内専売モデルのレヴォーグ。EyeSight4は世界進出を目論む狙いが込められているのか。

続いては、いよいよ本題。アイサイト4の中身に触れたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする