【2023】トヨタ新型クラウン フルモデルチェンジ最新情報まとめ!FF化?SUV化?発売日や次期デザインは?販売終了?マツダ製シャシーを採用?クラウンクルーガーの国内導入は?

トヨタ15代目クラウンは2018年6月に登場しました。

外観はキープコンセプトでしたが、中身はTNGAプラットフォームに刷新されて走りが進化。車載通信機(DCM)が全グレードに標準装備されるなど、新型クラウンはトヨタ初の「繋がるクルマ(コネクテッドカー)」に進化して話題を呼びました。

トヨタ新型クラウンの走りは世間的にも評判が良く、2019年上半期の販売台数を見ると約2万2000台。月販3600台前後。ただし、2019年10月の消費増税の影響もあってか2020年以降の販売台数は急激に失速。2020年1月から6月の販売台数は約1万1800台と約半減。

0438d5705cef31037b4b330dcbdf5ac4 500x237

ベストカー2021年6月26日号 講談社

そこで今回カーギークでは「トヨタ新型クラウンのフルモデルチェンジ最新情報」をまとめてみました。果たして16代目新型クラウンの発売時期は?次期クラウンはどう進化するのか?

https%3A%2F%2Fcar geek
【2021】レクサス新型LX フルモデルチェンジ最新情報まとめ【LX600】【発売日・次期デザイン・ハイブリッド化】
【最新情報】レクサス新型LXが2021年にフルモデルチェンジ確定!レクサス新型LXはフルモデルチェンジ後も「ラダーフレーム」は踏襲?LX600hの正体はツインターボマイルドハイブリッドか?レクサス新型LXの発売日や価格など徹底解説!

発売日は2023年以降?

続いては「発売日発売時期」の最新情報。

トヨタ新型クラウン16代目の発売日は2023年頃になりそう。当初自動車メディアでは2024年発売などと予想されていましたが、現状だと2023年説が濃厚。15代目クラウンは2018年発売なので、およそモデル周期は5年程度。最近だと割と早めにフルモデルチェンジされそうか。

2022年には次期アルファード次期プリウスなどがフルモデルチェンジすると言われており、次期クラウンの発売は「その翌年」と考えると分かりやすいか。一応、次期クラウン2022年発売説もあるっちゃありますが、モデル周期の短さを考えると期待薄。

e45ece663955cbcede2fe185ef648ce5
【2021】新型車フルモデルチェンジ一覧まとめ!2021年発売予定のSUVは?メーカー別最新版スケジュール!【トヨタ ホンダ 日産 スズキ マツダ スバル ダイハツ】
【最新版】2021年以降に発売される新型車は?2021年にフルモデルチェンジ,マイナーチェンジするSUV車は?新車最新スケジュールを一挙おさらい!トヨタ,ホンダ,日産,スズキ,マツダ,スバル,ダイハツの全メーカー別まとめ!

16代目クラウンは「SUVタイプ」に変身か?

続いては「SUV化」の最新情報を解説。

b41e5ddfcb1b9a78bf0083a66ec25083 447x400

(共同通信)

2020年後半、共同通信などが「セダンタイプのクラウンが2022年を目処に生産・販売終了する」と報じられて話題に。これまでクラウンはモデルチェンジの度に若返りを何度も図ってきましたが、その狙いはことごとく失敗してる。

現在クラウンはセダンタイプのみ発売されてますが、かつてはステーションワゴンやピックアップといったカテゴリの車も販売されていたそう。それ故、次期クラウンは販売終了までは行かずに「SUV」として生まれ変わるともっぱら予想されていました。

今振り返ると、後述するFF駆動化の情報は「SUVへの布石」だったのかも知れない。

ただクラウンは腐ってもクラウン。2020年の販売台数を見ると、SUVタイプのランドクルーザープラドよりも、セダン車のクラウンの方が売れてる。セダン車に需要がないのは確かですが、クラウンそのものが不人気車種かと言うとそこまで不人気ではない。

c73f5bfb030dadcbaa37da3e0b83a6cc
【2021】トヨタ新型ノアヴォクシー フルモデルチェンジ最新情報まとめ!エスクァイアは販売終了?発売日や次期デザインは?【価格値段】
【最新情報】トヨタ新型ノア・ヴォクシーが2021年10月前後にもフルモデルチェンジか?新型ヴォクシーは販売終了?エスクァイアは?発売日や価格は?次期デザインは?新型ノアヴォクシーのフルモデルチェンジ最新情報を徹底解説!

クラウンクルーガーの中身は完全に別物だった

次期クラウンSUV化の真相は2021年4月に開催された上海モーターショーで明らかになります。

481f76eee3c6c6e8b0ed61803db4588c 500x383

(トヨタ新型クラウンクルーガー)

それが「クラウンクルーガー」なる新型車。中国でもクラウンのブランドは実はそこそこ人気。そこでクラウンの名を背負ったSUVモデルを中国国内に投入することが発表されました。そのため中国専売車。これが次期クラウンSUV化の真相と言われてます。

a093aab9f7788b00540a14effc7e6b5f 500x304

(トヨタ新型クラウンクルーガー)

このクラウンクルーガーの中身は「ハイランダー」。ハイランダーはRAV4よりも車格が一回り大きい北米向けSUV。車体サイズは4950×1930×1730mm。ランドクルーザーより少し小さいだけ。プラドよりもかなりゴッツい。現行クラウンと比べてもデカい。

b3fd614f0c151de0d539580c992e396e 500x328

(トヨタ新型クラウンクルーガー)

だからクラウンクルーガーが日本国内に導入されることはないのも納得。一応、クラウンという名前は付いてるものの、両者の直接的な関係性はほぼないと考えて良さそう。

つまり、16代目次期クラウンがSUVにフルモデルチェンジする…という共同通信の報道は間違いだったことが確定してます。誤報というよりも飛ばし記事と表現したほうが適切だと思いますが、中にはトヨタ自動車が意図的にリークして世間の反応を見ようとした説も。

3a145b1c801cd7bd114b1e6eafec1e3c
【2022】トヨタ新型ランドクルーザープラド フルモデルチェンジ最新情報まとめ!ハイブリッド化?発売日や次期デザインは?
【最新情報】トヨタ新型ランドクルーザープラドが2022年にフルモデルチェンジ確定!ハイブリッド化される?ラダーフレーム構造は?発売日,次期デザインなどフルモデルチェンジ最新情報を徹底解説まとめ!

でも次期クラウンSUVはしっかり開発中?

ただ次期クラウンには「派生のSUVモデル」が新たに発売すると言われてます。クルーガーの発売含めて経緯がいろいろ複雑化してますが、ヤリスクロスなどのように「クラウンクロス(仮称)」と呼ばれる派生モデルの開発が実際進んでいるそう。

セダン車をそのままSUVに無理やり変えようとしてもブサイクになるのはほぼ確定的なので、クラウンクロスの中身は完全に別物っぽい。ヤリスクロスも標準ヤリスと別物でしたから、クラウンが「側(がわ)」だけ変えたなんちゃってSUVを発売するとは思えない。

f3e4cb1ff1eefd331e03a6daf0890eb4 500x228

(ベストカー2021年1月10日号 講談社)

例えば、ベストカーなどは以前からクラウンSUVをこんなデザインで予想しております。マガジンXなども腰高の車高が高いデザインを予想しており、標準のクラウンとは全く別車種が仕上がりそうな雰囲気。

一方、次期クラウンは燃料電池自動車(FCV)のトヨタ・MIRAIと統合する説もまことしやかに流れてます。実際、クラウンと同じFR用シャシーを採用してる。MIRAIは2020年末にモデルチェンジしたばかりですが、新型クラウンを環境性能全フリにする可能性も。

その方法であれば新型クラウンも引き続き、FR駆動を採用する可能性が残されている。個人的には微妙な説だと思いますが、ベストカーなどは「セダン車のクラウンがFR、SUVのクラウンがFF」といったキャラ分けを予想してるっぽい。

e2ddccfa4e54c2487c1bcd70ff5a94eb
【2022】トヨタ新型シエンタ フルモデルチェンジ最新情報まとめ!安全装備は大幅に向上?発売日や次期デザインは?
【最新情報】トヨタ新型シエンタが2022年夏にフルモデルチェンジ確定?次期デザインや発売日は?新型シエンタの安全装備がようやく進化?

次のフルモデルチェンジで「FF駆動化」する?

続いては「FF駆動(前輪駆動)化」の最新情報を解説。

現行15代目クラウンはTNGA-Lプラットフォームと呼ばれるFR向けシャシーを使用してる。これはレクサス・LSなどにも使用されてるんですが、クラウンは更に小さめのナロー版が使われてる。でもトヨタは効率化のためナロー版GA-Lを廃止しようと動いてるそう。

そのため16代目にフルモデルチェンジする際には、新型クラウンは「FR駆動ではなくなる」か、はたまた「LS並に車体サイズが拡大するか」の二者択一になるはず。現状としては前者の可能性が高いと見られてる。つまり、それこそがクラウンFF化の実態だった模様。

具体的に見ておくと、次期クラウンはカムリやレクサス・ESと同じ「TNGA-Kプラットフォーム」を採用しそう。カムリ以外にもRAV4やハリアーのシャシーにも使われており、そこに次期クラウンが加わる予定。

7f3ccb775f73f4dc5d41cdee4168ec7f
【2022】日産新型フーガ フルモデルチェンジ最新情報まとめ【発売日,次期デザイン】【販売終了】
【最新情報】日産新型フーガがいよいよ2022年にフルモデルチェンジか!?新型フーガは販売終了しない?発売日,スペック,次期デザイン,安全装備など新型フーガのフルモデルチェンジ最新情報を徹底解説!

16代目新型クラウンは「FR車の衰退」を象徴?

そして今後トヨタはクラウンに限らず、FR用のTNGA-Lプラットフォームを搭載する車種は「レクサスのみ」に限るんだそう。今回のフルモデルチェンジも「レクサスのブランド戦略の一環」と絡めて報じてるのはマガジンXの最新情報。

自動車業界は離合集散が激しいですが、自動車技術の進歩は凄まじい。FF車でもかなりスポーティーな走りが体現できる時代。少なくともサーキット場で走るなら別ですが、もはやFR車でしか体現できない走りなど存在するのか?

だからFR駆動にこだわる時代は終わりつつあります。

事実、BMWに代表されるようにドイツ車も最近はFF車を導入してるのが好例。レクサスですらもどこまでFR駆動にこだわり続けるか疑わしい。電動化の条件は、クラウンもレクサスも同じはず。やはりコスト低減など、FF化によるメリットは多い。

クラウン級の大型車種でも室内スペースが拡大すれば、それだけで快適な居住性が更に高まる。次期クラウンは「FR駆動車の衰退」そのものを象徴しているのかも知れない。

4d4fb2d5f0444cafcd84f3b6cfcf7441
【最新版】有名人 芸能人の「愛車」まとめ一覧!ジャニーズ,お笑い芸人,YouTuber,女優俳優,スポーツ選手の500名以上の有名セレブ愛車名鑑図鑑【高級車データベース】
【愛車図鑑】セレブ有名人・芸能人500名以上の「愛車一覧」を画像付きで徹底解説まとめ最新版!ジャニーズ・お笑い芸人・ユーチューバー・女優俳優・スポーツ選手はどんな愛車を所有してる?【愛車名鑑データベース】

新型クラウンからガソリンエンジンが消える?

ただ格落ち感は否めないのでどうなん?とは見られてます。

やはり500~700万円の高級セダン車を購入できる人は限られてるので、正直この方向性であればレクサス・LSと同じシャシーを採用した方がいいんでは?FF化しただけで100万200万安くなるならいいんですが、「カムリの上位互換」を作ったから何なん?

とはいえプラットフォームを気にしてるドライバーも少ないでしょうが、「販売台数を増やす方向」に向かうのか、はたまた「高級ブランドの価値をより高めていく」のか、次期クラウンはさらなるハッキリした方向性が求められそうです。

事実、16代目新型クラウンでは「ガソリンエンジン車が消える」とも報じられます。既にトヨタは「ガソリンエンジン専用車の販売中止」を公言しており、新型クラウンがその先陣を切って「全モデルがハイブリッド車以上」に進化する予定とか。

例えば、大容量バッテリーを床下に搭載する際にFR駆動に必須の「プロペラシャフト」が邪魔になってくる。新型クラウンが今後も息が長いモデルとして発売する場合、「電動化(BEV・PHEV)」は必須。遅かれ早かれ脱FRは規定事項だった?

acea97606646b1b8078c42716fbfb413
【2023】マツダ新型CX-5 フルモデルチェンジ最新情報まとめ!FR駆動化?直6搭載?CX-60に改名?
【最新情報】マツダ新型CX-5が2023年2月にフルモデルチェンジ確定?FR駆動車に?縦置き3.0L直6エンジン搭載?CX-60にまさかの改名?発売日,次期デザインなど新型CX-5のフルモデルチェンジ最新情報を徹底解説まとめ!

次期クラウンのシャシーは「マツダ製」になる?

最後は「次期クラウンのトンデモ情報」を解説して終わりたいと思います。

どうやらトヨタ新型クラウンのシャシーは「マツダ製」になると報道するのはベストカーの最新情報。

マツダは現在「ラージアーキテクチャ」と「スモールアーキテクチャ」という二種類のプラットフォームを開発してます。

後者は既に車格が小さい新型MAZDA3に採用されており、今後は次期MAZDA2などにも採用されそう。一方、前者のラージアーキテクチャは「FR用プラットフォーム」。そのためマツダ次期CX-5マツダ次期MAZDA6は今後FR化されていく予定。

つまり、トヨタ新型クラウンのシャシーには「マツダのラージアーキテクチャ」を採用すると報じられてました。マツダはMAZDA6を上回るラグジュアリーセダンの開発も進めており、それがトヨタ新型クラウンの兄弟車となる可能性も。

トヨタはスープラ然り、86然り、ライズ然り、他社製の車も多く発売してるので可能性はゼロではないと思いますが、2021年6月時点で「この続報」はほとんど皆無。そのため現状としては聞き流して良さそう。

コメント

  1. 残念なお知らせです!
    トヨタを代表するフラッグシップセダントヨタクラウンが生産終了するみたいですよ!
    トヨタを代表するフラッグシップセダントヨタクラウンが無くなるのは本当に悲しいです

  2. ネットでも結構話題になってましたけど本当なんですかね?

    クラウンが売れなくなったと言っても
    2020年1~9月の累計販売は1万6000台。
    一方同期間のアクアは2万7000台、ランドクルーザープラドが1万4800台。

    カムリに至っては8430台しか売れてないことを考えると、
    決してクラウンが売れてないわけでもないと思うんですよね。
    トヨタのセダン車をレクサスブランドに集約するとしても、
    肝心のレクサスがセダン車のラインナップを減らしてますからね。

    昔より売れなくなったとしてもクラウンの利益率は高いはずなので、
    さすがに生産終了の可能性は低いと思いたいです。

タイトルとURLをコピーしました