【2021】三菱新型i-MiEV フルモデルチェンジ最新情報まとめ【eK-MiEV】

三菱自動車の軽自動車EVが「i-MiEV(アイミーブ)」。

見た目に惚れてガソリン車版の「i」を一時期購入しようかと個人的に考えた時期もありますが、前後でタイヤのサイズが違うなど癖があって迷ってる内にここまで来ました^^;

ただ、三菱・i-MiEVが2009年に発売されて早10年が経過。このまま販売終了すると思っていた人も多そうですが、どうやら次期i-MiEVの開発は進んでおりフルモデルチェンジも予定されているとか。

(三菱現行i-MiEV)

そこで今回カーギークでは三菱自動車新型i-MiEVのフルモデルチェンジ最新情報をまとめてみました。新型i-MiEVは一体どんな進化をとげるのか?発売日はいつ頃になりそうなのか?

car-geek.com

新型i-MiEVの発売日は2021年以降か?

まずは「発売時期・発売日」の最新情報。新型i-MiEVはいつフルモデルチェンジするのか?

結論から書くと、三菱新型i-MiEVの発売日は2020年以降と見られております。既に三菱自動車は2020年以降にEV車種を2モデル投入すると発表してるため、今回の新型i-MiEVもそこに含まれる。

逆に言うと、2019年中のフルモデルチェンジは100%ない。ただし、次期i-MiEVは2019年10月の東京モーターショーに出品される可能性も0ではないか。

一方で、日産自動車は2022年度末までにEV車種を3モデル投入すると公言してる。日産と三菱は協業関係にあって既に「NMKV」という軽自動車向けの企業も設立してますが、おそらく新型i-MiEVの開発も両者で行ってる可能性が高い。

ただ今年eKワゴンやデイズが発売されたばかりなので、来年2020年の早い段階で次期i-MiEVがすぐ発売されるかは微妙。そのため両者の間をとって、新型i-MiEVは2021年頃にフルモデルチェンジするのではないかとカーギークでは予想してみる。

だから新型i-MiEVはあと数年以内に発売されることはほぼ確定的。

car-geek.com

フルモデルチェンジで「eK-MiEV」に改名される?

続いては「改名情報」。

結論から書くと、新型i-MiEVはフルモデルチェンジを機に「eK-MiEV(イーケーミーブ)」に改名されそう。

現行i-MiEVは「i(アイ)」と呼ばれる軽自動車を車両をベースにピュアEV化として開発されてるんですが、現行アイのガソリン車版は既に何年も前に販売終了してる。そもそもアイは10年以上前の軽自動車。

つまり、新型i-MiEVがフルモデルチェンジするにしても、ベース車両は「別の最新軽自動車」にしなければいけない。

だから、新型i-MiEVは先日フルモデルチェンジしたばかりの新型eKワゴン日産デイズ)」がベース車両になる可能性が高い。結果、車名もそこに合わせて「eK-MiEV(イーケーミーブ)」に改名されるという理屈。

もうアイのネームバリューもほぼ皆無でしょうから、「MiEV」の部分だけがフルモデルチェンジ後も踏襲されそう。ただEVを使うと日産自動車と車名が少し被ってしまうため、EV版デイズの車名はさしずめ「e-DAYZ」あたりと予想してみる。

つまり新型i-MiEVは車名だけではなく、デザインもガラッとフルモデルチェンジで変わります。現行i-MiEVは奇抜なデザインでしたが、新型i-MiEV(eK-MiEV)は非常にオーソドックスなデザインに仕上がりそう。

car-geek.com

新型デイズやeKワゴンは「次期i-MiEV」を想定して開発されてた?

前述のように、三菱新型i-MiEVはNMKVの中で日産と共同開発されてる。

むしろ新型デイズやeKワゴンの例を参考にすると、次期i-MiEVの開発も日産自動車が主導しているかも知れない。既に日産自動車はリーフで実績も少なくないですから、新型i-MiEVの電気モーターなどは日産製に?

実際、新型eKワゴンや新型デイズは「軽自動車EV」の発売を前提に車両設計されていたと指摘するのがマガジンXの最新情報。

eKワゴンなどは後席シートにやや座りづらさがあったものの、これは足元空間をフルフラット空間に仕上げるため床下がせり上がっていたから。本来そこには四輪駆動向けのプロペラシャフト用の空間がある。

でも逆に考えると、新型eKワゴンやデイズはこの部分の空間がポッカリと空けたのは、そこに「何か」を収納するためなのではないか。それこそがまさに「EV用バッテリー」。確かに居住性を犠牲にしてまでフルフラットにする理由は薄い。

思わず唸る予想。やはり前述の通り、次期i-MiEVは「新型eKワゴン」がベースになりそうです。

新型i-MiEVのバッテリーの供給元は不明。日産も三菱も供給元は元々バラバラな上、新型eKワゴンは東芝かパナソニックだったはず。ここらへんはフルモデルチェンジが近付くに連れて候補が絞られていくのでしょう。

car-geek.com