【2019年4月】三菱新型eKワゴン フルモデルチェンジでデリカD5顔に?【最新情報まとめ】【eKクロス】

最近はカルロス・ゴーンが逮捕されるなど、何かと世間を賑わせている日産自動車ですが、この日産の事実上の傘下に入っているのが三菱自動車。

正確にはルノー日産アライアンスの傘下だと思いますが、詳細は【最新版】自動車業界関係図一覧などもご参照。

三菱自動車がこの傘下に入る前に、日産自動車と共に設立した合弁会社が「NMKV」。両者で販売する軽自動車を開発製造するこを目的とした企業体。

このNMKVが2013年に最初に販売した軽自動車が「eKワゴン」。ただ既に販売から5年6年ほど経過しており、さすがに古さは否めなくなってきました。

(三菱新型デリカD5)

そこで今回カーギークでは三菱新型eKワゴンのフルモデルチェンジ最新情報をまとめてみました。どうやら新型eKワゴンは、最近ビッグマイチェンを行った新型デリカD5のようなルックスに変身するらしい?

【最新情報】新型eKワゴンの発売時期は2019年4月頃

まず最初の最新情報は新型eKワゴンの「発売日」。

結論から書くと、三菱新型eKワゴンの発売時期は2019年4月頃と予想されております。だから現時点からすると約4ヶ月後ともうすぐ。お正月の初売りセールで軽自動車の購入を考えてる方はもう少し待ってもいいかも。

ちなみに新型eKワゴンの兄弟車である日産・デイズも、同じタイミングでフルモデルチェンジされます。ただ新型デリカD5のように、新型ekワゴンのフルモデルチェンジ情報は2月か3月頃にもっと早めに発表される予定。

新型eKワゴンのSUV風モデル「eKクロス」が発売へ!

そして今回のフルモデルチェンジ情報の目玉。

どうやらフルモデルチェンジ情報に定評があるマガジンXによると、新型eKワゴンにはスズキ・ハスラーのようなSUVモデル「eKクロス」が発売されるとのこと。記事では「eKアクティブ再来」と表現。

最近になってスズキの超ハイト系スライドドア軽のスペーシアからSUV風モデル(スペーシアギア)も発売済み。新型eKワゴンの販売台数を上積みする意味でも発売される可能性は高そう。

このeKクロスのデザインはそのまんま新型デリカD5

もちろんかつてのeKアクティブとは似ても似つかぬデザインですが、ダイナミックデザインをゴリゴリに採用したことで存在感たっぷり。ハスラーがライバルとは言いつつも、新型eKクロスのデザインだけで見ると売れそうな匂いがプンプン。

逆に言うと、新型eKワゴンの外観エクステリアはもっとマイルドなデザインに仕上がるのでしょう。

つまり、日産新型デイズにもSUVモデルの派生車種が発売される可能性が?ただし、eKクロスのようなグレードが新型デイズのフルモデルチェンジでも用意されるかは不明。

ちなみに、既にカーギークでは【最新】日産新型デイズフルモデルチェンジ情報まとめを執筆済み。新型eKワゴンとフルモデルチェンジの内容が基本的に被ってしまうので、続きの最新情報はそちらをご参照ください。

他にもカーギークでは【日産】新型デイズルークス フルモデルチェンジ情報まとめ【スズキ】新型ハスラー フルモデルチェンジ情報まとめ【三菱自】新型デリカD5 最新情報まとめなども執筆済み。