【2020年3月19日】日産新型デイズルークス フルモデルチェンジ最新情報まとめ【三菱新型eKクロススペース】【発売日,価格,スペック,次期デザイン】

日産を代表する軽自動車が「デイズ」。

2019年4月に新型デイズはフルモデルチェンジを果たし、追従クルーズコントロールなど先進装備が満載で大きな話題を生みました。日産自動車はゴーンが逮捕されるなど色々とありましたが、自動車業界の構図は依然として大きく変わってない。

今後も合弁会社のNMKVで三菱自動車と共に「軽自動車」を共同開発する体制は続いていく。当然、気になるのはデイズのスライドドアバージョンの「デイズルークス」の存在。デイズがフルモデルチェンジした以上、次はデイズルークスの出番。

7e4f84b1debefedde8074d06aa93cc88 500x332

(ベストカー9月10日号 講談社)

そこで今回カーギークでは日産新型デイズルークスのフルモデルチェンジ最新情報を徹底的に解説していこうと思います。ちなみに、三菱新型eKスペースのフルモデルチェンジ情報も兼ねてます。次期モデルもルークスと兄弟車として発売されます。

car-geek.com

発売日は2020年3月19日に決定!

まずは「発売日」の最新情報。2014年2月に発売した日産新型デイズルークスはいつフルモデルチェンジするのか?また三菱新型eKスペースも同時に発売されるのか?

結論から書くと、日産新型デイズルークスの発売日は2020年3月19日になります。

そこからちょうど一ヶ月前の2月19日前後に新型ルークスのフルモデルチェンジ情報が正式発表されますが、早くて1月中に予約注文できるはず。既に日産ディーラーにはパンフレット等が配布されているとか。新型ルークスのティザーサイトも1月中にはオープン予定。

既に2019年12月末には現行デイズルークスはオーダーストップしており、年末年始の初売りでは在庫一掃セールが行われておりました。現行デイズルークスは2014年2月に発売されていたため、モデル周期はちょうど6年。

7c13ad3f02230495d6d283a3225c55a3 500x344

(三菱新型eKスペース フルモデルチェンジ最新画像)

一方、デイズルークスと兄弟車の三菱・eKスペースのフルモデルチェンジも同じタイミングで行われます。日産デイズルークスよりもオーダーストップがかかったのは少し遅かったようですが、新型eKスペースのフルモデルチェンジ情報は1月10日開催の東京オートサロンで先駆けて発表済み。

car-geek.com

フルモデルチェンジ後は「ルークス」に改名?

続いては「改名」の最新情報。

結論から書くと、今回のフルモデルチェンジから「ルークス」に改名されそう。改名というと大げさですが、いわゆる「デイズシリーズ」から外される可能性があります。もともとスズキ・パレットのOEM供給を受けていた時代はルークスだったため原点回帰。

あえて名前を独立させることで、「ルークス」というブランド力を高めようという狙いがありそう。他にも末端の日産ディーラーさんも発奮させる狙いがあるのか。デイズでまとめて合算するとそれなりに売れてる印象を与えるので販売現場も緩みそう。

日産ディーラーさんは売る商品がないと嘆きますが、実際、「デイズとデイズルークスを合算してスズキ・スペーシアとようやく同等」という販売台数はさすがに微妙と言わざるを得ないでしょう。消費者にはほとんど関係ないと思いますが、新車販売ランキングでデイズの順位が下がりそう。

一方、三菱は「eKスペース」「eKクロススペース」で発売されることが既に決定。マガジンXなどが当初報じていたように、カスタムモデル系は「eKクロスがベース」というニュアンスが強まった車名に変わる模様。それだけ本家のeKクロスも販売が好調な証か。

car-geek.com

新型ルークスも「マイルドハイブリッド」を搭載!

続いては「中身」の最新情報。新型デイズルークスと新型eKスペースは一体どんなフルモデルチェンジを遂げるのか?

結論から書くと、新型デイズルークスの中身は先に2019年4月にフルモデルチェンジした「新型デイズ」とほぼ同じになります。

例えば、新型デイズルークスも新型プラットフォームに刷新されるだけでなく、CVTやパワートレインも刷新。エンジンは海外で投入済みの1.0Lエンジンをベースにした最新型のエンジンに次期ルークス(次期eKスペース)も換装されます。

そのため新型ルークスの大きな目玉は「マイルドハイブリッド」。新型デイズと同様にMHV化は既定路線と考えていいでしょう。ただし、先にフルモデルチェンジした新型デイズ(新型eKワゴン)の実燃費を考えると大幅な燃費向上は期待薄。

それでも現行ルークスと比べると車体は軽量化され、新型デイズルークスの走りは随分と進化してるはず。三菱新型eKスペースも以下同文。いずれ新型デイズルークスでもN-BOX vs タントのような比較記事を作りたいと思います。

car-geek.com

フルモデルチェンジ後の「室内や荷室空間」は更に広く進化!

続いては「室内区間や荷室空間の広さ」をチェック。

さっそく結論から書くと、新型ルークスはやはりプラットフォームを刷新したこともあって、室内空間や荷室スペースはかなり広く進化してる様子。新型デイズも割と広く進化してましたが、新型ルークスはこの比ではない模様。

48a58a21d65fec90f394bde6d5154ade 500x378

(日産新型ルークス 開口部の広さ)

例えば、スライドドアの「開口部の広さ」を確認すると、現行デイズルークスと比べると「+95~148mm」と拡大。さすがにタントほどではないにしても、小さいお子さんを抱いたまま乗り込むことも楽にできそうです。

地味に注目したいのが「グリップ部分」。ルーミー・タンクとソリオの比較記事でも触れましたが、乗り降りする時にやはりグリップは地味に便利。新型ルークスの巨大グリップと比べると、N-BOXやスペーシアがいかに小さいかが分かります。

bb381eef5df01d2cb3c38994c000e365 500x372

(日産新型ルークス 室内の広さ)

また新型ルークスのシートスライド量は軽自動車トップなんだそう。N-BOXを上回る。そのため、後席のニースペースもN-BOXを上回るほど広い。当然、荷室の広いため、ルークスはライバル車よりスーツケースの数も多く積載できるそう。

15142d0e4ebdec24a13be0d6c191ddd2 500x374

(日産新型ルークス 前方視界性)

他にも新型ルークスの前方視界性はかなり広そう。スズキ・スペーシアも視界性が相当良好でしたが、新型ルークスはそれを上回りそう。とにかくダッシュボードの位置を低く設計してることが奏功か。ノアやセレナといったほぼMクラスミニバン車並。

car-geek.com

新型ルークスの「自動運転技術」がヤバそう

続いては「予防安全機能」に関する最新情報。

結論から書くと、新型ルークスの予防安全機能は相当ヤバいものになりそう。

例えば、新型ルークス(新型eKスペース)には「アダプティブLEDヘッドライト」が設定されることで、歩行者や対象者など「部分的」にライトを消灯することが可能。既に新型タントにも採用されてますが、LEDライトの数が多いのか制御はより緻密に進化。

また新型ルークスにも「プロパイロット2.0」が予想通り設定されます。三菱の新型eKスペース・eKクロススペースは「MI-PILOT(マイパイロット)」。

「全車速域追従クルーズコントロール(ACC)」や「車線逸脱防止支援システム」を搭載した最新の自動運転機能。しかも、これは2019年夏のマイナーチェンジ版新型セレナとほぼ同水準の自動運転技術のため、デイズやリーフよりも性能に優れる。

他にも新型ルークスには「ニーエアバッグ」が標準装備される予定。軽自動車では初か。あくまで運転席のみですが、それでも膝周りにもエアバッグが機能することで衝突安全性がアップ。デイズに続いて、新型ルークスでもSOSコールも設定されます。

ちなみに、最上級グレードの「ハイウェイスター」のターボモデルのみに限られそう。だから、この恩恵に預かれる人は限られそう。新型タントもそうでしたが割高な車両価格を考えると…といった配慮か。

それでも新型デイズを参考にすると、購入者全体の2割前後がプロパイロット2.0を装備したグレードを購入済み。ルークスはファミリー層が購入してるでしょうから、デイズよりもプロパイロットを選ぶ人の割合は増えそう。

car-geek.com

新型デイズルークスの「次期デザイン」はどうなる?

続いては「次期デザイン」の最新情報。既に新型eKスペースのデザインは「三菱新型eKクロス顔になる」という大方の予想通りになりそうですが、新型デイズルークスは一体どんなフロントマスクにフルモデルチェンジするのか?

7e4f84b1debefedde8074d06aa93cc88 500x332

(ベストカー9月10日号 講談社)

例えば、ベストカーは次期デイズルークス(ハイウェイスター)を画像のようなデザインを予想している模様。フルモデルチェンジ後はセレナのような二段式ヘッドライトを採用し、日産独自のVモーショングリルを採用するとの見立て。

実際、「プチセレナ」と表現するのはマガジンXの最新情報。

7c82aae7aafb0c8a3adaa257a5a13cd2

(日産現行デイズルークス)

現行ルークスハイウェイスターのフロントマスクを改めて再確認すると、本当に中途半端なVモーショングリルを採用してることが分かります。

だから新型ルークスハイウェイスターのフロントマスクは、もっと日産カラーを強めるためにも「勇ましいV字」に変わると予想する自動車メディアが多い。三菱eKスペースと違って、日産ルークスはデイズの基本デザインはほぼ踏襲しないはず。

ce216145e2b34b1ccfabb44a164b9138 500x356

(日産新型IMk 最新画像)

ちなみに、新型デイズは「次期i-MiEVの後継EV」のベース車両にも使われると言われております。既に日産自動車は東京モーターショー2019に「新型軽自動車EV」を出品済み。三菱新型eKクロススペースとの差別化を図る目的でもここまでスタイリッシュに仕上がる可能性も。

car-geek.com

新型ルークスの価格は200万円に迫る?

続いては「価格や値段」の最新情報。

結論から書くと、現時点では新型ルークスと新型eKスペースの価格帯は不明。

ただし、既に2019年春にフルモデルチェンジ済みの新型デイズの価格帯を見ると、ノーマルグレードが130~135万円、ハイウェイスターが150~168万円。一方、現行デイズルークスの価格帯がノーマルグレードが130~142万円、ハイウェイスターが162~175万円。

これらの価格帯も参考すると、新型ルークスの価格帯はノーマルグレードが140~155万円。新型ハイウェイスターが165~185万円程度と予想してみる。さすがに200万円は超えるとは思いませんが、とりわけプロパイロット搭載モデルはおそらく180万円前後はしそう。

コメント

  1. F.N より:

    プロパイロット2.0ではなくプロパイロットでは?

タイトルとURLをコピーしました