【2018】NBOX vs タント 徹底比較まとめ【違い・長所・短所・口コミetc】

スポンサーリンク

2017年9月頃にフルモデルチェンジした人気軽自動車といえば、ホンダ新型N-BOX(エヌボックス)。

軽自動車初のVTECエンジンを採用したり、室内の使い勝手を更に高めるだけではなく、これまで弱点としていた車両の重さも克服。結果、エヌボックスはモデルチェンジ前より大ヒット。

ただかつて人気絶頂を誇った軽自動車といえば、ダイハツ・タント。ピラーレスのスライドドアを軽自動車として初めて採用し、子育て世代を筆頭に爆発的ヒット。しかし現在はN-BOXの影に隠れている感あり。

(上:ホンダ・N-BOX 下:ダイハツ・タント)

そこで今回はホンダ新型N-BOXとダイハツ・タントを徹底的に比較したいと思います。タントは2018年にフルモデルチェンジを予定してるためやや不利な条件ではあるものの、もし購入を考えてる方は参考にして下さい。

NBOXとタントの見た目の違いを比べてみる

まずエヌボックスとタントの内外装を比較したいと思います。最初は見た目・エクステリア。N-BOXとタントはどう違うのか?

(上:ホンダ・N-BOX 下:ダイハツ・タント)

まずはノーマルグレード同士の比較。上がN-BOX、下がタントになります。

さすがにノーマルだけあって両者に大きな違いはないと思いますが、N-BOXの方がまとまり感あるデザイン。先代N-BOXに引き続き、まだタントよりも性別や年齢問わず万人受けしそうな雰囲気。

車体サイズは軽自動車だけあってほぼ同じですが、全高はN-BOXが1790mmに対して、タントが1750mm。そのためN-BOXの車高は40mmほど高い。そのため室内空間(室内高)もタントを上回ります。

(上:N-BOXカスタム 下:タントカスタム)

続いてはカスタムグレード(エアロパーツ仕様)同士の比較。上がN-BOXカスタム、下がタントカスタム

エヌボックスカスタムは意外と大人しめな見た目になったこともあって、相対的にタントカスタムの方がよりイカついデザインに仕上がっております。どっちがおすすめかは好みによりますが、タントカスタムの方がゴリゴリ感は強め。

ただ車体サイズはほぼ同じなのに、N-BOXカスタムがスリムに見えます。タントカスタムはややボッテリ。そのせいか新型エヌボックスはノーマルよりカスタムグレードの方が売れてるらしい。例えばホイールデザインを見ると、タントよりカッコイイかも。

続いては内装インパネ、室内の広さや使い勝手を比較。