【2018】スペーシア vs タント 徹底比較まとめ【違い・長所・短所・口コミetc】

2017年12月末。まさに年の暮れもいいタイミングで、スズキ新型スペーシアが初めてフルモデルチェンジを行いました。これまでカタログ燃費追求一辺倒で飽き飽きしてた中、割と新型スペーシアは面白い進化を遂げてきました。

そこで今回は王者・N-BOXの影に隠れがちなスズキ新型スペーシアとダイハツ・タントの両者を徹底的に比較してみたいと思います。

逆にタントは2018年にフルモデルチェンジすると噂されてるため、まさにモデル末期。だから新型スペーシアと比べる上では若干不利な状況ではあるものの、そこらへんはご容赦下さい。いずれタントがフルモデルチェンジすれば比較し直します。

スペーシアとタントの見た目の違いを比較

まずはスペーシアとタントの内外装を比べたいと思います。

(上:スペーシア、下:タント)

ノーマルグレード同士の比較画像がコチラ。

さすがにノーマルだけあって、どっちもどっち。どちらかハッキリとおすすめできるような優れたデザインでもないですが、最近発売しただけあってスペーシアの方がまとまり感はある。タントよりもメッキ感も強いため、新型スペーシアのデザインの方が質感は高そう。

またスペーシアのサイドを見ると、細かくプレスラインが施されてる。ふんわりした凹みがあることで、ボックス感は強いもののタントよりもむしろ柔和さも兼ね備えたデザイン。ピラーも全てブラックアウト化されておらず、スペーシアはタントよりも「ありきたり感」が薄い

ちなみに車体サイズはスペーシアが3395×1475×1785mm(全長×全幅×全高)に対して、タントが3395×1475×1750mm(全長×全幅×全高)。これまでスペーシアは車体の小ささが目立ってましたが、タントをついに追い抜く。

ちなみにスペーシアはN-BOXの全高と比較してもほぼ同じ。

だからトータルで比較すると、新型スペーシアに軍配を上げたいと思います。

○カスタム系グレードも新型スペーシアがおすすめ!

(上:スペーシアカスタム、下:タントカスタム)

続いてはカスタム系グレードの比較画像がコチラ。上がスペーシアカスタム、下がタントカスタムになります。

シンプルにカッコイイのはやはり新型スペーシアカスタム。タントカスタムも三菱自動車のダイナミックシールド風で悪くはないものの、スペーシアの方がデザインが洗練されてる。ヘッドライトも切れ長のためより清潭。

スペーシアカスタムはメッキの使い方も上手。フロントグリルも細い横長のルーバーが質感の高さを演出しております。カスタムグレード系の最終形態的な完成度の高さを誇ります。またタントと違って3トーンカラーなど用意されるなど、スペーシアはカラーバリエーションも豊富。

ただ窓ガラスはスペーシアの方が全体的に小さいため、見晴らしの良さで比較するとタントに軍配が上がりそう。

スペーシアとタントの内装インパネを比較してみる

続いては内装インパネ周りを比べたいと思います。スペーシアとタントはどっちが質感が高いのか?

(上:スペーシア内装、下:タント内装)

ノーマルグレード同士の内装インパネの比較写真がコチラ。上がスズキ・スペーシア、下がダイハツ・タントになります。

どっちがどっちと甲乙を付けるのは難しいですが、強いて言えば最近発売されたばかりのスペーシアの方が質感は高そう。タントはやや庶民じみてて古くさい。ただ基本的に価格帯はどっちもほぼ同じぐらいですから、質感でそこまで大きな差は出ないでしょう。

ちなみに具体的な価格帯は自動ブレーキ搭載モデル同士だと、スペーシアが133万~190万円に対して、タントは128万~187万円になります。廉価グレードを購入する人は少ないと思いますが、スペーシアとタントの価格差は4万5万円程度になります。

また収納力に関しても、スペーシアもタントも良い勝負。スペーシアだと助手席前の空間が広々。一方、タントはセンターメーター式を採用してるため、運転席前のアッパーボックスが便利。

他にも様々な収納ボックスなどが用意されており、両者の大きな違いとしてはスペーシアには助手席シート下の大きな収納ボックスがあり、タントにはセンターアームレストの収納ボックスなどになります。

内装を比べたので、続いては室内空間の広さや使い勝手、乗降性などを比較したいと思います。先代スペーシアはタントなどに後塵を拝していたものの、果たして新型で巻き返しは図れたのか?

室内や荷室の広さや乗降性を比較してみる

次は室内の広さや乗降性の良し悪しを比較してみたいと思いますが、結論から書くとスペーシアもタントも良い勝負。

例えば乗降性の高さ。タントはピラーレスが採用されているため、助手席側の乗降性はスペーシアを上回る。ただ最低地上高もタントが145mmに対して、スペーシアが150mmとほぼ変わらないため、それ以外に関してはどっこいどっこいでしょう。

続いて室内や荷室の広さも同様に、実はスペーシアが進化してタントと肉薄。例えば室内高はスペーシアが1410mmに対して、タントは1365mmと割と大差で勝っております。だから実質的な乗降性の高さは変わらないのかも。室内が高いことに越したことはないから。

後席シートスライド量もスペーシアは先代比で+50mmの210mmに対して、タントは240mm。相変わらずタントが優位性を誇っているものの、だいぶ差が縮まりました。わずかではあるものの後席シートをスライドさせれば、荷室の広さはタントに軍配。

ただ荷室フロア高はスペーシアが510mmに対して、タントは595mm。荷室床がタントより低く設定されているため、スペーシアの方が重い荷物を積み込む場合でもそれだけ力を必要としない。荷物の積載性ではスペーシアに軍配。

一方、タントは助手席シートをダッシュボード付近までスライドさせることが可能。そこはスペーシアにはない魅力。ピラーレスと組み合わせることで最強の便利性。

(上:スペーシア内装、下:タント内装)

ただ内装インパネの比較画像を再度見ておくと、タントはシフトレバー付近の出っ張りが気になる。その分だけタントはスペーシアより足元空間はやや狭くなってる気がします。まさに室内空間の広さや使い勝手に関しては、スペーシアもタントも良い勝負。

昔はとにかく「タントがすごかったイメージ」がありましたが、タントはかつてほどの優位性(室内の広さや実用性の高さetc)はもはやないかも知れない。

スペーシアとタントをコストパフォーマンスで比較

続いてはコストパフォーマンスの良さを比較したいと思います。スペーシアとタントはどっちがお得な装備満載なのか?

結論から書くと、スペーシアの方がタントよりもお買い得だと思います。先程も書いたように、価格帯はスペーシアが133万~190万円に対して、タントは128万~187万円。若干スペーシアが割高。

ただスペーシアの場合、「パワースライドドアの予約ロック機能」がエントリーグレードを除いて標準装備されてる。この機能は電子キーを遠隔から使うことで、スライドドアの開閉を自動で操作できる便利な代物。一方、タントは全グレードでオプション装備。


またスペーシアには天井にサーキュレーターが付いてる。

他の軽自動車では日産・デイズルークスぐらいですが、スペーシアは細かく風向きも変えられるのが魅力。特に人をリアに載せて移動する機械も多いはずだから、エアコン機能を高める上で便利。

ちなみにエアコン関連ではスペーシアもタントも足元から暖かい空気が出てくるリヤヒーターダクトは標準装備されております。LEDヘッドライト関連も装備差はどっちも大差なく、カスタム系は標準装備。

シートヒーターはどっちもほぼ標準装備されてるものの、スペーシアの方が温め範囲は広いかも。ただタントもスペーシアも温かさの調整が一段階しか設定できないため、どっちもやや不便さは残るため改善希望。

○予防安全性能の比較でも新型スペーシアがおすすめ

また安全面に関しても、スペーシアがやや有利。例えばスペーシアはサイドエアバッグが標準装備されてる。一方、タントはカーテンエアバッグとセットのオプション装備(+10万円)として、上級グレードのみに設定されてるだけ。

スペーシアもカーテンエアバッグはカスタム系ターボに標準装備されてるだけではあるものの、タントの自動ブレーキ(スマアシ3)も性能的にはスペーシアと比べるとやや微妙。タントはスペーシア・エヌボの中では安全性は見劣りします。

また「全方位360度ナビ」などはどっちもセットオプションですが、スペーシアの場合はそこに「ヘッドアップディスプレイ」が付いてくる。あくまでタントのナビはナビのみ。天井吊り下げ式の後席モニターは便利ですが、更に追加料金が必要らしい。

とりあえずスペーシアは価格差以上の装備がタントよりも充実してるのではないかと評価してみる。

スペーシアとタントを「走り」で比較してみる

続いては走りの比較。スペーシアもタントもブイブイいわす軽自動車ではないものの、やはり乗ってて気持ち良いクルマに越したことはありません。

結論から書くと、走りはスペーシアに軍配が上がると思います。

まずエンジンスペックを比較すると、タントは52PS/6.1kgmに対して、スペーシアは52PS/6.1kgm。そこに3.1PS/5.1kgmの電気モーターが加わるものの、あくまでアシスト機能レベル。そのためスペーシアもタントもエンジンは同スペックと思って構いません。

ただ車重はタントが930kgに対して、スペーシアは870kg。成人女性一人分ぐらいタントが重い。決められたエンジンスペックの中、軽自動車同士の50kgの差は大きい。だからスペーシアの方が結果的に軽快に走行できると思います。

またターボ車のエンジンはどっちも最高出力が64PSではあるものの、最大トルクがスペーシア10.0kg・mに対して、タントは9.4kg・mとややトルクダウンして負けてる。車重差も相まって、スペーシアカスタムも同様に加速性能では軍配が上がると評価します。

それに加えて、スペーシアはフルモデルチェンジで高剛性の新型プラットフォームに一新されたことで、操縦安定性でもタントを上回る。スペーシアはリアサスもトーションビーム式に進化し、リアスタビライザーも装着。特に背高モデルだけあって、曲道などロール感はタントの方が気になる。

先代スペーシアと現行タントは走りでほぼ互角レベルとする評価が多かったことを考えたら、タントがスペーシアに勝ってる部分は少なそう。既にタントやエヌボにあった「パワーモード」も設定されるなど、新型スペーシアは欠点らしい欠点も改善されてるのも大きい。

やはり冒頭でも触れたように、2017年12月現在、タントはモデル末期もいいところ。2018年のフルモデルチェンジでタントは「DNGA」と呼ばれる新型プラットフォームを採用する予定。そこでようやくタントはスペーシアとまともに勝負できるのかな…というレベルかな。

新型スペーシアとタントはどっちが低燃費?

乗り心地に関しても、ダイハツはシート座面が小さいなどリアの居住性や乗り心地が良くない。タントもご多分に漏れず。軽量ボディーとマイルドハイブリッドも相まって、実燃費面でもスペーシアの方が有利に働くはず。

結論から書くと、新型スペーシアの方が実燃費では有利だと思います。車重の軽さとモーターアシストで街中燃費は20km/L前後を大体確保。スペーシアを試乗した方によると、実際走行距離60キロ程度でリッター26km/Lを超えたという報告もあります。

新型スペーシアはカタログ燃費は下がってるものの、実用燃費はむしろ上がってるぐらい。タントは特に飛び道具などもなく、またN-BOXのようにエンジンがパワフルでもない。そうするとタントは高速燃費でも新型スペーシアに負けそう。

新型スペーシアの更に詳しい情報についてはスズキ新型スペーシア 試乗レビューもあとで読んでみてください。

新型スペーシアとタント おすすめ比較【違いまとめ】

以上、スズキ新型スペーシアとダイハツ・タントの比較記事でした。

一言で評価をまとめるなら、スペーシアが断然有利でおすすめ。「パワースライドドアの予約ロック機能」など先進機能が惜しげもなくほぼ標準装備されるなど、スペーシアは純粋に商品としての魅力がアップ。

走りや内外装もユーザー目線でしっかり強化されており、新型スペーシアは様々な面で安っぽさがかなり少なくなりました。特にスペーシアは「広さ」や「大きさ」の点でタントを筆頭にライバル車種の後塵を拝してたものの、今回のフルモデルチェンジでまさに払拭。

だから個人的に超ハイト軽自動車を欲しいと思ったことは少ないんですが、正直スペーシアとN-BOXなら素直に買ってもいいのかなと思っています。一方、タントは全体的にあらゆる面で古さが気になる。現段階だと新型スペーシアより優れてる部分は「ピラーレス」という飛び道具以外には少なそう。

タントの購入を考えてるなら新型モデルを待ちたいのが本音。ちなみに「N-BOX vs スペーシア」「N-BOX vs タント」「N-BOX vs フィット」といった比較記事も執筆済みなので、興味がある方はお暇な時にでもどうぞ。