【2018】スペーシア vs タント 徹底比較まとめ【違い・長所・短所・口コミetc】

スポンサーリンク

2017年12月末。まさに年の暮れもいいタイミングで、スズキ新型スペーシアが初めてフルモデルチェンジを行いました。これまでカタログ燃費追求一辺倒で飽き飽きしてた中、割と様々な面白い進化を遂げていました。

そこで今回は王者・N-BOXの影に隠れがちなスズキ新型スペーシアとダイハツ・タントの両者を徹底的に比較したいと思います。

逆にタントは2018年にフルモデルチェンジすると噂されてるため、まさにモデル末期。だから比べる上では若干不利な状況ではあるものの、また大きくテコ入れされた後に今回の比較記事を再編集したいと思うのでご容赦下さい。

スペーシアとタントの見た目の違いを比較

まずはスペーシアとタントの内外装を比べたいと思います。

(上:スペーシア、下:タント)

ノーマルグレード同士の比較画像がコチラ。

さすがにノーマルだけあって、どっちもどっち。どちらかハッキリとおすすめできるような優れたデザインでもないですが、最近発売しただけあってスペーシアの方がまとまり感はある。タントよりもメッキ感も強いため質感は高いか。

またスペーシアのサイドを見ると、細かくプレスラインが施されてる。ふんわりした凹みがあることで、ボックス感は強いもののタントよりもむしろ柔和さも兼ね備えたデザイン。ピラーも全てブラックアウト化されておらず、スペーシアはタントよりも「ありきたり感」が薄い

ちなみに車体サイズはスペーシアが3395×1475×1785mm(全長×全幅×全高)に対して、タントが3395×1475×1750mm(全長×全幅×全高)。これまでスペーシアは車体の小ささが目立ってましたが、タントをついに追い抜く。スペーシアはN-BOXと比べてもほぼ同じ。

(上:スペーシアカスタム、下:タントカスタム)

続いてはカスタム系グレードの比較画像がコチラ。上がスペーシアカスタム、下がタントカスタムになります。

シンプルにカッコイイのはやはり新型スペーシアカスタム。タントカスタムも三菱自動車のダイナミックシールド風で悪くはないものの、スペーシアの方がデザインが洗練されてる。ヘッドライトも切れ長のためより清潭。

スペーシアカスタムはメッキの使い方も上手。フロントグリルも細い横長のルーバーが質感の高さを演出しております。カスタムグレード系の最終形態的な完成度の高さを誇ります。またタントと違って3トーンカラーなど用意されるなど、スペーシアはカラーバリエーションも豊富。

ただ窓ガラスはスペーシアの方が全体的に小さいため、見晴らしの良さではタントに軍配が上がりそう。

スペーシアとタントの内装インパネを比較してみる

続いては内装インパネ周りを比べたいと思います。スペーシアとタントはどっちが質感が高いのか?

(上:スペーシア内装、下:タント内装)

ノーマルグレード同士の内装インパネの比較写真がコチラ。上がスズキ・スペーシア、下がダイハツ・タントになります。

どっちがどっちと甲乙を付けるのは難しいですが、強いて言えば最近発売されたばかりのスペーシアの方が質感は高そう。タントはやや庶民じみてて古くさい。ただ基本的に価格帯はどっちもほぼ同じぐらいですから、質感でそこまで大きな差は出ないでしょう。

ちなみに具体的な価格帯は自動ブレーキ搭載モデル同士だと、スペーシアが133万~190万円に対して、タントは128万~187万円になります。廉価グレードを購入する人は少ないと思いますが、スペーシアとタントの価格差は4万5万円程度になります。

また収納力に関しても、スペーシアもタントも良い勝負。スペーシアだと助手席前の空間が広々。一方、タントはセンターメーター式を採用してるため、運転席前のアッパーボックスが便利。

他にも様々な収納ボックスなどが用意されており、両者の大きな違いとしてはスペーシアには助手席シート下の大きな収納ボックスがあり、タントにはセンターアームレストの収納ボックスなどになります。

内装を比べたので、続いては室内空間の広さや使い勝手、乗降性などを比較したいと思います。先代スペーシアはタントなどに後塵を拝していたものの、果たして新型で巻き返しは図れたのか?