【2017】スズキ新型スペーシア フルモデルチェンジ最新情報まとめ

スポンサーリンク

スズキの人気スライドドア軽自動車といえば「スペーシア」。当初はパレットという名前で発売されていたものの、2013年に一新されてスペーシアとして発売されました。このスズキ・スペーシアがつい先日初めてのフルモデルチェンジが行われました。

そこでスズキ新型スペーシアのフルモデルチェンジ最新情報を改めてまとめてみました。

スズキ新型スペーシアの発売日は2017年12月14日

まずはスズキ新型スペーシアの発売日。

一体いつフルモデルチェンジが行われたのかというと、新型スペーシアの発売日は2017年12月14日。先代スペーシアは2013年3月に発売されたため、およそ4年9ヶ月後にフルモデルチェンジされた計算。

スペーシアのライバル車種のホンダ・N-BOXが2011年に初登場してたこともあってか、スペーシアにまだ新しいイメージを個人的に持ってた。そのためフルモデルチェンジするのが早い気はしたんですが、意外と古さも目立っていた模様。

フルモデルチェンジでスペーシアの見た目は大胆変化!

続いてはフルモデルチェンジ後の見た目の変化。新型スペーシアと先代スペーシアの見た目の違いは何かあるのか?

(左:新型スペーシア 右:先代スペーシア)

結論から書くと、今回のフルモデルチェンジで新型スペーシアはかなり「箱型感」が増しています。

画像はどちらもノーマルスペーシアですが、例えば新型スペーシアのフロントノーズ(ボンネット部分)は本当に直方体。スペーシアの名前通り、室内スペースを徹底的に活かしたデザインに仕上がっている模様。良い意味でスペーシアのライバル車種に近付いた印象。

あと特徴的な見た目の変化としては、Aピラーが先代スペーシアではブラックアウト化されていたものの、フルモデルチェンジ後の新型スペーシアからはAピラーがブラックアウト化されなくなった点。

いわゆる屋根が浮いてるように見える「フローティングルーフ」というデザインの演出をフルモデルチェンジ後は止めた模様。そこら辺の好みは好き好きだと思いますが、敢えて個性に走ったことを良しとしたい。おそらく飽きにくいデザインに仕上がっているはず。

特に横のサイドから新型スペーシアを確認すると、フルモデルチェンジ後はより立体的に変貌したことが伺えます。サイドドアなどを筆頭にプレスラインが彫り込まれるなど、スペーシアは軽自動車のくせにお金がかかったデザインをしてる。ノーマルスペーシアの雰囲気は全体的に、先んじてフルモデルチェンジされたワゴンRに似通っている印象を受けます。

あと新型スペーシアは今回のフルモデルチェンジでスライドドアの開口幅と開口高が先代比で+20mm拡大されてるのもポイント。スペーシアは他のライバル軽自動車と比べて、若干スライドドアの乗降性が劣った。それが例え2cmではあっても改善は嬉しい。

でも確かスペーシアはソリオと共通のスライドドアを使用してる。それを考えると新型スペーシアはもっとソリオベースに近付けても良かったと思います。共通の部品を使えば様々な制約に縛られるものの、どうせ縛られるのであればスペーシアよりソリオでしょう。まさに大は小を兼ねる。

続いてはスズキ新型スペーシアカスタムのフルモデルチェンジ情報をチェックしたいと思います。