【2022年1月13日】トヨタ新型ノア・ヴォクシー フルモデルチェンジ最新情報まとめ!エスクァイアは販売終了?発売日や次期デザインは?価格値段は?

トヨタの人気ミニバン車が「ノア」と「ヴォクシー」。

2014年1月のフルモデルチェンジで初めてハイブリッド化されて話題になりました。2017年にノア・ヴォクシーはマイナーチェンジを施すなど、いくらミニバンの王者と言ってもフロントマスクを大胆に一新するなどテコ入れにも余念がありません。

c5a0aab00a831a8ba7176e82c8bde1ed 500x301

(ベストカー 講談社)

そこで今回カーギークではトヨタ新型ノア・ヴォクシーのフルモデルチェンジ最新情報をまとめてみました。2014年に発売された現行ノアヴォクシーはいつフルモデルチェンジするのか?

発売日は2022年1月13日?

発売日の最新情報を解説。

トヨタ新型ノア・ヴォクシーは「2022年1月13日」に発表されます。現行ノア・ヴォクシーは2014年1月に発売されているのでモデル周期はちょうど8年程度。

ただし、次期ノア・ヴォクシーの生産はガソリンモデルが同年1月6日、ハイブリッドモデルが同年1月27日から開始されるそうなので、トヨタ新型ノア・ヴォクシーの実際の発売日は【2022年2月以降】に遅れる可能性が高そうです。

やはり半導体を筆頭に自動車部品の供給の目処が立ってないことが、新型ノア・ヴォクシーのフルモデルチェンジにも影を落としている模様。さすがに発売日はこれ以上遅れないと思いますが、実際の納期はもっと遅い可能性はありそう。

一方、兄弟車のエスクァイアは2021年12月に販売終了します。エスクァイアの販売台数は2021年上期でわずか7000台。あくまでノアヴォクシーの上級モデル的な位置づけだったとは言え、この数字では致し方なし。

e45ece663955cbcede2fe185ef648ce5
【2021】新型車フルモデルチェンジ一覧まとめ!2022年発売予定のSUVは?メーカー別最新版スケジュール!【トヨタ ホンダ 日産 スズキ マツダ スバル ダイハツ】
【最新版】2022年以降に発売される新型車は?2023年にフルモデルチェンジ,マイナーチェンジするSUV車は?新車最新スケジュールを一挙おさらい!トヨタ,ホンダ,日産,スズキ,マツダ,スバル,ダイハツの全メーカー別まとめ!

新型ノアヴォクシーの次期デザインはどうなる?

続いては「次期デザイン」の最新情報。トヨタ車はダサいと言われがちですが、新型ノア・ヴォクシーのデザインはどうなるのか?

○新型ノアの次期デザインまとめ

d92ecbadc3156fa10d481ed8238a2c83 500x313

(ベストカー 講談社)

トヨタ新型ノアの確定デザインがこちら。

新型ノアのフロントグリルには3本の大きめのメッキバーが水平に配されます。一番上のメッキバーはヘッドライト下端まで伸びるのはフルモデルチェンジ後も同じ。左右のフォグランプには縦長のデザインが変わらず踏襲される模様。

ただメッキの面積が拡大して、グリル全体の一体感が高まっている模様。左右のヘッドライトを繋げるガーニッシュ部分は、トヨタ・ハリアーのような高級感ある素材が用いられそう。三角窓なども拡幅されるなど、キャラクターラインは変わってる。

そのため新型ノアのデザインは無難に質感が高まっている模様。

ちなみに、ノアには「エアロ仕様」も設定されます。新型ノアも基本的に法人需要に対応していくんですが、一般向けにはエアロ仕様を売り出していく模様。逆に、新型ヴォクシーは【エアロ仕様のみ】になります。これでノアも販売台数逆転?

○新型ヴォクシーの次期デザインまとめ

c5a0aab00a831a8ba7176e82c8bde1ed 500x301

(ベストカー 講談社)

トヨタ新型ヴォクシーの確定デザインがこちら。

上下分割式のヘッドライトを採用するなど、新型ヴォクシーもやはりキープコンセプト。ただフルモデルチェンジ後の顔付きはかなり迫力が増している印象です。

フロントグリル部分には細長いメッキルーバーは5本繋げるなど、新型ランドクルーザー300系レクサス新型LXのようにサイド感や拡がり感を演出。ダクト周辺にはメッキガーニッシュで囲むなど、質感を無難に高めてきている。

先代ヴォクシーよりもまとまり感があるデザインに進化しています。

また面白い機能として「世界初の格納式ステップ」が標準装備。スライドドアを引く際に自動的にせり出すものとかではないそう。他にも電動ハッチゲートでは任意の位置でストップできる機能も備わります。スイッチはリアクォーターウィンドウ付近のボディ外部に設置されるとか。

○リア周りのデザインはやはり横一文字風に?

590b04aff7b843a545ccc9323bb96edc 500x314

一方、次期ノア・ヴォクシーのリア周りの予想デザインがこちら。リアコンビネーションランプは縦長デザインから【L字型】に変更されて、ハッチゲートの内部まで伸びる模様。そして、メッキガーニッシュで左右両端のコンビランプを繋げたようなデザインに進化する予定。

リアコンビランプをピラーに組み込まないことで、フルモデルチェンジ後はハッチゲートの開口部面積が広がる模様。最近の軽自動車でもリアコンビランプをバンパー下部に配置することで、ハッチゲートの開口部を広げてたりします。

だからトヨタのミニバン車も今後は最近流行りの横一文字型風のリアデザインを採用していく模様。

トヨタ新型ノア・ヴォクシーの車体カラーは全8色。それぞれ専用色は次期ノアが「スティールブロンドメタリック」、次期ヴォクシーが「マッシブグレー」になるそう。相変わらずツートンカラーはなし?

868df25e0b214a7131935da6ba4f370a
【2022】トヨタ新型アルファード フルモデルチェンジ最新情報まとめ!ヴェルファイアの販売終了は確定?発売日や次期デザインは?
【最新情報】トヨタ新型アルファードが2022年にもフルモデルチェンジへ!ヴェルファイアは販売終了か?搭載エンジンは?発売日,価格,次期デザインなどフルモデルチェンジ最新情報を徹底解説まとめ!

シャシーはミニバン専用TNGAプラットフォームに?

続いては「プラットフォーム」の最新情報。

トヨタ新型ノア・ヴォクシーのシャシーはTNGA設計のもとで開発された「ミニバン専用のプラットフォーム」が新たに採用されるとのこと。当初はGA-Cプラットフォームをベースに開発した変則的なシャシーと言われていましたが、結局ミニバン専用シャシーを開発していた模様。

これはトヨタ次期アルファードなどにも流用されるとか。

トヨタ新型ノア・ヴォクシーの車体サイズはどっちも4695×1730×1895mm(全長×全幅×全高)になります。全高が70mmほど高くなって、室内高も多少アップ。ホイールベースは2850mmとフルモデルチェンジ前と変わらず。最小回転半径も5.5メートルと同じです。

だから、ノアもヴォクシーも車体サイズは同じになります。現行モデルではヴォクシーのみが3ナンバーサイズでしたが、フルモデルチェンジ後はノアも3ナンバーに拡大されます。5ナンバーにこだわる必要性が乏しいという判断でしょう。外枠が数mm変わったからなんなんだと。

7e81795c9bee8b7b27bff4b758a631b5
【2023】トヨタ新型クラウン フルモデルチェンジ最新情報まとめ!FF化?SUV化?発売日や次期デザインは?マツダ製シャシーを採用?クラウンクルーガーの国内導入は?
【最新情報まとめ】トヨタ新型クラウンは2023年にフルモデルチェンジ確定か?まさかのSUVに変身?FF化は確定?発売日や次期デザインは?クラウンクルーガーは日本発売される?

新型ノアヴォクシーのエンジンはどうなる?

続いては「パワートレイン」の最新情報。

まずガソリンモデルは新開発の「2.0L直4ガソリンエンジン(M20A型)」に進化します。現行ノア・ヴォクシーも同排気量のエンジンを搭載しているものの、3ZR型と呼ばれる古いエンジン。それがTNGA思想のもとで設計されたダイナミックフォースエンジンに換装されます。

排気量こそ変わりませんが、スペックは最高出力が169PS/6600rpm。最大トルクは20.9kgm/4800rpmと進化を遂げます。先代ノア・ヴォクシーは152PSだったので結構なパワーアップ。

ボアストローク比は80.5×97.6。圧縮比も13と最大熱効率が現行比で40%ほど改善。ポート噴射と直噴が組み合わさった「D-4S」と呼ばれる技術や電動モーターで制御できる「VVT-iE」を採用し、摩擦抵抗を下げる鏡面加工のピストンスカートなども組み込まれる。

新型ノアヴォクシーのカタログ燃費は15.0km/Lと改善するそう。

ハイブリッドは2.0L直4にアップサイジング?

一方、ハイブリッドモデルのエンジンはどうなるのか?

トヨタ新型ノア・ヴォクシーのハイブリッドモデルには引き続き「1.8L直4エンジン(2ZR型)」が流用されると言われてます。そのため基本ユニットは変わることなく、引き続き2モーター式のTHS-Ⅱが継承。ただし、同エンジンが改良されてカタログモデルは23.6km/Lまで上昇。

新型アクアに初搭載されたバイポーラ式のニッケル水素電池が採用されるグレードもありそう。

新型ノアヴォクシーHVの変速機には試乗評価も高い新型RAV4にも採用された新型CVTに換装されます。このCVTには一速の発進ギアを組み込むことで、シームレスな加速感が実現。燃費面も走りの面でもストレスフリーに進化しそう。

ちなみに当初は前述のM20A型がガソリンモデルより更に圧縮比を14まで高めて、最高出力は145PS/6000rpm。最大トルクは18.3kgm/4400rpmというスペックで搭載する予定だったそう。これは最初のマイナーチェンジで設定されそう。

次期ノアヴォクシーハイブリッドに「E-Four」が初搭載

一方、トヨタのハイブリッド車の4WDといえば「E-Four」。リアに小型の駆動用モーターを設置するだけでいいので、プロペラシャフトなどは不要。走破性などは正直知れてると思いますが、室内のスペース的なメリットを確保できる4WDシステム。

これが新型ノア・ヴォクシーハイブリッドにも初採用されます。現行アルファードの場合、リアモーターの出力は50kWと割と強力な電気モーターを採用していますが、おそらくそこまで強力ではないか。ただ新型アクアの5kW並でもないか。

このカタログ燃費は22.0km/Lと、セレナe-POWERの2WDモデルの燃費よりも上回る。

ただし、E-Fourは「7人乗り仕様」に制限されます。それなりに室内のスペースは犠牲にはなっているのか。

3a145b1c801cd7bd114b1e6eafec1e3c
【2022】トヨタ新型ランドクルーザープラド フルモデルチェンジ最新情報まとめ!2.5Lハイブリッド搭載?ラダーフレームは?発売日や次期デザインは?
【最新情報】トヨタ新型ランドクルーザープラドが2022年夏にフルモデルチェンジ確定!ハイブリッド化される?ラダーフレーム構造は?発売日,次期デザインなどフルモデルチェンジ最新情報を徹底解説まとめ!

次世代トヨタセーフティーセンスの搭載はフルモデルチェンジまでお預け?

続いてのフルモデルチェンジ情報は「自動ブレーキ」。

まず現行ノア・ヴォクシーは「トヨタセーフティーセンスC」と呼ばれる自動ブレーキを採用してる。赤外線センサーと単眼カメラを組み合わせたものですが、性能的には5年前レベル。全車速域追従クルーズコントロールも搭載される最新の軽自動車以下。

ただトヨタ新型ノア・ヴォクシーの自動ブレーキシステムが「次世代トヨタセーフティセンス」にようやく一新されます。

例えば、夜間の歩行者や自転車や、右左折時に横断してくる見えにくい歩行者にも対応。全車速域追従クルーズコントロールは当然として、歩行者の急な飛び出しなど先読みしてリスク状況を回避するプロアクティブ・ドライビング・アシストなども標準装備。

また道路標識等も認識し、それをメーターパネルに表示してくれたりもします。前方車両の発進告知機能は信号機にも対応。

他にも次期ノア・ヴォクシーの安全装備にはレクサス新型NXにも設定された機能がセットオプションとして追加。後方から近付いてくる自転車や歩行者を検知し、自動的にドアを開かせないようにするフロントクロストラフィック機能などが備わります。

また「自動駐車機能」はMIRAIや新型アクア以上に性能が進化します。新型ノアヴォクシーも同様に検知する範囲は全周囲6メートルと変わらないものの、並列駐車だけではなく、縦列駐車にも対応する高性能っぷり。

ガソリン車は手動でシフト操作を行うセミオート式、ハイブリッド車は全操作が自動のフルオート式になります。一方、ハイブリッドモデルは車外で【スマホから遠隔操作】することも可能。これはトヨタ初。小さいお子さんがいると、車外から遠隔操作できた方が安心?

通信型ナビは5年間の付帯

続いては内装面の最新情報。

トヨタ新型ノア・ヴォクシーの内装面では「8インチのディスプレイオーディオ」がほぼ標準装備されます。普通にスマホと繋げて使うナビ。オプション装備では10インチ画面に拡大でき、TVチューナーやHDMI端子、ETC2.0などが新たに追加することも可能。

だからアップルカープレイやアンドロイドオートなどにも対応するものの、トヨタが進めていたSDLは廃止されます。

また車載通信機(DCM)を使ってあらゆる情報をダウンロードできるんですが、この通信型ナビ機能が5年間は付帯される点もトヨタ初とのこと。他にも車内Wi-Fi、スマートフォンでキー代わりに使えるデジタルキーもオプション装備として用意されるそう。

グレード展開や価格は?

続いてはグレード構成の最新情報。

トヨタ新型ノアのグレード構成は下から「X」「G」「Z」の合計3種類になります。つまり、Zが最上級グレード。一方、新型ヴォクシーとノア(エアロ仕様)のグレード構成は「S-G」「S-Z」の合計2種類。7人乗り仕様、8人乗り仕様がE-Fourを除いてそれぞれ設定されます。

前述のように2021年12月に販売終了するエスクァイアですが、最上級グレード「Z」「S-Z」はその後継モデル的な位置づけになるそう。例えば装備面を見てみると、両側電動スライドドア、合皮コンビシート、AC100Vコンセントなどが標準装備。

とはいえエスクァイアの価格もノアヴォクシーより数万円高い程度に過ぎなかったので、普通の最上級グレードの域は出ていないか。

一方、現行ノア・ヴォクシーの価格を振り返ると、HEVモデルが305~334万円、ガソリンモデルが258~285万円でした。エスクァイアはHEVが337万円、ガソリンが299万円と数万円ほど高い程度。そのため次期ノアヴォクシーの価格も少し上振れしそう。

新型ノアの価格はHEVモデルが310~340万円、ガソリンモデルが265~293万円。新型ヴォクシー(ノアエアロ)の価格はHEVモデルが320~345万円、ガソリンモデルが275~305万円程度と個人的には予想してみる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました