【2021】トヨタ新型ノアヴォクシー フルモデルチェンジ最新情報まとめ【発売日・予想価格・次期デザインetc】

トヨタの人気ミニバン車が「ノア」と「ヴォクシー」。2014年1月のフルモデルチェンジで初めてハイブリッド化されたことが話題になりました。そこから既に5年以上経過するものの、未だにノア・ヴォクシーは安定して人気を維持しております。

2017年にもノア・ヴォクシーはマイナーチェンジを施して、フロントマスクが大胆に一新されて話題を集めました。最近はノア・ヴォクシーのライバルミニバンも攻勢を強めているため、いくら王者とはいえテコ入れに余念はない。

7daad94c29ec07da995abfbf57435d9f

(ベストカー 講談社)

そこで今回カーギークではトヨタ新型ノア・ヴォクシーのフルモデルチェンジ最新情報をまとめてみました。2014年に発売された現行ノアヴォクシーはいつ頃フルモデルチェンジするのか?

発売日は2021年半ば以降?

まず気になるのは新型ノアヴォクシーの「発売時期・発売日」。現行ノア・ヴォクシーを購入した翌月や翌々月にフルモデルチェンジしたら泣くに泣けない。

結論からズバッと言うと、トヨタ新型ノア・ヴォクシーの発売日は2021年半ば以降と見られています。2021年にはノアヴォクシー以外だとレクサス新型LXトヨタ新型パッソトヨタ新型アクアのフルモデルチェンジも予定。

新型ノアヴォクシーは2021年から生産が開始されるため、おそらく実際に発売するのは2021年半ばから後半以降になる可能性が高そう。一方、2022年には新型アルファードのフルモデルチェンジが控えており、次期ノアヴォクシーの発売時期が2022年まで遅れる可能性は低いはず。

ただ既に2017年にノア・ヴォクシーはビッグマイナーチェンジを行ってる。商品力という点では2021年までかなり時間が空く。もしかすると2020年中にフルモデルチェンジが早まる可能性や、またマイナーチェンジが再び行われる可能性はあるかも。

だから、新型ノア・ヴォクシーの「モデル周期はおよそ7年前後」となりそう。

car-geek.com

シャシーは次期アルヴェルと共用?

続いては「プラットフォーム」の最新情報。国産ミニバンは東南アジアなど一部の国ではちょこっと売れてるものの、やはりミニバンはあくまで国内市場がメイン。果たして次期ノアヴォクシーのシャシーが刷新されることはあるのか?

結論から書くと、トヨタ新型ノアヴォクシーはミニバン車専用の「TNGA新型プラットフォーム」に刷新されます。

まだトヨタ新型ヤリスに初採用の「TNGA-Bプラットフォーム」や新型クラウンレクサス次期ISの「TNGA-Lプラットフォーム」のような命名はされてないようですが、ミニバンのMから取ったとすると「TNGA-Mプラットフォーム」とでも呼べばいいのか。

既に海外でトヨタ新型ハイエースがフルモデルチェンジされ、日本国内でも2019年12月にグランエースが発売してますが、TNGA設計のシャシーが採用されてる。これが次期ノアヴォクシーのシャシーにも採用されそう。ただし、新型ハイエース300系はサイズ感が巨大。

そのため次期ノアヴォクシーのプラットフォームには「車体の前半分のみにTNGAプラットフォームの技術が使われ、車体の後ろ半分はフラットな低床設計のコンポーネント」が複雑に組み合わせられる予定。そのため柔軟に応用できるシャシーは次期アルファードと共用されそう。

もしかすると新型ノアヴォクシーのプラットフォームは「次期シエンタ」のフルモデルチェンジに採用される可能性もあるか。

car-geek.com

フルモデルチェンジで「2.0L直4」にアップサイジング!

続いては「パワートレイン」の最新情報。現行ノア・ヴォクシーは「ハイブリッドモデルの投入」が大きな話題を呼びましたが、果たして現行ノア・ヴォクシーはどれだけ進化をするのか。

結論からズバッと書いちゃうと、やはり今回のフルモデルチェンジの大きな目玉も「ハイブリッドエンジン」になる予定。

具体的にはトヨタが現在鋭意開発中の「2.0L直4ガソリンエンジン」が新型ノア・ヴォクシーに搭載されます。つまりガソリンエンジンも同時に刷新されるんですが、現行モデルに搭載の1.8L直4ハイブリッドはお役御免となります。

今回のフルモデルチェンジでいわゆるアップサイジングする「新型2.0L直4ガソリンエンジン」のスペックは最高出力が171PS/6600rpm。最大トルクは20.9kgmすら4800rpm。ボアストローク比は80.5×97.6。圧縮比も13と最大熱効率が現行比で40%ほど改善

ポート噴射と直噴が組み合わさった「D-4S」と呼ばれる技術や電動モーターで制御できる「VVT-iE」を採用し、摩擦抵抗を下げるために鏡面加工のピストンスカートなどが組み込まれる。他にも触媒の温度が上がりやすい後方排気方式が採用される予定。

新型カムリに搭載されてる「6AR-FSE」よりも燃費性能が高められてるのかも。

car-geek.com

○新型2.0L直4ハイブリッドの詳細スペックまとめ

一方、ハイブリッドに組み合わせるガソリンエンジンは圧縮比を14まで更に高めます。逆に最高出力は145PS/6000rpm。最大トルクは18.3kgmすら4400rpmと落ちるものの、電気モーターは109PS/20.6kgmと非常にパワフルなものが組み込まれる。

またフルモデルチェンジ後のハイブリッドモデルにはバッテリーセルの数が180まで増えて、総電力量が216Vまで増加。一方、ハイブリッドユニット全体では現行ノアヴォクシーよりも10%ほど軽量化されるため、新型ノアヴォクシーHVは走りも燃費もかなり期待できそう。

試乗評価も高い新型RAV4にも採用された一速の発進ギアを組み込んだ新型CVTが、新型ノア・ヴォクシーにも搭載されそう。現行モデル以上にクロスレシオ化が進み、シームレスな加速感が実現。新型ノア・ヴォクシーの走りはストレスフリーに進化しそう。

まさに王道っちゃ王道のフルモデルチェンジ。

car-geek.com

ハイブリッド車に4WDモデルが搭載されるのはフルモデルチェンジ以降?

一方、トヨタのハイブリッド車の4WDといえば「E-Four」。

リアに小型の駆動用モーターを設置し、ぬかるんだ道路など路面状況に応じて駆動力を部分的にアシストしてくれる4WDシステム。既にプリウスやアルファードやヴェルファイアもマイナーチェンジで少し前に追加されてるものの、現行ノア・ヴォクシーハイブリッドに「E-Four」は未だに未搭載。

だから現行ノア・ヴォクシーにすぐ設定しても良さそうなもんですが、どうやらハイブリッド車に4WD(E-Four)が導入されるのはフルモデルチェンジ以降とのこと。逆に考えると、ノア・ヴォクシーのフルモデルチェンジに合わせてE-Fourも新型に一新される可能性もあるか。

E-Fourは所詮簡易型の4WD。とある自動車雑誌のフルモデルチェンジ記事では「ようやくノア・ヴォクシーもセレナe-POWERやステップワゴンハイブリッドに対抗できる」といった表現が用いられていましたが、現行E-Fourでは勝てない。

新型ノア・ヴォクシーのE-Fourはリアの駆動モーターの出力を高めるなど、色んな展開が期待できそう。ノア・ヴォクシーの翌年にはアルファードのフルモデルチェンジも控えてるとされ、E-Fourを刷新するタイミングとしては最適でしょう。

ちなみに【感想】新型セレナe-POWER 試乗レビュー【感想】新型ステップワゴンハイブリッド 試乗レビューなども併せてご参照ください。

car-geek.com

新型セーフティーセンスはフルモデルチェンジまで待つ必要ある?

続いてのフルモデルチェンジ情報は「自動ブレーキ」。

そこで簡単におさらいしておくと、現行ノア・ヴォクシーに搭載されてる自動ブレーキは「トヨタセーフティーセンスC」。割と古いタイプの自動ブレーキのため性能はそこまで良くはありません。少なくとも、ライバル車種に搭載されてる最新鋭の自動ブレーキと比べると見劣り。

そこで気になるのは、やはり第2世代の新型セーフティーセンスの搭載。前述のように新型ノア・ヴォクシーのフルモデルチェンジは2021年と随分と先の話。じゃあ、そこまでノア・ヴォクシーに第二世代トヨタセーフティーセンスが搭載されるのを待たなければいけないのか?

でも、ご安心を。

結論から書くと、2021年のフルモデルチェンジを待たずに現行ノア・ヴォクシーにも第2世代セーフティーセンスは設定されそう。詳しい時期までは不明ですが、前述のようにノア・ヴォクシーは2020年中に最後のマイナーチェンジが施される可能性がありそう。

新型トヨタセーフティセンスは夜間でも歩行者を認識し、全車速域の追従クルーズコントロールが設定されてるためもう少し購入は待ってもいいかも。

car-geek.com

【最新情報】今回のフルモデルチェンジでノアかヴォクシーのどっちかが消滅へ?

最後は「販売終了」の最新情報。既にトヨタはラインナップの整理縮小を行っており、2025年までに販売する車種を約半減させる。その一環としてディーラー店で販売車種を分ける手法も2020年初め頃に終えてる。それはノア・ヴォクシーもご多分に漏れず。

つまり、2021年のフルモデルチェンジでノアかヴォクシー(エスクァイアも?)がどうやら販売終了する公算大と見られてる。

7daad94c29ec07da995abfbf57435d9f

(ベストカー 講談社)

当初とある自動車雑誌では「ノア」が生き残る可能性が指摘されてました。画像は次期ノアの予想デザイン。要するに「ヴォクシーが販売終了する」と報じてた自動車メディアが多かった模様。

個人的にはヴォクシーが生き残るだろうと思ってたため「意外」でしたが、例えばアルファードとヴェルファイアの販売台数を見るとアルファードが上回ってる。やはりミニバン車はゴリゴリしたデザインが微妙なのかも知れない。

だから厳密には販売終了すると言っても、次期ヴォクシーは「ノアのカスタムモデル」として生き残り、エスクァイアも「ノアのプレミアムモデル」として販売する可能性が指摘されてた。しかしながら、ノアとヴォクシーの場合、終始一貫としてヴォクシーの販売台数が上回ってる。

そう考えると、ノアもアルファードと同じように生き残る可能性は低そうです。そのため前述の予想は逆。新型ノアはヴォクシーの「社用車版 or ノーマル版」として発売され、エスクァイアは「ヴォクシーのプレミアムモデル」として発売されそう。

例えば、新型ヴォクシーは「3ナンバーサイズ」、新型ノアは「5ナンバーサイズ」といった差別化が施される可能性などが考えられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました