【2021】トヨタ新型ノアヴォクシー フルモデルチェンジ最新情報まとめ!エスクァイアは販売終了?発売日や次期デザインは?【価格値段】

トヨタの人気ミニバン車が「ノア」と「ヴォクシー」。2014年1月のフルモデルチェンジで初めてハイブリッド化されて話題になりました。そこから既に6年以上経過するものの、未だにノア・ヴォクシーの人気は安定して維持されております。

2017年にノア・ヴォクシーはマイナーチェンジを施して、フロントマスクが大胆に一新されるなど定期的なテコ入れが功を奏してる様子。最近はノア・ヴォクシーのライバルミニバンも攻勢を強めているため、いくら王者とはいえテコ入れに余念はない。

7daad94c29ec07da995abfbf57435d9f

(ベストカー 講談社)

そこで今回カーギークではトヨタ新型ノア・ヴォクシーのフルモデルチェンジ最新情報をまとめてみました。2014年に発売された現行ノアヴォクシーはいつフルモデルチェンジするのか?

発売日は2021年半ば以降?

まず気になるのは新型ノアヴォクシーの「発売時期・発売日」。現行ノア・ヴォクシーを購入した翌月や翌々月にフルモデルチェンジしたら泣くに泣けない。

結論からズバッと言うと、トヨタ新型ノア・ヴォクシーの発売日は2021年半ば以降と見られています。2022年は新型アルファードのフルモデルチェンジが控えており、次期ノアヴォクシーの発売時期が2022年まで遅れる可能性は低いはず。

ちなみに、2021年にはノアヴォクシー以外だとレクサス新型LXトヨタ新型パッソトヨタ新型アクアのフルモデルチェンジなども予定。ライバルのホンダ新型ステップワゴンのフルモデルチェンジも近そう。

前述のように2017年にノア・ヴォクシーはビッグマイナーチェンジを行ってるわけですが、そこから既に3年が経過。2021年半ば以降となると、それまで期間が割と空いてしまう。商品力という点でいささか古さは目立つものの、2020年4月に全車併売に合わせて地味に一部改良が施されてる。

そのため「2021年のフルモデルチェンジ」はほぼ確定的と言っても良さそう。だから、新型ノア・ヴォクシーの「モデル周期はおよそ7年前後」となりそう。

car-geek.com

シャシーはミニバン専用TNGAプラットフォームが採用?

続いては「プラットフォーム」の最新情報。国産ミニバンは東南アジアなど一部の海外ではちょこっと売れてるものの、やはりミニバン車は国内市場がメイン。減価償却のことを考えると、ミニバン車のプラットフォームがガラッと変わることは少ない。

しかしながら、トヨタ新型ノアヴォクシーはミニバン車専用の「TNGA新型プラットフォーム」に刷新されます。

具体的にはTNGA-Cプラットフォームをベースに開発された「ミニバン車専用のシャシー」に刷新されそう。ただCセグメントベースだと次期アルヴェルの動向が気になるところですが、車体後方の半分だけごっそり作り変えるようなので問題ないのか。

トヨタ新型ヤリスに初採用の「TNGA-Bプラットフォーム」や新型クラウンレクサス次期ISの「TNGA-Lプラットフォーム」のような命名はされてないようですが、ミニバンのMから取ったとすると「TNGA-Mプラットフォーム」とでも呼べばいいのか。

次期ノア・ヴォクシーは薄型燃料タンクが採用され、張り出し感を抑えたリアサスペンションを採用し、トレット幅が拡大するなど車体全体がゴソッと入れ替わる模様。そのためフルモデルチェンジ後は全車で「3ナンバー化」する見通し。

現行ヴォクシーは既に全車3ナンバー化されてますが、あくまでエアロパーツ分。でもフルモデルチェンジ後の新型ノア・ヴォクシーは室内外含めて、常識的な範囲内で拡大しそう。確かにトヨタにはルーミーやシエンタなど小さいプチバンが存在。そことの差別化という意味でも正解なんでしょう。

もしかすると「次期シエンタ」のフルモデルチェンジにも採用される可能性もあるか。

car-geek.com

フルモデルチェンジで「2.0L直4」にアップサイジング!

続いては「パワートレイン」の最新情報。現行ノア・ヴォクシーにフルモデルチェンジされる際には「ハイブリッドモデルの投入」が大きな話題を呼びましたが、果たしてどれだけ進化をするのか?

やはり今回のフルモデルチェンジの大きな目玉も「ハイブリッドエンジン」になる予定。

トヨタが現在鋭意開発中の「2.0L直4ガソリンエンジン」が新型ノア・ヴォクシーに搭載されます。つまり、現行モデルに搭載の1.8L直4ハイブリッドはお役御免となります。ガソリンモデルも含めて、トヨタ次期ノアヴォクシーはいわゆるアップサイジングします。

「新型2.0L直4ガソリンエンジン」の具体的なスペックは最高出力が171PS/6600rpm。最大トルクは20.9kgmすら4800rpmと見られております。ボアストローク比は80.5×97.6。圧縮比も13と最大熱効率が現行比で40%ほど改善するなど、燃費性能は確実に向上します

ポート噴射と直噴が組み合わさった「D-4S」と呼ばれる技術や電動モーターで制御できる「VVT-iE」を採用し、摩擦抵抗を下げるために鏡面加工のピストンスカートなどが組み込まれる。他にも触媒の温度が上がりやすい後方排気方式が採用される予定。

トヨタ新型カムリに既に搭載されてる「6AR-FSE」よりも燃費性能が高められてるのかも。

car-geek.com

新型2.0L直4ハイブリッドの詳細スペックまとめ

一方、ハイブリッドに組み合わせるガソリンエンジンは圧縮比を14まで更に高めます。逆に最高出力は145PS/6000rpm。最大トルクは18.3kgmすら4400rpmと落ちるものの、電気モーターは109PS/20.6kgmと非常にパワフルなものが組み込まれる。

もちろん全車リチウムイオン電池が標準装備され、バッテリーセルの数も180まで増えて、総電力量が216Vまで増加します。それでいてハイブリッドユニット全体では現行ノアヴォクシーよりも10%ほど軽量化されるため、新型ノアヴォクシーHVは走りも燃費もかなり期待できそう。

また変速機には試乗評価も高い新型RAV4にも採用された一速の発進ギアを組み込んだ新型CVTに換装されます。現行ノアヴォクシー以上にクロスレシオ化が進み、シームレスな加速感が実現してるはず。燃費面も走りの面でもストレスフリーに進化しそう。

だから、まさに王道っちゃ王道のフルモデルチェンジ。

car-geek.com

次期ノアヴォクシーハイブリッドに「E-Four」が初搭載

一方、トヨタのハイブリッド車の4WDといえば「E-Four」。

リアに小型の駆動用モーターを設置し、ぬかるんだ道路など路面状況に応じて駆動力を部分的・一時的ににアシストしてくれる4WDシステム。既にプリウスやアルファードやヴェルファイアもマイナーチェンジで追加されてるものの、現行ノア・ヴォクシーハイブリッドには未搭載。

だから現行ノア・ヴォクシーにすぐ設定しても良さそうなもんでしたが、時期的なことを考えると新型ノアヴォクシーハイブリッドに4WDモデル(E-Four)が設定されるのはフルモデルチェンジのタイミングと考えるのが自然でしょう。

とある自動車雑誌のフルモデルチェンジ記事では「ようやくノア・ヴォクシーもセレナe-POWERステップワゴンハイブリッドに対抗できる」といった表現が用いられていましたが、確かに日産のe-POWERもホンダのe:HEVも4WDモデルは設定されてない。

そういう点で次期ノアヴォクシーハイブリッドの優位性が強調されそうですが、あくまでE-Fourは所詮は簡易型の4WD。新型ノア・ヴォクシーに搭載のE-Fourではリアの駆動モーターの出力を高めたりしない限り、過大な期待は禁物だと思います

car-geek.com

次世代トヨタセーフティーセンスの搭載はフルモデルチェンジまでお預け?

続いてのフルモデルチェンジ情報は「自動ブレーキ」。

簡単におさらいしておくと、現行ノア・ヴォクシーに搭載されてる自動ブレーキは「トヨタセーフティーセンスC」。赤外線センサーと単眼カメラを組み合わせた、割と古いタイプの自動ブレーキ。少なくとも、ライバル車種に搭載されてる最新鋭の自動ブレーキと比べると見劣り。

そのためトヨタ新型ノアヴォクシーの発売の際に「第2世代の次世代トヨタセーフティーセンスがようやく搭載されます。

一方、2021年のフルモデルチェンジを待たずに次世代セーフティセンスに換装されるという情報も根強い。確かに2021年後半まで待つとしたら当分先の話。2020年7月時点で何の動きもありませんが、2020年後半か2021年初めにもテコ入れ(マイナーチェンジ?)される可能性も。

ただここまで出し惜しみされてしまうと、次のフルモデルチェンジまで動きはなさそう。

car-geek.com

ヴォクシーがまさかの販売終了?

最後は「販売終了」の最新情報。ご存知のようにトヨタはラインナップの整理縮小を行っており、2025年までに販売する車種を約半減させる予定。既にこの一環としてトヨタは全ディーラー店で全ての販売車種を併売する手法に切り替えてる。

だからラインナップ縮小はノア・ヴォクシーもご多分に漏れず。そのため2021年のフルモデルチェンジでノアかヴォクシー(エスクァイアも?)がどうやら販売終了する公算大と見られていた。ノアが販売終了する情報も流れていましたが、全体的にはヴォクシーお役御免説が濃厚だった。

例えばアルファードとヴェルファイアの販売台数を見るとアルファードが上回ってるので納得ですが、それでもノアとヴォクシーの場合、終始一貫としてヴォクシーの販売台数が上回ってる。だから個人的にはヴォクシーの販売終了は意外な情報でした。

7daad94c29ec07da995abfbf57435d9f

(ベストカー 講談社)

自動車雑誌の次期デザイン予想を見ても、基本的にノアベースの画像が多い印象。トヨタ車はダサいと言われがちですが、次期ノアは無難にカッコいいデザインに仕上がるはずです。

結局、ノアもヴォクシーもフルモデルチェンジしそう

ただし、最新情報によるとノアもヴォクシーもどっちもフルモデルチェンジしそう

何故なら、マガジンXの最新情報によれば「A車型とB車型」という2パターンの車両形式が存在するそう。

実際、2パターンのデザイン案が存在するため、ヴォクシーも販売終了する可能性が低くなりました。今後は「エアロ系モデル」として生き残っていく模様。既に2020年春の全店併売に合わせて、ヴォクシーのグレード構成はエアロ系のみに統一されてる。

具体的な予想デザインを見ておくと、次期ノアのフロントマスクは引き続きメッキパーツゴリゴリに仕上がり、フロントグリルはバンパー下端まで突き抜けそう。次期ヴォクシーは上下二段ランプが廃止され、左右のエアダクトと一体化されそう。次期ヴォクシーの顔付きは「三菱・デリカD5に似る」とはマガジンXの最新情報。

ただし、この情報だけだとヴォクシーが販売終了しない根拠とまでは言えないか。ベストカーが報じていたように「ノアのカスタムモデルの発売」の可能性自体は否定できない。つまり、そのカスタムモデルがヴォクシーと名乗るかはまだ不透明?

car-geek.com

エスクァイアだけが販売終了?

一方、エスクァイアは一度もフルモデルチェンジすることなく販売終了しそう。確かに当初はヴォクシーの販売終了も噂されていた以上、エスクァイアの次期モデルは期待薄。確かに文字も打ちづらい。エスクァイアなのかエスクワイヤなのかいつも迷う。

でも、今後はノアかヴォクシーかのどちらかにエスクァイアのような上級グレードが新たに設定される可能性はありそう。一応、現行エスクァイアも月販1000台2000台は売れてる以上、そこまで不人気車ってことではない。

やはりノア・ヴォクシーとアルファード・ヴェルファイアの「中間的な存在」の需要は決して小さくはないでしょう。価格帯的にもサイズ感的にも、その中間の空白地帯はいずれトヨタが埋めてくると思います。それがいつになるかは分かりませんが、次期ノアヴォクシーがマイナーチェンジする際?

現行エスクァイアは「エスティマの後継車」として登場した過去もあることなどから、今度は逆にトヨタ次期エスティマのフルモデルチェンジなども期待できるかも知れない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました