【2021年4月】トヨタ新型ランドクルーザー300系フルモデルチェンジ最新情報まとめ!発売日や次期デザインは?ハイブリッド化される?BMWにOEM供給か?

トヨタが世界に誇る本格SUVが「ランドクルーザー」。

現行ランドクルーザーは200系という愛称で親しまれてますが、中近東のお金持ちがこぞって購入してる話をよく耳にします。一方、日本国内でもランドクルーザーはランクルプラドと合わせると月販2000台以上は売れるなど中々の人気。

ただし、現行ランドクルーザー200系も2007年7月に発売されてから既に13年以上が経過。この間にランクルは何度かマイナーチェンジや一部改良を施してきたものの、やはり次期モデルのフルモデルチェンジが待ち遠しい。

c55987702794a2fee2222bdff8c2a148 500x287

(ベストカー2019年9月26日号 講談社)

そこで今回カーギークでは「トヨタ新型ランドクルーザー300系」の最新フルモデルチェンジ情報をまとめてみました。「700B」という開発コードで開発が進む次期ランドクルーザーはどう進化するのか?

car-geek.com

発売日は2021年春?

まずは「発売日・発売時期」。果たしてトヨタ新型ランドクルーザーはいつフルモデルチェンジするのか?

トヨタ新型ランドクルーザー300系の「発売日」は2021年春頃になりそう。現行ランドクルーザー200系は2007年に発売してるため、約13年半でフルモデルチェンジされる計算。これまでランクルは8年から24年おきにフルモデルチェンジしてることから、割と平均的なモデル周期と言えそう。

当初は2020年夏頃の発売を予定してたんですが、デザイン案が差し戻されたことで半年以上は最低でもフルモデルチェンジが遅れるカタチ。デザインを一からやり直すならもっと時間がかかりそうですが、他にもエンジン周りの検証も手間取ってる様子。

しかしながらコロナ禍の影響もあって、海外での走行テストが未だに実現化していないため、もしかすると次期ランドクルーザーの発売時期は更に遅れる可能性もありそう。新型ハリアーのフルモデルチェンジが大きく遅れてないことから、ランクルも同様のことを期待したいですが。

ちなみに、ランドクルーザーとプラットフォームを引き続き共用するレクサス次期LXのフルモデルチェンジも2022年春頃と発売時期が予想されます。今後フルモデルチェンジ予定の新型車一覧まとめもご参照してください。

car-geek.com

次のフルモデルチェンジで「300系」を名乗らない?

続いては「300系」という名前に関する最新情報。

これまでのランドクルーザーはフルモデルチェンジの度に、車両型式が20系、40系、55系56系、60系、70系、80系と進化してきたのは周知の事実。更には1998年のフルモデルチェンジで100系、2007年のフルモデルチェンジで200系と数字の桁数が増加してます。

一般的にランドクルーザーはその車両型式とセット(例えばランドクルーザー40系など)で車好きから呼ばれることが多い。だから、次期ランドクルーザーは「300系」を名乗ると予想されてます。ただし、次のフルモデルチェンジでは「ランドクルーザー300系」と名乗らない可能性も指摘されてる。

何故なら、既にトヨタは2018年の新型クラウンハイブリッドで「SH20系」を名乗ってるから。後述しますが次期ランドクルーザーはハイブリッド化される可能性が高い。そこでフルモデルチェンジ後はガソリンモデルも車両型式も「二桁数字」に合わせる可能性があるということ。

ただし、最新情報では車両型式は「300系」とこれまでの流れが踏襲される可能性が高いとのこと。そのため今記事では便宜上「ランドクルーザー300系」と表記します。

car-geek.com

TNGA版ラダーフレームに進化?

続いては「プラットフォーム」の最新情報。

ランドクルーザーは「ラダーフレーム構造」と呼ばれるプラットフォームを使用してる。一般的な車はモノコック構造が多いんですが、ラダーフレームは強度に優れるオフローダー向けのシャシー。今ではメルセデスベンツGクラススズキジムニーといった限られた車種にしか採用されない。

じゃあ、次期ランドクルーザー300系は時代に合わせてモノコック構造にフルモデルチェンジするのか?

でも結論から書くと、新型ランドクルーザー300系のプラットフォームは引き続きラダーフレーム構造が採用される見通し。2018年にフルモデルチェンジしたジムニーやGクラスと同様、新型ランドクルーザー300系も国産車では数少ない無骨なSUV路線が継承されます。

更にマガジンXの最新情報によると次期ランドクルーザー300系は「TNGA用」にラダーフレームが再設計されるとのこと。もちろん翌年にフルモデルチェンジされるレクサス次期LXにも横展開される。

やはりランドクルーザーは世界的に売れてる人気車種。スズキ・ジムニーですらそうであったように、新型ランドクルーザー300系も10年20年という長期的なスパンで考えたら、プラットフォームを新開発しても十二分に元が取れるという判断なのでしょう。

car-geek.com

次期ランドクルーザーは「V6ターボ」にダウンサイジング!

一方、フルモデルチェンジ後も駆動方式は引き続き「4WDのみ」となる予定ですが、新型ランドクルーザー300系のパワーユニットは大幅に刷新されます。

トヨタ新型ランドクルーザー300系の搭載エンジンは「3.5L V6ツインターボエンジン」に換装される予定。現行ランクル200系には4.6L V8エンジンが搭載されてるため大幅なダウンサイジング。

それでも同エンジンはレクサス新型LS500に搭載されているものと同じ「V35A-FTS型」。最高出力は422PS/6000rpm。最大トルクは600Nm/1600~4800rpmというハイスペック仕様。しかも次期ランクルに載せる場合は更にパワーチューンされる予定。

そのため新型ランドクルーザー300系は排気量こそ下がるものの、むしろ現行LXを上回る大トルクに伴って加速感が更に増す匂いが早くもプンプン。またフルモデルチェンジ後は変速機も10速ATに換装され、新型ランドクルーザー300系の走りはかなり楽しめそう。

そして、新型LXには「3.3L V6ディーゼルターボ(F33A-FTV型)」も新たに設定される見通し。こちらはTNGA設計で開発された新型エンジン。ディーゼルはガソリンよりトルクが出やすいため排気量をやや抑えられてるっぽい。それだけに走りが期待。

car-geek.com

新型ランクル300系の「ハイブリッド化」は決定事項?

そして、フルモデルチェンジ後は同ターボエンジンの「ハイブリッドモデル」も設定されます。

ただし、2モーター式のストロングハイブリッドではなく、いわゆる1モーター式の「マイルドハイブリッド(MHV)」という見方が主流。もちろんランドクルーザーを動かすには非力この上ないものの、既にポルシェやメルセデスベンツなど高級外車では実は主流のハイブリッド方式。

理由はマイルドハイブリッドは仕組みがシンプル。それ故に価格が抑えられる。燃費規制は国際的にどんどん厳しくなっており、少しでもそれに対応するための苦肉の策。もちろん2モーター式のストロングハイブリッド化すればいい話ですが、電動化を突き詰めると「PHEV」を超えることはない。

まさにMHVは妥協の産物とも言えますが、トヨタは電動車の販売比率を高めると公言してる以上、ランドクルーザーもハイブリッド化は必須。それでもシステム出力は400馬力を超えることは確実なので、やはり体感的な加速感は新型LXが遥かに上回りそう。

一方、レクサス現行LSハイブリッドと同じように4速ATと組み合わせた「マルチステージハイブリッドシステム」が採用されるという情報もあります。ここらへんはまだ情報は流動的ですが、とりあえず新型ランドクルーザー300系のハイブリッド化は既定路線の模様。

car-geek.com

新型ランドクルーザー300系の「次期デザイン」はどうなる?

最後は「外観デザイン」の最新情報。10年以上前に発売されたトヨタ現行ランドクルーザーのデザインは大胆に変わる?もしくはキープコンセプト?

c55987702794a2fee2222bdff8c2a148 500x287

(ベストカー2019年9月26日号 講談社)

例えば、ベストカーのトヨタ新型ランドクルーザー300系の次期デザイン予想がこちら。キープコンセプトっちゃキープコンセプトですが、それなりに変更点は多そう。

例えば、左右のヘッドライト下部にはLEDのポジションランプが配される。スバル車のようにコの字型になるという情報もありますが、少なくとも現行ランクル200系のヘッドライト中央にメッキバーが刺さったデザインは廃止されそう。

またマガジンXの最新情報では、フロントグリル周辺にはぐるっと取り囲むように黒いU字型のガーニッシュが施される模様。そのフロントグリルには四本の大きなメッキバーがあしらわれて、現行ランドクルーザーよりも押し出し感の強い顔付きになりそう。

ベストカーの予想では現行ランクルの面影が残りますが、ヘッドライトはアウディのような切れ長な目付きに変わりそう。現行ランクルプラドを更に清潭に引き締めたような雰囲気。トヨタ車だとRAV4のようなヘッドライトと考えると一番感覚的に近いかも。

ボンネットフードは開口部がサイドまで伸びて、一般的な車のような蓋状のデザインに変化します。ランドクルーザープラドとの差別化も考えられそう。またボンネットフードの中央部分も凹みをもたせることで、ドライバーの前方視界性がやや改善されそう。

○サイドやリア周りはどう変わる?

次期ランドクルーザーのサイドを見ると、ホイールアーチは更に台形型が強まったデザインに仕上がりそう。現行ランドクルーザー200系も丸みを帯びてるわけではないですが、新型300系ランクルはよりシンプルにSUVらしさが強まりそうです。

ホイールデザインも六角形が6個並んだようなカタチに進化し、さながらスバル・XVのような雰囲気に近づくのかも。ダーク塗装されるなど質感はXVより格段に高いものの、新型ランドクルーザー300系は若々しいデザインに仕上がるのかも知れない。

またサイドのボディラインも特徴的な進化が遂げられそう。具体的にはウエストラインが引き下げられることで、サイドの窓ガラスの面積が拡大します。そのことで車内からの視界性が向上し、フルモデルチェンジ後は窮屈感が減ることで体感的な広さが更に拡大しそう。

続いて、リア周りはリフレクターはバンパー下部に移動するなど、多少の変更点は見られる模様。それでも上下分割式のハッチゲートや四角いコンビネーションランプも変わらず。ゲート中央部分のロゴなども以下同文。パット見の雰囲気はさほど変わってないかも。

ただリア周りの雰囲気は大きく変わらないようにも思えますが、フルモデルチェンジ後は三列目シートの居住性や荷室の積載性を高めるために、ルーフ後端はミニバン車のように角張ったデザインに変更されそう。つまり、新型ランドクルーザー300系は現行モデルよりもロングルーフ化される。

だからフルモデルチェンジ後の存在感は更に増しそう。

car-geek.com

フルモデルチェンジ後はBMWにOEM供給か?

続いては「OEM供給」の噂。

どうやらトヨタ新型ランドクルーザー300系はBMWに供給されると報じるのがマガジンXの最新情報。やはりラダーフレーム構造を採用した車種は、輸入車も含めて極めて少ない。そのため次期ランドクルーザーはBMWに将来的にOEM供給する話も出てるそう。

最近の自動車業界を見ても、実際トヨタとBMWの関係性は強まってる。例えばBMW・Z4がトヨタにスープラとして供給されてるように、今度はトヨタ側がBMW側に「何かしらの車種」をOEM供給したとしても不思議ではない。まさに互恵関係が築かれるカタチ。

BMWの最上級SUV「X7」も所詮はモノコックフレーム。いくらBMWでもラダーフレーム構造のSUVを一から開発するのは今更難しい。一方、中近東アジアではゴリゴリのオフローダーSUVが人気。そこでトヨタ次期ランドクルーザー300系はうってつけという訳。

これまでお伝えした情報も勘案すると、もちろん次期ランクルはクーペSUV(SAC)などではないため、もし新型ランドクルーザー300系がBMWにOEM供給されればさしずめ「X9」あたりを呼称するのか。

ちなみに、現行ランドクルーザー200系には自動ブレーキが設定されてませんが、次のフルモデルチェンジではいよいよトヨタセーフティセンスが標準装備されそう。もしランクルの購入を考えてるなら、2020年のフルモデルチェンジを待った方がいいかも?

コメント

タイトルとURLをコピーしました