【2021年8月1日】トヨタ新型ランドクルーザー300系フルモデルチェンジ最新情報まとめ!発売日や次期デザインは?ディーゼル復活?マイルドハイブリッド化は?BMWにOEM供給?【GRスポーツ】

トヨタが世界に誇る本格SUVが「ランドクルーザー」。中近東のお金持ちがこぞって購入してる本格派のオフローダーSUV。一方、日本国内でもランドクルーザーはプラドと合わせると月販2000台以上が売れるなど人気は国内外問わず。

現行ランドクルーザーは「200系」という愛称で親しまれてますが、2007年7月に発売されてから既に13年以上が経過。この間にランクル200系は何度か改良を施してきたものの、やはり次の300系のフルモデルチェンジが待ち遠しいところ。

96f5b1b36e099d57dafd5750e42eed5f 500x315

そこで今回カーギークでは「トヨタ新型ランドクルーザー300系」の最新フルモデルチェンジ情報をまとめてみました。「700B」という開発コードで開発が進む次期ランドクルーザーはどう進化するのか?

発売日は2021年8月1日?

まずは発売日の最新情報。

トヨタ新型ランドクルーザー300系の発売日は2021年8月。まだ具体的な日にちは不明ですが、どうやら正式発表が8月上旬。正式発売が8月下旬と言われてます。当初は2020年夏発売と言われるなど大幅に予定より遅れてる。それでも正式受注日は7月初め前後にはなりそう。

ちなみに、2021年はランドクルーザーが発売されて70年目にあたります。正確には初代ランドクルーザーの試作車が完成した年が1951年8月1日。そのため新型ランドクルーザー300系も同様に「8月1日」に正式発表されるとしたらまさに運命的。

3aca965a30e6ae261ead352eb948172f 500x341

事実、新型ランドクルーザー300系のティザーサイトを見ると70周年という節目へのカウントダウンが始まっています。

一方、ランドクルーザー200系は2021年初旬に既に生産ストップして久しいですが、新型ランドクルーザー300系はガソリンモデルは7月1日、ディーゼルモデルなどは7月19日から生産が開始するそう。逆に言うと発売日がそれより早まることはない。

とりあえず2021年はトヨタの新型車ラッシュが半端ない。

e45ece663955cbcede2fe185ef648ce5
【2021】新型車フルモデルチェンジ一覧まとめ!2021年発売予定のSUVは?メーカー別最新版スケジュール!【トヨタ ホンダ 日産 スズキ マツダ スバル ダイハツ】
【最新版】2021年以降に発売される新型車は?2021年にフルモデルチェンジ,マイナーチェンジするSUV車は?新車最新スケジュールを一挙おさらい!トヨタ,ホンダ,日産,スズキ,マツダ,スバル,ダイハツの全メーカー別まとめ!

TNGA設計のラダーフレームを採用!300系の車体サイズは?

続いてはシャシーや車体サイズの最新情報。

一般的な自動車はモノコック構造が多いんですが、ランクルが採用するラダーフレーム構造は強度に優れるオフローダー向けのシャシー。現在ではランクル以外に、メルセデスベンツGクラススズキジムニーといった限られた車種に採用されるのみ。

トヨタ新型ランドクルーザー300系には「TNGA-Fプラットフォーム」と呼ばれるラダーフレーム構造のシャシーが採用。当初の予想通り、次期ランドクルーザーでもラダーフレームが継承されます。現行200系と比べると、新型ランクル300系は200kgほど軽量化。

現状だとランドクルーザー以外にTNGA-Fプラットフォームを採用する車種は見当たりませんが、スズキ・ジムニーですらそうであったように、長期的なスパンで考えたらラダーフレーム構造のプラットフォームを新開発しても十二分に元が取れるという判断なのでしょう。

新型ランドクルーザー300系の車体サイズは4950~4985×1980~1990×1870~1920mm(全長×全幅×全高)。ホイールベースは2850mm。現行ランクルと基本的なサイズ感は大差ないです。最小回転半径も5.9Mとフルモデルチェンジ前と変わらず。

13dc3d40a9337494ef656d31b7a49bd0
【2021年7月19日】トヨタ新型アクア フルモデルチェンジ最新情報まとめ!発売日や次期デザインは?室内空間は広がる?ヤリスハイブリッドと統合?【2代目】
【最新情報】トヨタ新型アクア(2代目)が2021年7月19日にフルモデルチェンジ確定?価格は最大250万円?新型アクアクロスオーバーは?ヤリスハイブリッドと統合して販売終了?発売日,次期デザイン,価格情報,スペック,安全装備など新型アクアのフルモデルチェンジ最新情報を徹底解説!

新型ランクル300系の搭載エンジンは2種類?

続いては搭載エンジンの最新情報。現行ランドクルーザー200系の搭載エンジンは4.6L V8エンジンのみでした。

トヨタ新型ランドクルーザー300系のパワートレインは「3500cc V6ツインターボエンジン」と「3300cc V6ディーゼルツインターボエンジン」の2種類に増えます。駆動方式は引き続き4WDだけになります。

3500cc V6ガソリンエンジンはレクサス・LS500に搭載されてるだけあって非常にパワフルなツインターボとなっております。最高出力は305kW(415PS)。最大トルクは650Nm(66.2kgm)。LSも大きく上回る。

そのため300系ランドクルーザーは変速機も10速エーティーに進化します。また変速機の位置をフルモデルチェンジ前より7cmほど位置を下げることで、操縦安定性を更に高めているそう。

一方、3.3リッター V6ツインディーゼルターボは、最高出力が227kW(309PS)。最大トルクが700Nm(71.3kgm)。トルク感がとにかくヤバい。ランドクルーザーにディーゼルエンジンが搭載されるのは80系以来。

ただし注意したいのは、ディーゼルターボが選べるのは最上級グレードの「ZX」「GRスポーツ」のみなんだそう。

c73f5bfb030dadcbaa37da3e0b83a6cc
【2021】トヨタ新型ノアヴォクシー フルモデルチェンジ最新情報まとめ!エスクァイアは販売終了?発売日や次期デザインは?【価格値段】
【最新情報】トヨタ新型ノア・ヴォクシーが2021年10月前後にもフルモデルチェンジか?新型ヴォクシーは販売終了?エスクァイアは?発売日や価格は?次期デザインは?新型ノアヴォクシーのフルモデルチェンジ最新情報を徹底解説!

新型ランクルハイブリッドの発売は2023年以降?

続いては「ハイブリッド化」の最新情報。

新型ランドクルーザー300系では同ターボエンジンの「ハイブリッドモデル」も設定されると言われていました。変速機(10速AT)にISGを組み合わせた、いわゆる1モーター式の「マイルドハイブリッド(MHV)」。仕組みがシンプル故に価格も抑えられる。

もちろんランドクルーザーを動かすには非力ですが、ポルシェやメルセデスベンツなど高級外車でも主流のハイブリッド方式として定着してる。やはり燃費規制は国際的にどんどん厳しくなっており、少しでも対応するための苦肉の策。

他にもレクサス現行LSハイブリッドと同じように4速ATと組み合わせた「マルチステージハイブリッドシステム」が採用されるという情報もありました。

ただランドクルーザーの主戦場は中東各国といった非先進国がメイン。そこでまず環境規制が厳しいアメリカ市場で、売れ筋のピックアップトラックのタンドラの次期モデルのマイルドハイブリッド化を優先するため、新型ランクルは後回しされた模様。

そのためランドクルーザー300系が電動化するのは1年から2年以上先の話になります。最近の半導体不足も合わせて考えると、発売時期は2023年以降と考えるのが自然か。

39adbf373f37f068a323d84d0f8c9b07
【2023】マツダ新型CX-5 フルモデルチェンジ最新情報まとめ!FR駆動化?直6搭載?CX-60に改名?
【最新情報】マツダ新型CX-5が2023年2月にフルモデルチェンジ確定?FR駆動車に?縦置き3.0L直6エンジン搭載?CX-60にまさかの改名?発売日,次期デザインなど新型CX-5のフルモデルチェンジ最新情報を徹底解説まとめ!

トヨタ新型ランドクルーザー300系は足回りが大幅進化

続いては足回りの最新情報。オフロード性能が高い新型ランドクルーザー300系の乗り心地はどうなるのか?

結論から言うと、新型ランドクルーザー300系の足回りは近代的な進化を遂げます。改めてグレード構成は後述しますが、例えばGRスポーツ(GR-S)のモデルでは80系ランクルのようにデフロックを装備(フロント部分は電動デフロック)します。

他にもE-KDSS(電子制御キネティックダイナミックサスペンション)と呼ばれる仕組みを新たに採用。車輪が浮いてもスタビライザーを電子制御で変化させ、タイヤを無理やり接地させるというもの。そのためGRスポーツは「ランクル史上最高のオフロード性能」と標榜されているそう。

一方、最上級グレード「ZX」の足回りではAVS(アダプティブバリアブルサスペンション)を新たに採用。走行状態に応じてサスペンションの減衰力を最適に変える。後輪ディファレンシャルギアにはトルク感応式LSDを装備。旋回性やフラットな乗り心地を高めてるそう。

さしずめ「オフロード向けがGR-S」「オンロード向けがZX」といった感じで売り出す模様。他にも現行ランドクルーザーにもあるマルチテレインセレクトは自動化されます。現行ランクルは手動式なんですが、路面状況に合わせてアクセルやブレーキ制御を替えてくれる。

だから新型ランクル300系の足回りは近代的に進化します。

96ed3d71d86c4cd91deb70364a4bc611
【2021年10月】トヨタ新型GR86 フルモデルチェンジ最新情報まとめ!発売日や次期デザインは?アイサイトが標準装備?ハイブリッド化やMR駆動化はある?オープン化も?【ハチロク】
【最新情報】トヨタ新型86(ハチロク)が2021年10月にフルモデルチェンジ確定?GR86に改名?安全装備がアイサイトに進化?3代目86はハイブリッド化やMR駆動化も?発売日,デザインなど次期86のフルモデルチェンジ最新情報を徹底解説まとめ!

新型ランドクルーザー300系の「次期デザイン」はどうなる?

続いては「外観デザイン」の最新情報。

13e0b233416ffff02ebced05b25bb573

新型ランドクルーザー300系のヘッドライトはLEDポジションランプが配されます。現行ランドクルーザー200系のようにヘッドライト中央にメッキバーが刺さったデザインは廃止。

フロントグリル周辺にはぐるっと取り囲むように黒いU字型のガーニッシュが施される。フロントグリルには四本の大きなメッキバーが配され、現行ランクル200系よりも押し出し感の強い顔付きになりそう。

他にも新型ランドクルーザー300系のボンネットフードは開口部がサイドまで伸びて、一般的な車のような蓋状のデザインに変化。またボンネットフードの中央部分も凹ませることで前方視界性がやや改善されそう。

新型ランドクルーザー300系のホイールアーチは更に台形型が強まったデザインに変わります。フルモデルチェンジ後はサイドの窓ガラスの面積が拡大します。そのことで新型ランドクルーザー300系では車内からの視界性が向上し、窮屈感が減りそう。

5517694b8050b07fe74ede816dde4b56 500x275

新型ランドクルーザー300系の内装がこちら。先代ランクル200系は縦型のエアコン吹出口などが採用されていましたが、新型ランドクルーザー300系の内装デザインは全体的に水平基調が強まります。

新型ランドクルーザーのデザインは3パターン存在する?

一方、トヨタ新型ランドクルーザー300系のデザインは「3パターン」ある模様。

13e0b233416ffff02ebced05b25bb573

下位グレード

まず先程のデザインは下位グレードの「GX」「AX」「VX」。

b3200e1bfb6eff0c8b685a48078ccf94 500x279

最上位グレード

続いては最上位グレードの「ZX」。先程のデザインとの違いは、グリルとガーニッシュの間に更にU字型の白いガーニッシュが施されてること。ただパット見の違いはそこまで感じません。

e3dd95645befb6db31b170c5db879b4b 500x314

GRスポーツ

続いては「GRスポーツ(GR-S)」のグレード。こちらはZXのデザインをベースに、グリル中央のロゴが「TOYOTA」のアルファベットに変更されてます。またグリルの形状もハニカムグリル風に変更されています。

ちなみに、新型ランドクルーザー300系の車体カラーは全6色。白、黒、グレー、ブロンズ、赤といった具合に色味含めて、フルモデルチェンジ前と変わらず。残念ながら、ツートンカラーは結果的に採用されなかった模様です。

370b5568b81307da60d2ae04385a5667
【2022】トヨタ新型アルファード フルモデルチェンジ最新情報まとめ!ヴェルファイアの販売終了は確定?発売日や次期デザインは?
【最新情報】トヨタ新型アルファードが2022年夏にもフルモデルチェンジへ!ただヴェルファイアは販売終了か?HVモデルはマイルドハイブリッドに格落ち?発売日,価格,次期デザインなどフルモデルチェンジ最新情報を徹底解説まとめ!

フルモデルチェンジ後はBMWにOEM供給か?

続いては「OEM供給」の噂。

トヨタ新型ランドクルーザー300系はBMWに供給されると報じたのがマガジンXの最新情報。

最近の自動車業界を見ても、トヨタとBMWの関係性は強まってる。既にBMW・Z4がトヨタにスープラとして供給されてるように、今度はトヨタ側がBMW側にOEM供給したとしても自然な流れ。新型ランドクルーザー300系を通して、まさに互恵関係が築かれる?

事実ラダーフレーム構造を採用した車種は輸入車でも少ない。BMWの最上級SUV「X7」でもモノコックフレーム構造。いくらBMWでもラダーフレーム構造のSUVを一から開発するのはお金と手間がかかる。まさに渡りに船というもの。

トヨタ新型ランドクルーザーはクーペSUV(SAC)などではないため、もしBMWにOEM供給されればさしずめ「BMW・X9」あたりを呼称する?

ちなみに、引き続きランドクルーザーと兄弟車となるレクサス次期LXのフルモデルチェンジも2021年末頃と言われてます。普通であれば発売時期は一年ほど遅れるんですが、ランクル本体の発売時期が何度も遅れてることが影響。

c777b0eb9cbb6adbeb4d528d70f5e1f7
【2021】レクサス新型LX フルモデルチェンジ最新情報まとめ【LX600】【発売日・次期デザイン・ハイブリッド化】
【最新情報】レクサス新型LXが2021年にフルモデルチェンジ確定!レクサス新型LXはフルモデルチェンジ後も「ラダーフレーム」は踏襲?LX600hの正体はツインターボマイルドハイブリッドか?レクサス新型LXの発売日や価格など徹底解説!

新型ランドクルーザー300系の安全装備は?

続いては安全装備の最新情報。

新型ランドクルーザー300系の安全装備は「次世代トヨタセーフティセンス」が標準搭載されます。

先代ランクル200系も人を検知する自動ブレーキや追従クルーズコントロールは備わっていたんですが、現行ランドクルーザーは電子プラットフォームも古いせいで全車速域にまで対応してなかった。ステアリング支援機能や誤発進抑制機能もなかった。

でも新型ランドクルーザー300系では、それら全てに対応してくれます。夜間でも人間を検知したり、自転車にも対応してくれる。ランドクルーザーは特に車高が高いSUVですから、自動ブレーキ機能の性能が高まることは大歓迎すべき。

他にも新型ランクル300系ではブラインドスポット警告、インテリジェントクリアランスソナー、パノラミックビューモニターなどが標準装備されます。改めて装備内容は後述しますが、やはり価格が価格だけあって新型ランクル300系は最新装備が充実してます。

e2ddccfa4e54c2487c1bcd70ff5a94eb
【2022】トヨタ新型シエンタ フルモデルチェンジ最新情報まとめ!安全装備は大幅に向上?発売日や次期デザインは?
【最新情報】トヨタ新型シエンタが2022年夏にフルモデルチェンジ確定?次期デザインや発売日は?新型シエンタの安全装備がようやく進化?

新型ランクル300系の盗難防止策は「指紋認証システム」

とりわけ注目したいのが盗難防止システム。

このランドクルーザーはとにかく「盗難」されることで有名な車種です。海外に転売されることも含めて、カーセンサーなどで調べても10年以上前の年式でも300万400万円の高値で売買されてるほど人気。まさに泥棒にとってはウマウマな車。

そこで新型ランドクルーザー300系では「指紋認証システム」が全グレードで標準装備される模様。プッシュ式スタートボタンを押す際に指紋を検知し、あらかじめ登録したユーザー以外はエンジンが始動しないようになるそう。

確かに今どきはスマホでも指紋認証システムは普及してる。自分のスマホも指紋で起動させてます。今まで高価な自動車で導入されてなかったのも不思議な話。特に車両価格が500万円600万円するランドクルーザーであればなおさら。

ハイエースも同様に盗難される被害が多いため、いずれ新型ランクル300系のように指紋認証システムが採用される日も近いかも知れない。言うて高価格な機能でもないでしょうから。次期ランドクルーザープラドにもきっと導入されそう。

3a145b1c801cd7bd114b1e6eafec1e3c
【2022】トヨタ新型ランドクルーザープラド フルモデルチェンジ最新情報まとめ!ハイブリッド化?発売日や次期デザインは?
【最新情報】トヨタ新型ランドクルーザープラドが2022年にフルモデルチェンジ確定!ハイブリッド化される?ラダーフレーム構造は?発売日,次期デザインなどフルモデルチェンジ最新情報を徹底解説まとめ!

新型300系の三列目シートはどないなる?

続いては三列目シートの機能の最新情報。ランドクルーザーは国内外含めて、数少ない三列目シートを用意したSUVでした。

今回のフルモデルチェンジで三列目シートは「床下収納式」に進化します。現行ランクル200系は跳ね上げ式を採用してる。ミニバン車だと割と多い仕組みなんですが、跳ね上げ式は名前の通り三列目シートをグイッと上げてサイドに左右に押しやる。

ただ低床設計のミニバンでも割と大変だったりするんですが、ランドクルーザー200系は最低地上高が220mmもある。アルファードと比べると6cm以上も高い。背が低いドライバーだと外から三列目シートを収納するのは大変なんですが、それが改善される。

でも床下収納式では三列目シートを格納した際、横幅の出っ張り部分が無くなるため、フルモデルチェンジ前より荷室幅も30cm以上広がる計算。新型ランドクルーザー300系をアウトドアなどで使用する際、使い勝手はわりかし向上してそう。

また三列目シートを床下収納式に変えたことで、リアゲートの構造も分割式から普通の一枚式に変わります。ランクル200系はセレナのリアゲートのように、上半分だけ開けることができました。だからいろいろ利便性や使い勝手が向上してます。

新型ランドクルーザー300系のグレード構成は?

続いてはグレード構成の最新情報。

トヨタ新型ランドクルーザー300系のグレード展開は下から「GX」「AX」「VX」「ZX」「GR-S」と合計5グレードになります。「GX」はいわゆる5人乗りモデル。それ以外は全て三列シート対応の8人乗りモデルになります。

まず「ZX」と「GRスポーツ(GR-S)」には電動サンルーフが標準装備されてます。いわゆる天井がガラス仕様というものなんですが、リモコンで開閉することも可能。それ以下のグレードではVXにメーカーオプションで付くだけ。

また本革巻ステアリングや専用のフロントマスクが標準装備。どっちも電動ハッチゲートが標準装備されますが、ハンズフリー機能を持つのはZXだけ。だからZXとGR-Sは足回りだけかと思いきや、他にも装備面の違いは多いです。

例えば、アルミホイールは「ZX」が20インチの高輝度塗装なのに対して、「GR-S」は18インチのつや消しグレー塗装。インチ数が違うのは、乗り心地の方向性の違いから?

内装面でもガーニッシュ部分は「ZX」がつや消し木目調に対して、「GR-S」はカーボン調だったりします。

○下位グレードと上位グレードの装備差がエグい

一方、真ん中の「VX」。ZXなどは前席後席で空調のベンチレーションが対応してるのに、VXは前席のみ。それ以下のグレードはベンチレーションすら備わりません。他にも「VX」は電動サンルーフや電動ハッチゲートはメーカーオプションで対応するのみ。

「VX」は電動パワーシートは前席にしか対応しておらず、それ以下のグレードはパワーシートはオプションですら対応してません。「ZX」と「GR-S」ではパワーシートは両席対応。

他にも「VX」以上はシート素材が本革に対して、それ以下はファブリック素材。トヨタ新型ランドクルーザー300系では、下位グレード(GXやAX)と上位グレード(ZXとGR-S)とは露骨な装備差があります。もし新型ランクル300系を購入するとしてもVX以上がデフォ?

新型ランドクルーザー300系の価格帯がヤバすぎw

続いては価格や値段の最新情報。

トヨタ新型ランドクルーザー300系の価格は先代比で50万~80万円以上の値上がりになりそう。プラットフォームを大胆に刷新し、これほど便利な最新装備が充実してることを踏まえると最大で+100万円以上の割高になる可能性も。

現行ランクル200系の価格はGXが482万円、AXが524万円、AXGセレが597万円、ZXが697万円だったので、そこに50~100万円ほど単純に増やすとしたら、トヨタ新型ランドクルーザー300系の価格帯は540~800万円ぐらいに落ち着きそう。

  • GX…540万円
  • AX…590万円
  • VX…690万円
  • ZX…780万円
  • GR-S…790万円

具体的にはこんな感じの価格帯を予想してみる。

実際、「GX(5人乗り)」の価格が540万円からという情報もあるようですが、少なくとも新型ランドクルーザー300系の価格は500万円を余裕で超えてくるはず。全体的にはもう少し割安になりそうな気もしますが、特にGRスポーツ(GR-S)の価格は800万円に迫る?

コメント

タイトルとURLをコピーしました