【2022】トヨタ新型アルファード フルモデルチェンジ最新情報まとめ!ヴェルファイアの販売終了は確定?発売日や次期デザインは?

トヨタの高級ミニバン車が「アルファード」と「ヴェルファイア」。既に高級ミニバンとして定着してますが、実は歴史はまだ10年20年足らず。それでもアルファード・ヴェルファイアの風格は高級輸入車に負けてない。

f9127836b56010e875ea563defed1a52 500x279

ベストカー2020年10月26日号 講談社

そこで今回カーギークでは「トヨタ新型アルファード・ヴェルファイアのフルモデルチェンジ最新情報」をまとめてみました。

発売日は2022年半ば頃か?

まずは「発売時期」の最新情報。

トヨタ新型アルファード・ヴェルファイアの発売時期は「2022年6月」と報じるのはベストカーの最新情報。一方、次期アルファードの発売時期を「2023年6月」と報じるのはマガジンXの最新情報。

だから発売時期の情報は流動的です。一応、次期ノア・ヴォクシーの発売した後から、新型アルファード・ヴェルファイアがフルモデルチェンジすると見られてます。同じミニバン車ということで、ノア・ヴォクシーの動向をチェックしておくと良さそう。

それでも2019年12月にアルファード・ヴェルファイアはビッグマイナーチェンジを施したばかりなので、2021年中のフルモデルチェンジは多分なさそう。2015年1月発売の現行アルヴェルは5年以上経過してるものの、途中でまた一部改良やマイチェンで延命を図りそう。

car-geek.com

ヴェルファイアは「販売終了」へ?

ただし、残念なお知らせ。

既に各自動車雑誌が報じてるように、アルファードは確実にフルモデルチェンジするんですが、どうやらヴェルファイアはフルモデルチェンジされない模様。つまり、「ヴェルファイアはモデルチェンジを機に販売終了する可能性」が高そう。

ヴェルファイアの方が人気のイメージがありましたが、実は近年ではアルファードが販売台数で上回ってる。当初は法人需要が多かったアルファードですが、デザインが一新されたことで一般ユーザーにも浸透。ヴェルファイアはクセが強すぎるのか知りませんが、このことも情報に真実味をもたらします。

またトヨタは数年前から「ラインナップの整理縮小」を行ってる最中。アイシスやウィッシュ、マークXなども販売終了して久しいですが、いくら日本では根強い人気ジャンルとは言え、さすがにミニバン車のラインナップが多すぎる。

そのためヴェルファイアに限らず、ノア・ヴォクシーもどちらかがフルモデルチェンジを機に販売終了する公算大とのこと。ただし、情報としてはまだ未確定。

car-geek.com

新型アルファードは「レクサスLM」と兄弟車になる?

その代わり、アルファードは「別の車種」が新たな兄弟車になりそう。

b725caa638672fa6afa3becd953da351 500x375

(レクサス新型LM)

それがレクサス新型LM」。レクサス新型LMは2019年の上海モーターショーで初お披露目された高級ミニバン車。価格はなんと2000万円超え。既に中国では発売されており、いずれ日本国内にも導入されるという噂があります。

実際、レクサス新型LMのサイドやリア周りを確認すると、特徴的なピラーやサイドウィンドウの形状などがほぼアルファードと同じ。レクサス特有のスピンドルグリルを除けば、ヘッドライトなどむしろ両者の違いを探す方が難しいほど。

トヨタ・ランドクルーザーとレクサス・LX」「トヨタランドクルーザープラドとレクサス・GX」といった関係性で考えると分かりやすいはず。でも次期アルファードのフルモデルチェンジは相当先の話なので、現行モデルの段階で両者は兄弟車として販売される可能性が高そう。

car-geek.com

「ミニバン用TNGAシャシー」に刷新?

続いては「プラットフォーム」の最新情報。新型アルファード・ヴェルファイアのシャシーはどうなるのか?

新型アルファードは「TNGA設計の新型プラットフォーム」に全面刷新されます。

既に海外では新型ハイエースはフルモデルチェンジを行っており、日本国内でも新型グランエースが2019年後半に発売されておりますが、このミニバン専用プラットフォームが次期アルファード(ヴェルファイアも?)に使用される形。

このプラットフォームではエンジンの搭載位置を下げることで、車体の重心も引き下げてる。そのことで操縦安定性が増し、ミニバン車らしからぬスポーティーな乗り味が体現されているとか。

実際、フルモデルチェンジ後は新型アルファードの「GRブランド」が発売される予定。ベースの車体の剛性感が高いのでGRMNなどはなく、簡易なGRスポーツの開発が進んでいるそう。

他には三列シートの居住性を高めるため、サスアームの取り付け位置などを最適化。フルモデルチェンジ後は更に室内が拡大してそう。またサスペンションのストローク幅を大きくし、路面に対する追従性が増すことで、三列シート目の乗り心地が改善してるとか。

このミニバン用TNGAプラットフォームは様々なサイズのミニバン車に柔軟に対応するために、車体の前半部分がTNGA設計で後半部分は別に設計されてるらしい。そのため新型アルファード以外にも、どうやら次期ノアなどにも流用されていく模様。

もしかすると次期シエンタあたりのプチバンにも応用されていく?

car-geek.com

「次期デザイン」は更にゴリゴリに?

続いては「次期デザイン」の最新情報。

8cef32c691e8bafef6530983cc2e7e0a 430x239

(ベストカー2018年11月10日号 講談社)

まず2018年に掲載されたベストカーの予想デザインがこちら。

7da2ea3123670bcf3477b4536e623d30

(ベストカー2019年7月10日号 講談社)

続いて2019年に掲載された新型アルファードの予想デザインがこちら。ここまで違うと笑います。他の自動車雑誌の予想デザインを見ても各社バラバラ。フルモデルチェンジは当分先の話なので、さすがに現時点での確定情報はない模様。

f9127836b56010e875ea563defed1a52 500x279

ベストカー2020年10月26日号 講談社

それでも2020年後半時点での最新版の予想デザインを見ておくと、ヘッドライトを筆頭に「一貫性」も確認できます。もしかすると何かしらのリーク情報を元に描かれている可能性はありそう。

一応、各自動車メディアで共通してるのは「フロントグリルが更に巨大化する」「更にゴリゴリになる」といった内容。確かに現行アルファードのアイコンのグリルや特徴的なサイドピラーなど、引き続きキープコンセプトの部分は多そうです。

ただし、最近の主流は「脱ゴリゴリ」。軽自動車から高級車まで、最近の各自動車メーカーはメッキパーツを多用しない傾向にある。レクサス新型LMとの対比を考えると、次期アルファードの顔付きはメッキ感を薄める可能性も高そう。

ちなみに販売終了しそうなヴェルファイアの穴を埋めるため、新型アルファードには「カスタム系」「エアロ系」のグレードが新たに設定される可能性も指摘されてる。仮に予想デザインのようなモデルが発売されるとしても、おそらくカスタム系に限られそう。

car-geek.com

新型アルヴェルの「搭載エンジン」はどうなる?

続いては「パワートレイン」の最新情報。一応改めて確認しておくと、現行アルファードとヴェルファイアの搭載エンジンは「2500cc直4ハイブリッド&ガソリンエンジン」と「3500ccV6エンジン」の3モデル。

結論から言うと、トヨタ新型アルファードの搭載エンジンは「2.5L直4ハイブリッド」「2.4L直4ターボ(T24A型)」が取り沙汰されております。

つまり、現行アルファードに搭載されてる3.5L V6エンジンは消える可能性が高いです。新型アルファードの試乗レビューでも触れてますが、やはり3.5L V6の走りの風格は格別。そのため個人的にも残念ですが、これも時代の流れというやつでしょう。

その代わり、後者の「2.4L直4ターボ」に換装されます。パワフルさは期待して良さそう。

一方、前者の「2.5L直4ハイブリッド(A25A-FXS)」は既にハリアーやRAV4などに搭載されており、スペックはエンジンが178PS/22.5kgm。電気モーターが120PS/20.6kgm。次期アルファードでは「2WD(FF)」にもハイブリッドモデルが設定されるはず。

おそらく2.5L直4ガソリン(A25A-FKS)も発売されるはずですが、どちらもTNGA設計のもとで開発された「ダイナミックフォースエンジン」と呼ばれる次世代エンジン。新型クラウンなど高級セダン車に投入されてるだけあって、走りは非常に力強くてなめらか。静粛性も高い。

現行アルファードなどに搭載されてる従来の「2AR-FXE型」などと比べて、VVT-iEを搭載することで燃費性能や加速性能が増してるのが特徴。

新型アルファードは「マイルドハイブリッド」に退化?

一方、次期アルファードに関して不穏な情報を伝えるのがマガジンX。

どうやら次のフルモデルチェンジを機に、2モーター式のハイブリッド機構が「1モーター式」の簡易的なハイブリッド機構に置き換わるとのこと。いわゆるマイルドハイブリッドシステム。具体的には2.4Lターボと変速機の間に簡易モーターを組み込むとのこと。

ただし、マイルドHVは電気モーターで発電することなどはできないため、さながら退化。

でも、アルファード・ヴェルファイアはLクラスミニバン。とにかく車重が重い。電気モーターで燃費性能を高めるとしても、本音を言えばPHEV以上が最適。トヨタが得意とするシリーズ式ハイブリッドは中途半端感は否めない。

実際、2021年以降にフルモデルチェンジを予定してる、トヨタ新型ランドクルーザーも同様にマイルドハイブリッド化が取り沙汰されてる。やはりサイズが大きい新型アルファードも同様の道を歩む可能性がありそう。

あとは「価格」の問題も大きそう。やはりアルファードやヴェルファイアは価格帯がもともと割高。ハイブリッドモデルは最低でも450万円を超えてくる。実際問題、アルヴェルのHVモデルは売れてない。

そのため簡素なマイルドハイブリッドシステムで価格を引き下げて、ガソリン車の価格に近付けば購入したい人が増えるはず。だから「新型アルファードがマイルドハイブリッド化する説」は十分考えられると思います。

結局、新型アルファードPHEVは発売されるのか?

一方、「プラグインハイブリッド(PHEV)」はどうなるのか?

トヨタは2030年までに新車販売の大半を「電動車」にすると公言済み。そこにはMIRAIのような燃料電池車が含まれるものの、やはり今後はプラグインハイブリッド車がメインになると考えるのが自然でしょう。実際、新型アルファードに「PHEVモデル」が投入されるとかねてから噂されてる。

ただし、現状だと「新型アルファードPHEV」に関する情報は少ない。高級車との相性は決して悪くないのでいずれPHEVモデルは投入されると思いますが、次のフルモデルチェンジではなさそう。むしろマイルドHVで電動化度合いが薄まるぐらいですから。

一応、トヨタ新型エスティマが復活する際に「完全なPHEVミニバン車」として発売される…みたいな情報はあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました