【最新情報】レクサス新型IS フルモデルチェンジ2020まとめ

最近、レクサス車はLSなどをフルモデルチェンジし、様々なラインナップにテコ入れを図っております。今年2018年にはレクサス新型UXなるコンパクトSUVやレクサス・ESなどが復活する予定。

ただ気になるのがレクサス・ISの存在。レクサスでは手頃なミドルクラスセダンとして2013年5月に販売されましたが、2018年現在いささか車体の古さも目立っております。特にトヨタはTNGAと呼ばれる優秀なプラットフォームも開発済み。

そこで今回カーギークではレクサス新型ISのフルモデルチェンジ情報をまとめたいと思います。いつ頃ISはTNGAに刷新されるのか?そもそも新型ISはフルモデルチェンジするのか?次期モデルは開発されてるのか?なども含めてチェックしてみましょう。

レクサス新型ISのフルモデルチェンジ時期は2019年以降?

まずレクサス新型ISのフルモデルチェンジするタイミング。要するに次期型モデルの発売時期。

(カートップ1月号 交通タイムス社)

自動車雑誌「カートップ」によると、レクサス新型ISは2019年以降にフルモデルチェンジするらしい。試乗記こそ役に立つ自動車雑誌ではありますが、レクサス関係者に取材しているためそれなりに一定の確度は高そう。

一方、2018年にはレクサス新型UXレクサス新型ESが日本国内では立て続けに販売されるため、2019年は休んで間を開けて2020年以降にフルモデルチェンジすると見るのがマガジンX。

ただ確たる証拠が記事からは読み取れないので、カートップが報じてるように2019年にフルモデルチェンジする可能性も十分ありそう。2019年にレクサスGSが販売終了されるため、それと置き換わるように新型ISがフルモデルチェンジすると考えるのが自然か。

レクサス新型ISはGSを超える車体サイズに拡大?

続いてフルモデルチェンジで新型ISはどう変わるのか?

レクサス新型ISのプラットフォームは新型LSやLCに用いられているものを使用。そのため新型ISの車体サイズ拡大は確実。具体的にはホイールベースは2870mmとフルモデルチェンジ後は7cmほど伸長。

新型ISの最小回転半径も1メートルほど拡大して、レクサス現行GSを上回るカタチ。ただ前述のように現行GSは2019年に販売終了することは確定済みのため、逆に考えればレクサス新型ISがそれだけフルモデルチェンジする可能性は高い証拠。

ただ新型ISは先日フルモデルチェンジした次期クラウンのFR用「GA-Lプラットフォーム」のナロー版を搭載するという情報もあるなど、まだまだフルモデルチェンジ情報は右往左往してる状態か。

フルモデルチェンジ後は2.4Lにダウンサイジング?

そして注目はレクサス新型ISのパワートレイン。

結論から書くと、レクサス新型ISはフルモデルチェンジ後に「2.4L直4ターボエンジン」にダウンサイジングされる予定。現行ISには3.5L V6エンジンはフルモデルチェンジ後は消滅しそう。

ただ一方で現行ISは2.0L直4ターボも搭載しているため、こちらもどうやらフルモデルチェンジ後には消滅しそう。そのためダウンサイジングというよりも、新型ISは「2.4L直4ターボエンジン」にエンジンが統一されると考えた方が分かりやすいか。

また新型ISハイブリッドのエンジン排気量は2500ccのまま変わらずですが、中身はTNGA向けに開発された「ダイナミックフォースエンジン(A25型)」に換装されます。パワフルかつ低燃費。

ちなみに2020年のフルモデルチェンジ後に復活する予定の「IS-F」には4.0L V8ツインターボエンジンが採用されるとのこと。そのためレクサス新型ISはフルモデルチェンジによって走りは劇的にスポーティーに仕上がりそう。

ただ2.4Lではなく2.5L直4ターボ、V8ではなくV6エンジンなど情報は錯綜中。

【予想】フルモデルチェンジ後の新型ISのデザインはどうなる?

最後はレクサス新型ISの外観デザイン。結論から書くと、フルモデルチェンジ後もキープコンセプト。他のレクサス車と同じく、共通の雰囲気は現行ISから引き続き踏襲されそう。

(レクサス新型UX)

ただレクサス新型ISは新型UXのような雰囲気に仕上がると見る自動車雑誌も存在します。フロントノーズは前述の「IS-F」のV8エンジンを配置するために、SUVのように若干分厚く設計されてる。

もちろん新型ISはもっとシャープで清潭なルックスに仕上がると思いますが、サイドのプレスラインはより強調され、フルモデルチェンジ後はクーペライク感が増すと言われております。新型ISのデザインは良くも悪くもハズレはないでしょう。

フォローする