【2022】スバル新型インプレッサ フルモデルチェンジ最新情報まとめ!発売日や安全装備は?1.5Lターボ搭載?次期G4は販売終了?

スバルの主力車種が「インプレッサ」。海外ではフォレスターが人気ですが、日本では価格帯やサイズ感の手頃さもあってインプレッサ(特に派生車種のXV)が売れております。

950873122d6b751c2af55718fca02e9a 500x248

(ベストカー/講談社)

そこで今回カーギークでは「スバル新型インプレッサのフルモデルチェンジ最新情報」を徹底的に解説したいと思います。

発売日は2022年10月頃?

まずは「発売日」の最新情報。

スバル新型インプレッサの発売時期は2022年10月頃と見られています。現行インプレッサは2016年10月に発売されているため、今回のモデル周期は6年程度。2016年は割と最近の話にも思えますが、月日の流れは早いもんです。

現行インプレッサは2020年10月に一部改良したばかりですが、現状としては既にモデル末期に該当します。いつフルモデルチェンジしてもおかしくない。

ちなみにインプレッサがベースの「XV」ですが、次期XVはインプレッサと決別して独自モデルとして歩む可能性も指摘されてます。そのため新型インプレッサの翌年に、次期XVが発売するとは限らない?

car-geek.com

インプレッサG4は販売終了?

一方、スバル次期レガシィはセダン車のB4は引き続きラインナップされませんが、次期インプレッサG4はどうやらフルモデルチェンジ後も販売される見通しです。

新型インプレッサのフルモデルチェンジ情報は現状少ないので鵜呑みは禁物ですが、今の所インプレッサG4が販売終了するという情報はありません。

ただし現行インプレッサ同様、STIスポーツの設定などグレード展開の多さではインプレッサスポーツが優遇されそう。フルモデルチェンジ後もインプレッサスポーツがメインになるはず。

car-geek.com

1.5Lターボにダウンサイジング?

続いては「パワートレイン」の最新情報。

スバル新型インプレッサの搭載エンジンは「1.5Lターボエンジン」に進化しそうです。現行インプレッサには1.6Lエンジンと2.0Lエンジンが搭載されてますが、フルモデルチェンジ後はそれぞれ消えそう。一応、ベストカーの最新情報では残るという説も。

ただスバルは「2021年までにターボエンジンの搭載比率を8割まで引き上げる」と公言してるため、2022年発売の新型インプレッサもターボ化は必至。スバルが開発した新型ターボエンジンの排気量は「1.5L」「1.8L」「2.4L」の合計3種類。

インプレッサの車格を考えると、やはり1.5Lターボエンジンの一択と考えられるはずです。いずれトヨタのハイブリッド機構と組み合わされる可能性も?

car-geek.com

安全装備はアイサイトXに進化するが…

続いては「安全装備」の最新情報。

スバル新型インプレッサの安全装備は2020年に新型レヴォーグに初めて搭載された「アイサイトX」に進化します。ハンズオフで半自動運転も可能な代物。次期インプレッサではレベル3の自動運転が初搭載というの噂もあります。

確かに現行インプレッサが発売された際も「歩行者エアバッグ」をスバルで初めて標準搭載するなど、安全装備の面でも大きな話題を呼びました。ホンダ・レジェンドで初めて実現されたレベル3並の自動運転を、次期インプレッサに初搭載してもおかしくはないか。

ただし、新型インプレッサも「アイサイトXが標準装備されることはない」と思います。レヴォーグですらそうであったように、「アイサイトX搭載のグレード」と「現行アイサイト3を引き続き搭載するグレード」に最低でも分けられるはず。

car-geek.com

次期デザインはどうなる?

続いてはデザインの最新情報。

950873122d6b751c2af55718fca02e9a 500x248

ベストカー/講談社

新型インプレッサの次期デザインは、基本的にキープコンセプトになりそう。ただ全体的に立体感やらラギッド感は増しそう。例えばヘッドライトも「コの字型」が強調されるはず。

b8b4bf367402e6c5bf0ce7f8aa482e11 500x263

スバル新型WRX

新型インプレッサのデザインとして参考になるのは、一足先にフルモデルチェンジする次期WRX。フェンダーアーチモールやフロントバンパーなど、かなりブイブイいわせてるデザインですが、新型インプレッサの基本デザインはこれに近くなりそう。

現行レヴォーグの雰囲気も参考になりますが、最近のスバル車はどんどん悪目立ちしたデザインが増えてるため、新型インプレッサももう少しエッヂが効いたデザインに仕上がるに違いない。。

ちなみに、新型インプレッサのプラットフォームは第2世代のSGPに進化します。フルインナーフレーム構造を採用することで、更に車体の剛性感は高まります。

新型インプレッサの価格帯は300万円超え?

続いては価格の最新情報。インプレッサスポーツとG4の値段は基本的に同じはず。

結論から言うと、新型インプレッサの価格帯は2WDが215~245万円前後4WDモデルは更に+30万円前後の245~275万円前後と予想してみる。STIスポーツも引き続き設定されるとしたら、その価格は265~305万円前後になるか。

一方、アイサイトX搭載グレード(EX)は12.3インチの超巨大ディスプレイなども付いてくるため+40万円ほど加算されるので、2WDは260~285万円前後、4WDは285~315万円前後になるとそれぞれ予想してみる。

もし1.5Lターボエンジンのみに集約されると仮定すると、現行インプレッサの1.6Lと2.0Lの値段の中間ぐらいに収まるはず。そのため新型インプレッサの価格帯はそれなりに割高になると思いますが、それでも現行2.0Lの値段を大きく超える可能性も低そう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました