【最新情報】スバル新型レヴォーグ フルモデルチェンジまとめ【2019】【2020】

今回カーギークで取り上げる自動車がスバル・レヴォーグ

レヴォーグといえば、2014年6月に発売されたスポーティーなステーションワゴン。1.6L直噴ターボを搭載し、初めてアイサイト3が採用されたことで話題。しかも日本国内でしか販売されていない専売車というのも大きな話題を呼びました。

ただレヴォーグも発売されてからそろそろ4年目。今でも平均月販台数は2000台前後と堅調ではあるものの、いささか古さも目立ってまいりました。特にプラットフォーム。何故なら先代インプレッサのシャシーを採用したままだから。

既に、2016年にフルモデルチェンジしたインプレッサから投入された「SGP」の評判の高さを考えると尚更、新型レヴォーグの次の展開が気にならないと言えばウソになるでしょう。

(カートップ4月号 交通タイムス社)

そこで今回カーギークではスバル新型レヴォーグのフルモデルチェンジ情報をまとめたいと思います。果たして次期レヴォーグは相変わらず国内専売車なのか?はたまたレヴォーグは世界に羽ばたくことはあるんでしょうか?

次期レヴォーグは2020年にフルモデルチェンジ?

まずはスバル次期レヴォーグの発売時期。フルモデルチェンジのタイミングを知らなきゃ何も始まらないってもんですよ。

結論から書くと、スバル次期レヴォーグの発売時期は2019年以降と各自動車雑誌などでは予想されます。もしかすると現行レヴォーグと同様に、スバル新型WRXのフルモデルチェンジとそう発売時期は変わらないかも。

ただレヴォーグのフルモデルチェンジ時期はかなり漠然してる、と表現してしまっていいでしょう。正直、新型レヴォーグのフルモデルチェンジ時期は判明してないに等しい。じゃあ記事になんてするなって話ですが、一応次期モデルの発売時期を占うことは可能。

(スバルVIZIVツアラーコンセプト)

何故なら、既に2018年3月に開催されるジュネーブモーターショーにおいて、新型レヴォーグのコンセプトカー「ヴィジヴツアラーコンセプト」が登場済み。この次期レヴォーグのコンセプトカーに対して、スバル公式は重大なことを予言してる。

具体的には「SUBARUが2020年頃に実現を見込む高度運転支援技術を、(中略)、SUBARUならではの安心で愉しいツアラー像を表現」という発表。どうやら次期モデルでも「最新自動ブレーキ(アイサイト4)」とレヴォーグはセット販売される可能性が高い。

つまり、新型レヴォーグのフルモデルチェンジは2020年を超える可能性があると予想するのが自然かも知れない。

今年2018年初夏には新型フォレスターのフルモデルチェンジが行われ、翌年の2019年にも他のスバル車がフルモデルチェンジされそう。そう考えていくと、次期レヴォーグは消去法的に2020年の発売になるか。

新型レヴォーグはフルモデルチェンジで「SGP」に進化!!

ただスバル次期レヴォーグの情報はほとんど判明してません。

でも少なくとも次期レヴォーグのプラットフォームが「SGP」に進化することは間違いないはず。インプレッサですら評判が高かったため、フルモデルチェンジ後のレヴォーグの走りは推して知るべしでありましょう。

(スバルVIZIVツアラーコンセプト)

スバル次期レヴォーグのデザインに関しては、先程のモーターショーに出品されたコンセプトカーを参考にすれば、こんなデザインに近付くんだろうと想像されます。スバル新型フォレスター然り、意外とこのまま発売されることも少ないない。

マガジンXのフルモデルチェンジ記事では「スバルらしからぬセクシーなデザインに仕上がっていた」と高評価。そこまで次期レヴォーグの市販車版と雰囲気は大きく変わらないと思います。

ただ画像のVIZIVツアラーコンセプトの主要諸元は、4775×1930×1435mm(全長×全幅×全高)といかにもコンセプト感満載。そのためこのまま市販される可能性は低そうですが、フルモデルチェンジ後のレヴォーグは車体サイズの拡幅が図られそう。

新型レヴォーグはフルモデルチェンジ後に世界へ羽ばたく!

この理由は至ってシンプル。

スバル新型レヴォーグは国内専売車から脱皮して、ついにフルモデルチェンジ後は世界展開が予定されているから。そのため新型レヴォーグのコンセプトカーが海外のモーターショーで先駆けて発表されたことにも合点がいきます。

スバルはアメリカではフォレスターを筆頭に大人気。ただ世界のSUVブームに乗ってるだけとも言えます。そこで次期レヴォーグはステーションワゴンタイプが人気のヨーロッパなど、アメリカ以外の国でも売っていこうと考えているらしい。

軽自動車を筆頭に、日本国内だけで生産販売していると元は取れにくい。新型レヴォーグがもし世界的にヒットすれば、その分だけレヴォーグは今以上にコスト面で有利に働く。正直現行レヴォーグは割高感がある。そこらへんがフルモデルチェンジ後は解消される可能性も。

スバル新型レヴォーグは何のエンジンを搭載されそう?

フルモデルチェンジ後の搭載エンジンも不明。新型レヴォーグは現行1.6Lターボをそのまま搭載するのか、またその改良版を搭載するのかは不明。

ただスバルは今後新開発の「1.5Lターボ」「1.8Lターボ」「2.4Lターボ」を投入していくことを明言済み。やはり詳細は不明ではあるものの排気量だけ見るなら、フルモデルチェンジ後の可能性として一番高そうなのは「新型1.5Lターボエンジンへの換装」か。

フルモデルチェンジ後の新型レヴォーグはどうやら海外展開も視野に入ってるのか、もし更にスポーティーなツアラーに仕上げるつもりであれば、次期レヴォーグに新型1.8Lターボエンジンの搭載もありえそうです。

様々なエンジンを搭載した方が減価償却の点でスバルにもメリットはあるし、色んな選択肢が増える点でも消費者のメリットにもなる。エンジンの評価や評判は分からない段階であれこれ言うのも変ですが、新型レヴォーグのフルモデルチェンジを今から心待ちしたいと思います。

フォローする