【2020】スバル新型レヴォーグ フルモデルチェンジ最新情報まとめ【発売時期etc】

スバル・レヴォーグは2014年6月に発売されたスポーティーなステーションワゴン。1.6L直噴ターボを搭載し、初めて「アイサイト3」が採用されたことで話題になりました。しかも国内専売車という点も、レヴォーグは車好きの心を動かしました。

ただ、スバル・レヴォーグも発売されてから4年目に突入。

今でも平均月販台数は2000台前後と堅調ではあるものの、いささか車体の古さも目立ってまいりました。特にスバルは「SGP」と呼ばれるプラットフォームを投入しており、新型レヴォーグにも早う…と誰もが気になっているはず。

(カートップ4月号 交通タイムス社)

そこで今回カーギークではスバル新型レヴォーグのフルモデルチェンジ情報を解説していこうと思います。果たして次期レヴォーグはいつ頃フルモデルチェンジするのか?相変わらず新型レヴォーグは国内専売車なのか?

次期モデルの最新情報をまとめてみました。

【最新情報】次期レヴォーグは2020年にフルモデルチェンジ?

まずはスバル次期レヴォーグの「発売時期」。できれば今すぐにでもフルモデルチェンジして欲しいユーザーも多いか。

さっそく結論から書くと、スバル新型レヴォーグの発売時期は2020年頃と各自動車雑誌などでは予想されております。何故なら、スバルは「一年に一台のペースで新型車(フルモデルチェンジ込み)を投入する」と公言済みだから。

来年2019年には新型レガシィがフルモデルチェンジする可能性が高いと言われており、今年2018年は既に新型フォレスターがフルモデルチェンジしたのは周知の事実。そのため順番的に次期レヴォーグがフルモデルチェンジするとしたら2020年以降まで遅れる可能性が高い。

(スバルVIZIVツアラーコンセプト)

既に2018年3月に開催されるジュネーブモーターショーにおいて、新型レヴォーグのコンセプトカー「ヴィジヴツアラーコンセプト」が登場済み。そのため新型レヴォーグのフルモデルチェンジが大きく遅れることはなさそう。

また次期レヴォーグのコンセプトカーのお披露目時に、スバルは重大なことを公式発表してる。

それが「SUBARUが2020年頃に実現を見込む高度運転支援技術を、(中略)、SUBARUならではの安心で愉しいツアラー像を表現」。高度運転支援システムとは、いわゆるアイサイトのこと。

普通に予想すれば、次期レヴォーグでも「アイサイト4(最新自動ブレーキ)」がセット販売される可能性が高い。ただアイサイト4の開発は順調ではないと言った情報も流れており、今年来年に完成する可能性はどうやら低そう

だから消去法的に発売時期を予想すると、やはりスバル新型レヴォーグは2020年頃にフルモデルチェンジする可能性が高そうです。

【フルモデルチェンジ】新型レヴォーグのデザイン予想

続いては新型レヴォーグの「次期デザイン予想」。

(スバルVIZIVツアラーコンセプト)

先程のモーターショーに出品されたコンセプトカーを参考にすると、スバル新型レヴォーグの次期デザインはまさに「画像そのまま」に近付くと容易に想像されます。実際、スバル新型フォレスター然り、スバル車は意外とこのまま発売されることも少ないない。

例えば、マガジンXのフルモデルチェンジ情報でも「スバルらしからぬセクシーなデザインに仕上がっていた」とコンセプトモデルを高評価。そのためカーギークでも次期レヴォーグの市販車版デザインとやはり雰囲気は大きく変わらないと予想。

画像のVIZIVツアラーコンセプトの主要諸元が4775×1930×1435mm(全長×全幅×全高)と、車体サイズがかなり大きめ。いかにもコンセプト感満載のため、このまま市販される可能性は低い?と思いきや、答えはNO。

どうやら今回のフルモデルチェンジで、新型レヴォーグは車体サイズの拡幅が図られそう。

ちなみに、スバル新型レヴォーグは今回のフルモデルチェンジでプラットフォームが「SGP」に進化することは確実。インプレッサですら評判が高かったため、フルモデルチェンジ後のレヴォーグの走りは推して知るべしでありましょう。

新型レヴォーグはフルモデルチェンジで世界へ羽ばたく!

この理由は至ってシンプル。

実はスバル新型レヴォーグは国内専売車から脱皮して、ついにフルモデルチェンジ後は世界展開が予定されているから。そのため前述の新型レヴォーグのコンセプトカーが海外のモーターショーで先駆けて発表されたことにも合点がいきます。

要するに、新型レヴォーグは「海外基準のサイズに拡大」される。例えばメルセデスベンツ・CクラスやBMW・3シリーズのステーションワゴンタイプあたりを次期レヴォーグのライバルに設定しているそう。

だから新型レヴォーグの内外装はドイツ車に負けないほど質感をアップさせてみたり、フルモデルチェンジ後には電動開閉ハッチゲートや全席シートヒーターを標準装備するなど、かなり商品力を向上させてくるとのこと。

スバルはアメリカではフォレスターを筆頭に大人気。年単位ではなく、月単位で数万台を販売してる。ただ世界的なSUVブームに乗っかってるだけとも言えます。現状スバルの販売状況はかなり歪。

そこでスバルは次期レヴォーグをステーションワゴンタイプが人気のヨーロッパなどでヒットさせるなどして、アメリカ以外の国でも販売台数を増やしていこうと考えてる。まさに、その命運を握ってる重大なフルモデルチェンジ。

やはり軽自動車を筆頭に、日本国内だけで生産販売してると元は取れない。新型レヴォーグがもし世界的にヒットすれば、その分だけレヴォーグは今以上にコスト面で有利に働く。現行モデルですら割高感があるものの、新型レヴォーグの売れ行き次第で意外と解消される可能性も。

スバル新型レヴォーグは何のエンジンを搭載されそう?

最後のフルモデルチェンジ情報は「搭載エンジン」。

現状でもめぼしい情報は少なく、新型レヴォーグは現行1.6Lターボをそのまま搭載するのか、またその改良版を搭載するのかは不明。ただスバルは今後新開発の「1.5L直噴ターボ」「1.8L直噴ターボ」「2.4L直噴ターボ」を投入していくことを明言済み。

そのためカーギークでは「新型1.5Lターボエンジンへの換装」「海外展開も視野に入ってるなら次期レヴォーグに新型1.8Lターボエンジンの搭載もありえそう」などと新型レヴォーグの搭載エンジンを予想しました。

ただマガジンXのフルモデルチェンジ情報によれば、どうやら新型レヴォーグの搭載エンジンは「1.8L直噴ターボがメイン(180PS)」になりそうとのこと。また次期レヴォーグにもハイパフォーマンスモデルも設定され、それには2.4L直噴ターボ(270PS)が設定されるらしい。

要するに新型レヴォーグは車体サイズも含めて、フルモデルチェンジ後の方向性は「アップサイジング」とまとめることができそう。そのため「事実上レガシィツーリングワゴンの再来」というマガジンXの表現もむべなるかな。

ちなみに新型レヴォーグの発売前後にフルモデルチェンジすると言われてるのがレガシィとWRX。もし興味があればスバル新型レガシィフルモデルチェンジ最新情報スバル新型WRXフルモデルチェンジ最新情報なども参照。

フォローする