【最新情報】ホンダ新型フィット フルモデルチェンジまとめ【2019】

ホンダ・フィットは2001年に発売されて以来、爆発的にヒットしたコンパクトカーとして知られています。2010年からはハイブリッドモデルが投入されるなど、更に人気に拍車がかかりました。

ただ最近2018年4月の販売台数を見ると、フィットはハイブリッドも合わせて6500台前後。4月はそこまで売れないとは言え、トヨタ新型アクアの販売台数が9500台であり、ホンダの主力車種として考えるといささか物足りない。

つまり、今のフィットに求められるのは大掛かりなフルモデルチェンジではないか!

そこで今回カーギークではホンダ新型フィットのフルモデルチェンジ最新情報をまとめたいと思います。果たして新型フィットはフルモデルチェンジで挽回することが可能なのか?果たしていつ頃発売するのか?

ホンダ新型フィットの発売時期は2019年後半?

まずフルモデルチェンジ情報といえば「発売時期」。新しくクルマを買い替えた直後にフルモデルチェンジしちゃったら泣くに泣けない。

結論から書くと、ホンダ新型フィットの発売時期は2019年中頃から後半頃と見られています。フルモデルチェンジ情報に定評がある自動車雑誌などを読めば、新型フィットの発売時期を2019年に見ているメディアが多め。

2013年10月に現行フィットが発売されたので約6年後。これまでのフィットのモデル周期を考えると、まさにドンピシャのタイミングでのフルモデルチェンジ。少なくとも今年2018年にフルモデルチェンジする可能性は低そう。

【新型フィット】ガソリン車の目玉は「1.0L直3ターボ」

まずガソリン車に関するフルモデルチェンジ情報の目玉からチェック。

ホンダ新型フィットは今回のフルモデルチェンジで「1.0L直3ターボエンジン」が搭載される可能性が高い。

1.3L直3NAエンジンがお役御免になるのか、はたまたフィットRSなどスポーティーグレードに搭載されるかは不明なものの、スペック的には非常に高性能(129PS/20.5kgm)と言われてる。

確かにホンダはステップワゴンなどダウンサイジングに最初に力を入れた自動車メーカーでもあるため、このフルモデルチェンジ情報の確度は決して低くはないとカーギークでも考えます。

既にフォルクスワーゲン新型ポロやスズキ新型スイフトなど1.0L直3ターボエンジンを搭載しており、それぞれの走りの評判は高い。ホンダ新型フィットがフルモデルチェンジでダウンサイジングしても、ユーザーは受け入れてくれるはず。

ハイブリッドはフルモデルチェンジで「i-MMD」に大幅進化!www

続いて、新型フィットハイブリッドの情報をチェック。特にフルモデルチェンジの最大の目玉になると考えます。

結論から書いちゃうと、ホンダ新型フィットハイブリッドは「i-MMD」に大幅に進化します。現行フィットハイブリッドはi-DCDという1モーター式は、フルモデルチェンジ後は2モーター式のハイブリッドシステムに刷新。

エンジンで発電して、電気モーターのみで走行するという仕組みを導入し、いわゆる「シリーズハイブリッド」などと呼ばれるもの。そのためフルモデルチェンジ後は走りも実燃費も歴然と向上するはず。

実際、この「i-MMD」はホンダ新型ステップワゴンにも少し前に導入されましたが、非常に試乗の評判などがよろしい。ミドルクラスミニバンでもステップワゴンハイブリッドはまさにトップクラスの走りを誇る。

○新型フィットハイブリッドに組み合わされるのは1.5Lエンジン

もちろんミドルクラスミニバンのハイブリッドシステムを、そのままコンパクトなフィットに移すのかと言うと、答えはNO。

何故なら、ステップワゴンの場合、2.0Lガソリンエンジンを使用しているから。フィットはあくまでコンパクトカー。さすがに排気量や自動車税などの面で維持費の負担増やエンジンフードに収める点などで考えても、むしろデメリットが多そう。

そこでホンダ新型フィットハイブリッドに使われるエンジンは1.5Lエンジン。

これはいよいよ再び発売される予定の「ホンダ新型インサイト」の仕組みをほぼ採用するのではないかと、カーギークでは予想。価格面などを考えたら、新型フィットハイブリッドはパワーダウンなどは図られそうですが、2019年のフルモデルチェンジでは相当進化しそう。

ちなみに、ホンダ新型ヴェゼルのフルモデルチェンジでも「i-MMD」に刷新される予定であり、今後ホンダのハイブリッドは全て「i-MMD」に置き換わる予定。2019年以降のホンダは新型フィットを含めて、再び新車販売で盛り上がってくる可能性が高そう。

【予想】ホンダ新型フィットの価格はどうなる?【フルモデルチェンジまとめ】

現時点でフルモデルチェンジ後のホンダ新型フィットの価格は不明。

一応、自動車サイトなどでは「新型フィットの価格は現行モデルと変わらない」とするところもあります。

ただ前述の通り、エンジンなどは大幅に刷新される予定。特にハイブリッドに至っては言わずもがな。1モーター→2モーターに進化してるにも関わらず、ホンダ新型フィットの価格が据え置きになるはずがない、とカーギークでは断言しておきます。

ってことで最後は新型フィットの価格を予想して、今回のフルモデルチェンジ記事を終わりたいと思います。

○新型フィットの価格や値段は最大+30万円ほど割高?

結論から書くと、新型フィットのガソリン車の価格は140万~190万円ハイブリッド車の価格は190~230万円ぐらいに収まると予想。

まず1.0L直3ターボの価格は正直不明。でも1.5Lターボが搭載されたステップワゴンの価格を見ると、正直割安感はゼロ。そのため頑張って据え置き価格程度であり、少なくとも新型フィットガソリンは多少の値上がりは避けられないでしょう。

一方、新型フィットハイブリッドの価格は大幅に値上がり。実際ステップワゴンハイブリッドの価格帯は相当な割高感がある。よって新型フィットハイブリッドも+数十万円ほどの値上がりは避けられないはず。

仮に据え置き価格に収まるとしても、相当装備を外した客寄せパンダグレードが設置される程度でしょう。ただ新型フィットハイブリッドのライバル・ノートe-POWERの価格帯も考慮すると、ホンダも価格帯を必死に抑えてくるとは考えられます。