【2020】マツダ新型MAZDA2 フルモデルチェンジ最新情報まとめ【次期デミオ】【発売日】【ロータリーハイブリッド】

2019年9月12日にマツダ新型デミオがマイナーチェンジ。これに合わせてデミオの車名は「MAZDA2(マツダツー)」に改名されました。実は海外ではデミオ名で販売されてなかった。でも今回から世界共通のMAZDA2に統一される。

ただし、MAZDA2の中身は言っても「デミオ」のまま。今回のマイナーチェンジで内外装は少しテコ入れされてるものの、基本性能は何度か改良はされてるものの2014年9月の発売以来ほぼ変わらない。

b6dc9d917407e3405f7c3b74f130045e 500x358

そこで今回カーギークでは「マツダ新型MAZDA2フルモデルチェンジ最新情報」をさっそく徹底解説したいと思います。まだMAZDA2の車名に慣れてない人も多そうですが、いわば「次期デミオ」はどう進化するのか?

デミオがフルモデルチェンジ前に「MAZDA2」に改名した理由

まずは「デミオが何故MAZDA2に改名されたのか?」を簡単におさらい。

当初カーギークではいずれデミオも海外名のMAZDA2に改名されると予想してたんですが、あくまでMAZDA3と同様に「フルモデルチェンジと同じタイミング」と予想してました。他の自動車メディアも同様。

何故なら、アクセラがフルモデルチェンジの際に新型MAZDA3に改名した直後に、デミオも似たような「MAZDA2」に改名したら消費者が混乱しそうだから。既にアテンザもMAZDA6に改名しており、非常にややこしい。

やはりMAZDA3などの消費者の認知を徐々に広げてから、デミオもMAZDA2に改名した方が無難のはず…と誰もが考えたはず。ましてやアクセラのブランド力は微妙だったにしても、デミオの知名度は高かった。

でもマツダ的には「MAZDAブランド」を更に海外同様に確立し、それぞれの相乗効果をズバッと高めていくことを重要視した模様。確かに近年のマツダは「高級化路線」を歩んできましたから、さもありなん。

2019年5月後半に海外で発売中の「MAZDA2セダン」を教習車として導入したのも布石だった。とはいえ、MAZDA2、MAZDA3、MAZDA6といきなり乱立した感は否めず、消費者は「それなりに覚える努力」をしばらく強いられそう。

car-geek.com

car-geek.com

【最新情報】新型MAZDA2の発売時期は2020年夏以降?

続いては「発売時期」の最新情報。新型MAZDA2はいつになったらフルモデルチェンジするのか?

結論から書くと、マツダ新型MAZDA2の発売時期は2020年夏以降と予想されております。当初2019年中のフルモデルチェンジも伝えられていましたが、少なくとも現状だと次期MAZDA2がすぐに投入される可能性は低そう。

既に2019年5月に新型MAZDA3(先代アクセラ)がフルモデルチェンジし、新型CX-30を今年10月に発売するなど、少なくともマツダが立て続けに新型車をこれ以上投入できるリソースはなさそう。新型CX-3のフルモデルチェンジも当初予想より遅れるか。

マツダ・デミオは11月12月にテコ入れされることが多かったため、更に新型MAZDA2の発売時期を特定すると2020年後半と筆者ドルジは予想。前述のように2019年9月に現行デミオがマイチェンでMAZDA2に改名されており、最低でもそこから一年程度は期間が空きそう。

実際、ベストカーの最新情報では「新型MAZDA2の発売日を2019年9月」と予想。

car-geek.com

マツダ新型MAZDA2はついに3ナンバー化に拡大?

続いては「3ナンバー化」の最新情報。

例えば、トヨタ新型ヤリストヨタ新型カローラなど次のフルモデルチェンジで3ナンバー化される予定。輸入車に目を広げてもフォルクスワーゲン新型ポロを筆頭に次々と車体サイズは拡大される一方。

そのためマツダ新型MAZDA2も「3ナンバー化する」と期待も込めて見てる自動車雑誌は少なくない。

一応、国内では引き続き5ナンバーサイズを維持するという情報もありますが、新型MAZDA2に限らず、コンパクトカーは全幅1700mmにいい加減こだわらなくていい気はします。たかだか数cmでも拡幅するだけ車内空間や実用性、走りの質がアップする。

マツダ車は室内が狭いと言われ、一方で走りを売りにする自動車メーカー。もし新型MAZDA2が両者を同時に追求するとしたら脱3ナンバー化しかありえない。

car-geek.com

○フルモデルチェンジで第二世代スカイアクティブの「スモール版」が投入?

続いては「プラットフォーム」の最新情報。

結論から書くと、マツダ新型MAZDA2のシャシーは「第二世代スカイアクティブ」に刷新されます。スカイアクティブと聞くとエンジンばかり注目が集まりますが、今回のフルモデルチェンジで骨格部分も全面リニューアル。

この第二世代スカイアクティブには「ラージアーキテクチャ」と「スモールアーキテクチャ」の2パターンの新型プラットフォームが存在します。コンパクトカーの新型MAZDA2は後者のスモールが投入される予定。

でも先日フルモデルチェンジした新型MAZDA3に「ラージ」が投入されると見られてましたが、結果的には後者の「スモール」が初めて投入されました。だからスモールとは謳ってるものの、あくまでシャシーのベースは3ナンバーサイズ。

つまり、次期MAZDA2の基本骨格は3ナンバーベースになる可能性は高いのか。もし次期MAZDA2が5ナンバーサイズを維持するとしても、新型カローラと同じくバンパーなどパーツを変更して、デザイン面で調整してくるだけか。

car-geek.com

【最新情報】次期MAZDA2のデザインはキープコンセプト?

続いては「次期デザイン」の最新情報。新型MAZDA2はフルモデルチェンジで一体どういった外観に変わるのか?

b6dc9d917407e3405f7c3b74f130045e 500x358

(マツダ現行MAZDA2 外観デザイン)

まず今回デミオの名前を捨てた新型MAZDA2の外観デザインを改めてチェック。

マイチェン前のデミオと比べると、メッキのシグニチャーウィングがヘッドライト下に潜り込むようなデザインに変更されております。フォグランプ周辺やバンパー下部の形状も変わって清潭さが増した印象。先代デミオの芋くささは低減。

20d66490e1e9b4002f9b58ab62fe1cc3 500x400

(マツダ新型CX-30 外観デザイン)

現行MAZDA2のデザインは、さながらマツダ新型CX-30の雰囲気に近い。当初カーギークでは「フルモデルチェンジ後のデミオはCX-30に近づく」と予想してたんですが、結果的には先取りして当たったカタチ。

でも逆に考えると、マツダ新型MAZDA2の次期デザインはほぼ変更しなさそうです。

やはり次のフルモデルチェンジまで一年二年と時間がなさすぎる。2019年10月末に開催予定の東京モーターショーに次期MAZDA2のコンセプトカーが出品される情報もありましたが、おそらく期待薄でしょう。

基本的には「キープコンセプト of キープコンセプト」と考えるのが自然か。ただし、新型MAZDA2の車体サイズが3ナンバーに拡幅されるとしたら、よりワイド感あるデザインに仕上がる余地もあります。

car-geek.com

新型MAZDA2は「ロータリーエンジン×ハイブリッド」が組み合わさる?

最後は「搭載エンジン」などの最新情報。新型MAZDA2には一体どんなエンジンが搭載されるのか?

結論から書くと、マツダ新型MAZDA2には「1.5L直4ガソリンNAエンジン」と「1.8L直4ディーゼルターボ」が搭載される予定。

現行デミオと比べると、ディーゼルはアップサイジング。現行CX-3の改良版か。MAZDA2にマイチェンされた後もディーゼルターボは1.5Lのままだったので、おそらくフルモデルチェンジまで出し惜しみする感じか。

そして、今回フルモデルチェンジの最大の目玉情報が「ハイブリッドモデル」の投入。

しかも、このハイブリッドモデルの搭載エンジンには「ロータリーエンジン」が組み合わされるってんだから驚き。実際、マツダは「2020年中にロータリーエンジンと組み合わせたハイブリッド車の投入する」と公式に発表済み。

マツダはロータリーエンジンの開発を継続してることをかねがね公言しており、新型RX-9の投入も期待されてましたが、どうやら新型MAZDA2のフルモデルチェンジで初お披露目される可能性がありそう\(^o^)/

ただし、このロータリーハイブリッドが次期CX-5など大型車種にも今後搭載されていくかは不明。

car-geek.com

car-geek.com

「ロータリーハイブリッド」は新型MAZDA2ではなく、別モデルに搭載?

現在マツダが開発中のハイブリッド車には、いわゆる「レンジエクステンダー」と呼ばれる電動化技術が使われる。エンジンで発電し、EVのように電気モーターで走行するタイプ。日産で言うところの「e-POWER」を想起すると分かりやすい。

つまり、マツダのハイブリッド車の場合、発電エンジンに「ロータリーエンジン」を使用する。ロータリーエンジンは小型かつ軽量サイズなので、ハイブリッド車との相性はガソリンエンジンよりも良いとか。

ただし、当初は新型MAZDA2(次期デミオ)に初めて採用されると思われていましたが、どうやら「新型MAZDA2の派生車種」という見方も浮上。MAZDA2ハイブリッドといった名前で発売されるのではなく、完全な新型車?

フルモデルチェンジ情報に定評があるマガジンXなどでは「SUVベース」などと予想しており、車体前半分を新型MAZDA2のものが共有され、後ろ半分は変則的に別のデザインを用いられる可能性があるそう。

未だにマツダから発売されてないモデル名にはCX-1やCX-2などがあるが、もしMAZDA2がベースと仮定した上で、更に車内の広さもある程度アピールするとしたら「CX-20」といった車名が最適か。

ただし、レンジエクステンダー方式のハイブリッド車が発売されるタイミングに、新型MAZDA2のフルモデルチェンジはどうやら間に合わなさそう。だから、MAZDA2の派生車種とは言っても、ベース車両はMAZDA3になる可能性も。

つまり、マツダ新型MAZDA2のフルモデルチェンジは当初よりも一年程度遅れる可能性が高そうです。具体的には新型MAZDA2の発売時期は2021年夏以降になりそうか。

car-geek.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました