【2020】マツダ新型MAZDA2 フルモデルチェンジ最新情報まとめ【次期デミオ】【発売日】【ロータリーハイブリッド】

2019年9月12日にマツダ新型デミオがマイナーチェンジ。これに合わせてデミオの車名は「MAZDA2(マツダツー)」に改名されました。実は海外ではデミオ名で販売されてませんでした。でも日本国内でも世界共通の「MAZDA2」に統一される。

ただし、MAZDA2の中身は言っても「現行デミオ」のまま。今回のマイナーチェンジで内外装は少しテコ入れされてるものの、これまで何度もテコ入れされてるものの、根本的な中身や基本性能は2014年9月の発売以来ほぼ変わらない。

b6dc9d917407e3405f7c3b74f130045e 500x358

そこで今回カーギークでは「マツダ新型MAZDA2フルモデルチェンジ最新情報」をさっそく徹底解説したいと思います。まだMAZDA2の車名に慣れてない人も多そうですが、いわば「次期デミオ」はどう進化するのか?

発売時期は2020年夏以降?

続いては「発売時期」の最新情報。新型MAZDA2はいつになったらフルモデルチェンジするのか?

結論から書くと、マツダ新型MAZDA2の発売日は不明です。

例えば、新型MAZDA2の発売時期を「2020年9月」と報じる自動車メディアが存在する一方、発売時期を2021年9月と報じるメディアも存在します。とりあえず先代デミオが2014年9月に発売してることから、モデル周期は6年か7年程度になりそう。

確かに2019年夏にデミオがビッグマイナーチェンジしてMAZDA2に改名してる。この際に外観デザインを一新するなど、割と大掛かりなテコ入れが図られてる。それが一年経たずにすぐさまフルモデルチェンジするかというとやや疑問か。

先代デミオは7年後にフルモデルチェンジしてることも踏まえると、新型MAZDA2の発売時期も登場から7年後の2021年の可能性が高いか。実際、新型MAZDA2の発売時期が2021年と予想できる根拠もあって、それについては後述。

おそらくトヨタ新型アクアのフルモデルチェンジと同時期ぐらいに新型MAZDA2も発売されそう。ちなみに次期MAZDA2以外のフルモデルチェンジ予定の新型車一覧も別途参照してください。

car-geek.com

マツダ新型MAZDA2は3ナンバー化に拡大?

続いては「3ナンバー化」の最新情報。最近のコンパクトカーはフルモデルチェンジを機に「3ナンバー化する」と言われることが多い。やはり室内の広さを考えると5ナンバーサイズにこだわる必要性を見出しにくい。

結論から書くと、マツダ新型MAZDA2が「3ナンバー化」するかどうかは不明です。むしろ他社の新型車の動向も合わせると、新型MAZDA2は引き続き5ナンバーサイズを維持する可能性が高そうです。

一方、マツダ新型MAZDA2のシャシーは「第二世代スカイアクティブ(SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE)」に刷新されます。スカイアクティブはエンジンばかり注目が集まりますが、今回のフルモデルチェンジで骨格部分もゴリゴリに全面リニューアルされます。

この第二世代SKYACTIV-ARCHITECTUREには「ラージアーキテクチャ」と「スモールアーキテクチャ」の2パターンの新型プラットフォームが開発されてる。コンパクトカーの新型MAZDA2は後者のスモールが投入される予定。

2019年にフルモデルチェンジした新型MAZDA3には「ラージ」が当初投入されると見られてましたが、結果的には後者の「スモール」が初めて投入されました。だからスモールとは謳ってるものの、あくまでシャシーのベースは3ナンバーサイズ。

あくまでフルモデルチェンジ後も5ナンバーサイズを維持するとは思うんですが、次期MAZDA2の基本骨格は「3ナンバーベース」と言っても良さそう。新型カローラの場合、基本骨格はあくまで3ナンバーサイズではあるものの、外板パネルやパーツを変更して5ナンバーに留まるように調整してる。

次期MAZDA2もご多分に漏れずか。

フルモデルチェンジ後の「次期デザイン」はキープコンセプトか?

続いては「次期デザイン」の最新情報。既にマイナーチェンジで外観デザインが一新されたMAZDA2ですが、フルモデルチェンジ後の雰囲気はどうなるのか?

b6dc9d917407e3405f7c3b74f130045e 500x358

(マツダ現行MAZDA2 外観デザイン)

まずデミオの名前を捨てた現行MAZDA2の外観デザインを改めてチェック。マイチェン前のデミオと比べると、メッキのシグニチャーウィングがヘッドライト下に潜り込むようなデザインに変更。フォグランプ周辺やバンパー下部の形状も変わって清潭さが増した印象。

b6dc9d917407e3405f7c3b74f130045e 500x252

(ベストカー2020年1月10日号 講談社)

一方、マツダ新型MAZDA2の次期デザインはキープコンセプトになりそう。マツダは「鼓動デザイン」で車種の世界観を統一してる。むしろ先代デミオはその先駆け的な車種でもありました。新型MAZDA2でも以下同文でありましょう。

ただし、現行MAZDA2の現行デザインと予想デザインと比べると、それなりに違いも多いです。そのためマツダ車特有の特徴的なフロントグリルはそのままに、フルモデルチェンジ後はヘッドライトが更にシャープに清潭に仕上がる可能性は高そう。

もともと塗装の質感も含めて完成度が高いデザインのため、良くも悪くも伸びしろがないデザインと言えそう。それでも新型MAZDA2も同様に「正常進化(質感向上)」を遂げてくるはず。トヨタ新型ヤリスなどはコンパクト感が強いフォルムに仕上がってますが、次期MAZDA2は逆にワイド感を強めてくる?

新型MAZDA2は「1.5L直3スカイアクティブX」が主軸に?

続いては「パワートレイン」の最新情報。マツダ新型MAZDA2には一体どんなエンジンが搭載されるのか?

結論から書くと、マツダ新型MAZDA2も搭載エンジンは「1.5L直4ガソリン」と「1.5L直4ディーゼル」が主軸になりそう。ガソリンエンジンはMAZDA3などに搭載の「SKYACTIV-G 1.5」を流用か。エンジン面はシャシーほど改善効果は体感できないか。

ただし、パワートレイン最大の注目は「新型スカイアクティブX」の搭載。既にMAZDA3に搭載されてる新型ガソリンエンジン。ディーゼルのように圧縮着火で燃焼し、モーターアシストも同時に行うマイルドハイブリッドシステムを組み合わせる。燃費と走りが両立。

この現行MAZDA3やCX-30に搭載済みのスカイアクティブXは「2.0直4エンジン」なんですが、新型MAZDA2にはそこから「1気筒」を取り外して「1.5L直3エンジン」としてスケールダウンさせてから搭載する予定なんだそう。

しかも、マツダは新型MAZDA2の販売比率に関して「スカイアクティブXを60%」に目標として掲げてるそう。MAZDA3ですら割高と言われたスカイアクティブXですから、次期MAZDA2でも価格帯は言わずもがな。さすがに無謀しすぎやしないか?

そう考えると次期MAZDA2全体の販売台数は伸び悩む可能性もありそう。

【ハイブリッド】ロータリーレンジエクステンダーをマツダ初投入?

続いては「ハイブリッド化」の最新情報。どうやらマツダ新型MAZDA2もいよいよハイブリッド化する模様。既にマツダはトヨタから技術供与を受けて「SKYACTIV-HYBRID」なるハイブリッドシステムを搭載してますが、これとは全く別物のオリジナル。

しかも、トヨタのハイブリッドを遥かに上回るとんでもない代物ということで各自動車メディアも大注目。

結論から書くと、新型MAZDA2のハイブリッドシステムは「ロータリーエンジン」と組み合わされる予定。ガソリンエンジンで発電し、電気モーターで走行する、いわゆるレンジエクステンダー車。日産で言うところの「e-POWER」。

新型MAZDA2の場合、330ccの小排気量のロータリーエンジンで発電するということ。かつてロータリーエンジンのメリット・デメリットという記事でも解説しましたが、ロータリーは超小型化させても力強く走る上に静粛性も高い。まさにハイブリッドにうってつけ。

マツダは公式に「2021年中にロータリーエンジンと組み合わせたハイブリッド車の投入する」と発表済み。そのため新型MAZDA2の発売時期も2021年頃に遅れるかも知れない…という理屈。

ただし、前述の「スカイアクティブX」の投入は新型MAZDA3の発売から半年以上遅れたことを踏まえると、このロータリーハイブリッドもフルモデルチェンジと同時にすんなり投入されるかは疑問。

仮にロータリーハイブリッドが2021年に実用化されることが事実であれば、逆算すると一年ほど前の今年2020年に新型MAZDA2がフルモデルチェンジする可能性も十分有り得そうです。

一方、マツダ新型CX-5のフルモデルチェンジが大幅に延期されたという情報も流れており、マツダは新型MAZDA2のようなスモールアーキテクチャのフルモデルチェンジを優先させてる可能性もありそう。

次期MAZDA2の「ロータリーハイブリッド」は別モデル?

ただし、「ロータリーハイブリッド初搭載車は次期MAZDA2ではない」という情報も最近になって浮上。

フルモデルチェンジ情報に定評があるマガジンXなどではSUVベースの「新型MAZDA2の派生車種」と予想。車体前半分を新型MAZDA2のものが共有され、後ろ半分は変則的に別のデザインを用いられる可能性などがあるそう。

だから派生車種と言っても「MAZDA2クロスオーバー」といった感じで発売されるわけではなく、「新型MX-30」のような完全な新型車で発売されるのではないかということ。スカイアクティブXですら価格が価格。ロータリーハイブリッドを売り込むとしたらSUV化は必須か。

例えば、CX-30の登場で販売台数が絶賛下降中の「CX-3」の次期モデルとして投入するのもありか。現状では新型CX-3のフルモデルチェンジ情報は眉唾もの。でも次期CX-3は完全に割り切って、ロータリーハイブリッドのみを搭載したクーペ風SUVとして生きていく道も大いに有り得そう。

あくまで新型MAZDA2がベースと仮定した場合、次期CX-3は「CX-20」といった車名で売り出すのが最適か。いや、EV感を強める商品であれば「MX-20」の方が適切か。

コメント

タイトルとURLをコピーしました