【銀色】シルバーの車のダサさは異常wwでもシルバーを選ぶメリットとは?

かつてカーギークでは「未使用車が中古車ディーラーに流通する理由」など解説しましたが、リセールバリューを考えると「車体カラー」は重要。各自動車メーカーは色んな車体カラーを取り揃えてるものの、どうしても白・黒・シルバーの3色に落ち着いてしまう。

6b3986b8d42c28f2c839af9f917ebf60 500x345

(スズキ・ワゴンR シルバー車はダサい)

ただその中でも「シルバーのダサさ」は異常な件。白も黒も無難な定番色ですが、白は清潔感があって、黒は渋い。でも、シルバーは何の特徴もない。シルバーだけあってお爺ちゃんやお婆ちゃんが選びそう。非常にダサいイメージが先行してます。

でも本当にシルバーはダサいのか?それでもシルバー色が選ばれる理由とは?メリットとは?など解説してみようと思います。

car-geek.com

シルバーは基本的にダサいが…

結論から入ると、シルバーの自動車はやっぱり基本的にダサいと思います。

やはりシルバーの購入者は老人や高齢者が多く乗ってるイメージ。もちろん統計的なデータは一切ないものの、シルバー車は枯れ葉マーク(高齢者マーク)が似合う。他にも近所の主婦がシルバーの車を乗ってるイメージ。とにかくシルバーからは「所帯じみた匂い」がどうしても漂ってしまう。

6545e11a8c395597de0495e891883ca5 500x255

(日産・NV200 シルバー車はダサい)

だから軽自動車含めて、ミニバン車とシルバー色の組み合わせは「所帯じみた雰囲気」を更に増長させる。他にも営業車や商用車、教習所の車にもシルバー色が多いこともあって、あまり所有欲が満たされないのも現実としてありそう。

5ab008921341580ae27d35e37689bf4b 447x400

(トヨタ・ノア シルバー車はダサい)

他にも最近の新車は「メッキ加工やメッキ加飾」されてる車が多い。そのため車体カラーがシルバーだとメッキと同化してしまうことも挙げられそう。ダサくなるとまでは言いませんが、せっかくのメッキの良さがシルバー色だと失われてしまう印象。

car-geek.com

国産車のシルバーは塗装の質感が低い?

じゃあ、輸入車ではシルバー色が設定されてないのか?

もちろん答えはNO。

02ad695f89871e1094b6894c8739f064 326x400

(ポルシェのラインナップはシルバー色)

例えば、ドイツの高級車メーカー・ポルシェの公式サイトを見ると、モデルラインナップに表示される車種の全てはシルバー色。むしろ銀色を前面に売り出してる自動車メーカーと言ってもいい。

02870f0b60f8c20e25535600cab20af0 500x358

(ポルシェ・911カレラS シルバー色)

車両価格1700万円を超えるポルシェ・911カレラSを見ると、確かにカッコいい。少なくともダサくはない。昔はメカニック好きのドライバーしか購入してなかったとも言われてますが、ポルシェの世界観とむしろマッチしてるぐらいか。

だから、おそらくシルバー色の国産車がダサく見えてしまうのは「塗装の質感そのものが安っぽい」からなんだと思います。ロールスロイスやメルセデスベンツのシルバー色がカッコ良く見えるのも、おそらく塗装の質感が高いから。

国産車でもグレーメタリックやシルバーメタリックなど、しっかりお金がかかったシルバー色も存在しますが、シルバー色が変に売れてしまうこともあってか、国産車メーカーの多くはそこまで塗装にお金をかけてないのが現実でしょう。

そこらへんの悪循環も手伝って、シルバーのクルマがダサく見えてしまう理由なんだと思います。シルバーに限らずですが、赤や黄色といった奇抜な車体カラーでも絵の具を塗り付けたような、何の光沢感もない安っぽいクルマも少なくない。

car-geek.com

シルバー車のメリットとは?

シルバー色がダサいダサいと言われつつも、実際問題としてシルバーのクルマはそれなりに売れてるのが現実。じゃあ、シルバーのクルマを選ぶメリットは何なのか?

前述のように、シルバー車のメリットは「リセールバリューが高い」ことが真っ先に挙げられます。でも、この理由はシルバー車の需要が根強いからに過ぎない。これはあくまで結果論に過ぎず、シルバー色の直接的なメリットとは言い切れません。

結論から書くと、花粉や黄砂といった「汚れ」が目立たないことが挙げられます。そのためシルバーの車は洗車回数という点で、他の車体カラーよりも少なく済むことが多い。ただし、補修跡がそれなりに目立つのもシルバー色なので注意。洗車してもピカピカになった感も薄い。

そして、シルバーは対向車などのライトを反射するので、夜間に交通事故にあいにくいこともメリット。一方でダサいイメージも先行するものの、良くも悪くも銀色は主張しない色。そういう意味で万人受けしやすい。ホワイトだと味気なさすぎる。

またライトを反射しやすいからか、シルバー車は「車体のプレスライン」が確認しやすいのもメリット。最近でこそプレーンなデザインの新型車が流行ってますが、やはりサイドを筆頭に凹凸が彫り込まれてることが多い。立体感を演出してデザイン性をあげてる。

だからダサいと言われつつも、シルバーの車は映えるっちゃ映える。テレビのCMやYouTuberの試乗動画でもシルバーの車は意外と重宝されることも多い。そのためシルバー車がダサいかダサくないかはモノに寄りそう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました