【自動車】期間工に落ちる人の特徴まとめ【受からないときの対策】

自動車期間工で働いてる人も世の中には多そう。期間工とは限られた短期間だけ有期雇用される労働者のこと。そのため期間工は「一般的に受かりやすい職業」と言われております。コンビニのアルバイトより落ちない?

ただ期間工に落ちる・落ちた方は残念ながら一定程度は存在します。

そこで今回は期間工に落ちる人の特徴、期間工に受かりやすくなるための対処法などを簡単にまとめてみました。あくまで独断と偏見による考察・アドバイスのため流し読み推奨(という逃げを打つ)。

期間工は基本的に誰でも受かる

まず期間工は基本的に落ちることは少ないです。

もはや誰でも受かると表現すると語弊がありますが、それでも自動車メーカーの採用面接では8割9割の応募者が受かると言われております。まだ原付免許に受かる方がはるかに難しいはず。

何故なら自動車メーカーの採用面接では、基礎的な学力と体力テストが行われるだけだから。特別難しいことはなにも行われません。肝心の面接でもある程度の受け答えやヤル気を垣間見せれば、よほどのことがない限りは落ちることはないと思います。

期間工の仕事内容を考える限り、やはり特別な才能や技能が求められることはない。自動車に限らず、食品などの製造ラインでも言えますが、淡々と同じ作業を繰り返すだけ。極論すれば企業からしたら雇用するのは誰でもいい。

期間工に受かりやすくなる方法と対策

ただそれでも一定数は期間工に受からない方々がおります。ということで、いよいよ今記事の本題。

どうすれば期間工に受かりやすくなるのか?

結論から書くと、やはり「体力や健康面での不安をなくす」ことが重要だと思います。少なくとも採用面接を担当している自動車メーカーの人に、そういう不安を悟らせないことが大事になってくる。

前述のように期間工の仕事内容は簡単。でも淡々と同じ作業を延々と繰り返す仕事は体力面、持久面において相当負担が大きい。期間工で働く場合、地元を離れて寮で暮らさざるを得ないなどメンタル面でも負担がある。

それ故に期間工の時給や待遇だけ見れば、他のアルバイトよりも優遇されてるものの、実は期間工に受かっても辞める人も一定数いる。だから企業側からすると「すぐに期間工を辞めない人」をできるだけ雇用したいと考えてるはず。

○期間工としてすぐに辞めない人間と思わせる

そのため期間工に受からない人の特徴としては「期間工として長続きしない雰囲気」を察知されてるのではないかと考察されます。実際に本人の性格や適正がどうであるかはさておき。

つまり期間工に受かるための対策としては、ある程度元気良くハキハキ答えることが重要じゃないかと思います。それだけで常識的に体力があると判断されるはず。肌が極端に白い場合、太陽の下でちょっと焼いても健康そうに見えるはず。

ただカラ元気だと無理してる感が強調されるので、かえって期間工として長続きしないと思われそうなので注意。

他にも目を見て喋られるかどうかも重要。

もし目線を合わせてしゃべらないと、「この人、気が弱そうだな?大丈夫かな?」と面接官にメンタル面で不安を与えてしまいそう。期間工は接客業ではないため極端に気にするほどでもないと思いますが、本当の当たり前のことを当たり前にやればいいだけ。

○待遇が悪いメーカーの期間工として実績を積む

あとは期間工として実績を積むのも大事かも。

期間工にも人気・不人気のメーカー企業が存在する以上、いくら頑張っても人気企業の募集枠がすぐに埋まって落ちる場合もなくはない。でも逆に言えば、どうやっても期間工として受かるメーカーもあるはず。派遣会社がおすすめするような場合、大抵は不人気メーカー。

そこで何度か期間工として働いて経験を獲れば、次のメーカーの面接にのぞんでも「この人はすぐには辞めなさそう」とすぐに伝わるはず。企業サイドからすれば一度も期間工として働いたことがない人間より、何度か働いた人間の方が雇用しやすいはず。

期間工は短期間の有期雇用だからこそ可能な方法。応募する側としてもきっと期間工として働く自信にも徐々に繋がっていくと思うので、いずれ正社員雇用という道も開けそう。