【車検】スモークフィルムは何故フロントガラスに貼ると違法なのか?【フルスモーク】

スポンサーリンク

夏に活躍するカー用品といえば、スモークフィルム。紫外線対策や車内温度上昇のために、自動車のガラスに貼る合成樹脂製の色付きのフィルム。効果はそれなりに大きい。ちなみに、JISによると正確な名称は「自動車窓ガラス用フィルム」とのこと。そのまんま。

スモークフィルムの価格はおよそ4000円前後。決してお高くはないものの、いかんせん破れやすいためスモークフィルムを貼るのは難しい。自分も幼い頃に叔父のスモークフィルム貼りを手伝いましたが、かなり大変な作業だったことを覚えています。

ただスモークフィルムはフロントガラスやフロント側のサイドガラスに貼ることは法律(道路運送車両法)で禁止されています。そこで今更ながらスモークフィルムはフロント部分のガラスに貼ることを禁止しているのか解説したいと思います。

夜間時の交通事故防止と警察の取締対策

結論から書くと、主に夜間時における「交通事故防止対策」と「警察による取り締まりをスムーズに行うため」という二点の理由が挙げられます。

前者は言うまでもなくフロントガラスにスモークフィルムを貼ると、前方の視界性が極端に悪化するから。夜間はハイビーム常用を警察が促しているぐらい、夜間は通常の状態でも歩行者を発見しにくい。当然夜間時に至ってはむべなるかな。

じゃあサイドガラスにスモークフィルムを張っても良さそうですが、そこは「警察の取り締まり」が関係してきます。

何故なら警察からすると、運転席のドライバーの状況を外から確認したい。例えばスマートフォンをイジっているドライバーも世の中には多い。でも外から見えないと警察は動きようがない。もしフルスモークだとドライバーが武器らしきものを所持していた場合、対応に遅れる。

そのためフロントガラスに関しても、自動車ナンバー自動で勝手に読み取ってくれるNシステムも関係してくるのでしょう。Nシステムは自動車ナンバーを撮影するという建前ではあるものの、実際にはドライバーや同乗者も同時に撮影されてる。そのためスモークフィルムでフロントガラスが外から見えないと「誰が乗っているのか」までは確認できない。

だから運転者の視界の確保を建前にしつつも、警察の視界の確保もしれっと盛り込まれているのが道路運送車両法らしい。まあ犯罪が多いインドなど海外でもフルスモークが禁止されている国も多いため、特に日本だけに限った強い規制ではありませんが。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする