【車】358ナンバーの意味がデマばっかでワロタwww【ナンバープレートの数字】

スポンサーリンク

一昔前から自動車のナンバープレートを希望の数字で選ぶことができるようになりました。

それ以降から街中で見かけるようになった数字が「358」。俗に「エンジェルナンバー」とも呼ばれるらしい。もはや自動車のナンバープレートにだけではなく、開運のために「358」が入った宝クジを購入する人もいるらしい。まさに「358」は神様の数字とも言われています。

自分も358ナンバーにしたことでカノジョもできましたし、お尻の痔も治りました。宝クジの100万円当たりました…というのは、もちろん真っ赤なウソ。それもそのはず。「358」という数字に縁起の良い要素は一つもなかったから。

そこで自動車とは少し関係ないネタになるかも知れませんが、今回は「358」という数字の意味にまつわるデマを一つ一つ検証したいと思います。もし希望ナンバーでナンバープレートで358を入れちゃった人は後悔してみて下さい。

358は聖書のエンジェルナンバー説

特に358の意味で、一番もっともらしく説明されてる説が「聖書」の話。666は悪魔の数字としてあまりに有名ですが、358は逆に「聖なる数字」として聖書に書かれているらしい。

ただ調べても358が聖なる数字という説は一向に出てこない。聖書にとって最も意味ある数字は「21」らしい。その次が「7」「3」「6」「10」「4」「12」「40」といった数字が続く模様。まだ「3」は意味のある数字に入ってますが、残りの「5」や「8」はかすってすらいない。

もちろん全く意味がないとまで言い切るのも問題がありそうですが、少なくとも「358が聖なる数字」という説はデマだと思って良さそう。もし宝くじの当選番号で毎回「358」が入っていたら、それこそ単なるどこの総理大臣ばりの忖度・癒着・不正だって話ですから。

358はお釈迦様が悟りを開いた時の年齢と重なる説

他にも358の意味にはお釈迦様説があります。

お釈迦様が悟りを開いた年齢が35歳。確かに少しはかすってはいるものの、じゃあ残りは「8」はどこから来たんだと。

徳川将軍家説や西遊記説

まだまだ358には意味があるらしい。それが「徳川将軍家」説。

この意味をざっくり解説するなら、最も日本人で覚えられているのが「3代家光、5代綱吉、8代吉宗」だから。言うまでもなく、だからそれがどうした?世間一般で将軍が覚えられてることと縁起の良さはどう関係してくるんだと。あと15代慶喜を忘れないであげてください。

他にも「西遊記」説。沙悟浄の3、悟空の5、八戒の8とそれぞれのキャラ名に数字が入ってる。やはり、だからそれがどうした?西遊記のキャラ名と縁起がどう関係してくるんだと。しかも悟空の正式名称は「孫悟空」だし、八戒も「猪八戒」。もっと言うなら、沙悟浄の中にも「5」があるやんけ。

もっとヒドいのは奈良や京都を「都(みやこ)」と呼ぶから説。いわゆる当て字ではあるものの、それやったら「385」やんけ。数字の順番を入れ替えていいなら、538で「ゴミ屋敷」でも良さそうです。もうかなり無茶苦茶。

358の意味のデマ発祥は小林正観?

358が意味がここまで広がったのには、一応理由があるらしい。

ざっくりデマの発信源は小林正観という作家。多くの自己啓発本を出版していた人らしく、『宇宙を味方にする方程式』という本で「358は聖書で聖なる数字説」を披露していたらしい。発行年は2006年だったため、ちょうど希望ナンバーが許可された時期とダブります。

結果、358がエンジェルナンバーとして誤って爆発的に浸透、更なる別のデマが加速度的に付着したんだと推察されます。つまるところ358という数字は単に小林正観が好きな数字だった以上の価値や意味はなさそうです。

…とはいえ、どんな数字をナンバープレートにしようと自分が気持ち良かったら何でもいい。何を信じても基本的に自由ですし、特にスピリチュアル的なものを否定するつもりもございません。あくまで、この記事の主題は「358という数字に特に意味はない」ということを言いたかっただけです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする