【2022】マツダ新型CX-5 フルモデルチェンジ最新情報まとめ【FR化】【CX-60に改名か】

マツダの人気SUVが「CX-5」。2017年2月にフルモデルチェンジして以来、既に2年が経過しますが未だに安定して月販3000台以上を売り上げてる。

533143019fe0b53df2ffb8359b9e3c15 500x272

(カートップ7月号 交通タイムス社)

ただ早くも新型CX-5のフルモデルチェンジ情報が!!

そこで今回カーギークではマツダ新型CX-5のフルモデルチェンジ最新情報をまとめてみたいと思います。果たして、次期CX-5はいつ頃に発売されるのか?

car-geek.com

発売日は2022年以降か?

まずは「発売時期」の最新情報。

結論から書くと、マツダ新型CX-5の発売時期は2022年以降になりそうです。

現行CX-5は2017年にフルモデルチェンジしたばかり。そこから数年程度でフルモデルチェンジする可能性は低い。初代CX-5がちょうど5年目にフルモデルチェンジしてることから、おそらく3代目の次期CX-5の発売時期は2022年2月頃になるとカーギークでは予想。

実際、マツダはラージ・アーキテクチャの採用車も投入を2022年以降と発表済み。次期CX-5のシャシーには「それ」が採用される可能性が高いため、当初の読み通り発売日も2022年になりそう。

ただし、マツダの計画は頻繁に延期されがち。やはりマンパワー的な問題が大きそうですが、新型CX-5がすんなり発売されるかは微妙。少なくともフルモデルチェンジ自体が早まることはなさそうです。

car-geek.com

次期CX-5はフルモデルチェンジで「FRベースの4WD」に?

続いての最新情報は「FR化」。

厳密には少し語弊がある言い方ですが、どうやら新型CX-5はフルモデルチェンジを機にFRベースの4WDレイアウトに変更する予定

マツダは新世代プラットフォームとして「スモール・アーキテクチャ」と「ラージ・アーキテクチャ」の二種類を投入することを発表。前者のスモール版はマツダ新型MAZDA2のフルモデルチェンジなどに投入され、既に新型MAZDA3に投入済み。

一方、ラージアーキテクチャにはマツダ新型MAZDA6や次期CX-8に投入すると見られ、ここに新型CX-5も候補として入る。さすがにCX-5にスモール・アーキテクチャは不釣り合い。このラージアーキテクチャが「FRレイアウト or FRをベースにしたAWD」に設計されてる。

現行CX-5はFF車も4WD車も設定されてますが、もしかするとフルモデルチェンジ後は4WDのみになる可能性も。BMWやメルセデスベンツといった高級輸入車ブランドのSUVの駆動方式はほぼ4WDのみ。最近は国産車でもRAV4もほぼ4WDでした。

次期CX-5が4WDオンリーに絞られても特に違和感はなさそう。

car-geek.com

○フルモデルチェンジ後のデザインは「クーペ感」がさらに増す?

続いては「次期デザイン」の最新情報。

533143019fe0b53df2ffb8359b9e3c15 500x272

(カートップ7月号 交通タイムス社)

結論から書くと、マツダ新型CX-5の次期デザインは「クーペ感」が更に増す可能性が指摘されてます。現行CX-5は既にFRクーペスタイルが強調されていましたが、実際にシャシーがFR化されれば想像に難くない。

あくまでフロントマスクなどはキープコンセプトを踏襲しつつ、新型CX-5の雰囲気は更に清潭な質感が向上するに違いない。結果的にフロントノーズが長くなることで、新型CX-5の搭載エンジンも随分と変わりそう。

現行CX-5に搭載済みの直4エンジンをベースに、直6ターボの搭載やプラグインハイブリッドの投入も噂されてる。フルモデルチェンジ後の車体の拡大も含めて、3.0L以上にアップサイジングするという情報も。

だからマツダ新型CX-5は走りも随分と進化しそうです。

car-geek.com

car-geek.com

フルモデルチェンジを機にCX5は「CX-60」に改名か?

最後は「改名情報」。もしかするとフルモデルチェンジのタイミングでCX-5の名前が消滅する可能性があります。

何故なら、既に新型アクセラは「MAZDA3」に改名されてるから。他にもデミオはMAZDA2、アテンザはMAZDA6など、マツダ車の次期モデルはほぼ改名される予定。しかも、既存のSUVのラインナップもご多分に漏れず改名されるとか。

そこで改名後の予想ラインナップを見ると、「MAZDA2(現行デミオ)とCX-20(現行CX-3)」「MAZDA3(先代アクセラ)とCX-30(2019年秋投入)」という関係性で並べることが可能。

それぞれの数字がまさにリンクしあってることが分かります。要するにCX-20はMAZDA2のSUV、CX-30はMAZDA3のSUVといった具合。

一方、新型CX-5のベース車両がアテンザになるかは不明ですが、少なくとも同じプラットフォームを使用する可能性が高いため、実質的に次期CX-5と次期アテンザ(MAZDA6)の関係性は近くなる。

つまり、これまでのマツダ車の改名の流れで次期CX-5の存在を考えると、おそらくMAZDA6に合わせて「CX-60」に改名されるのではないかとカーギークでは予想してみる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました