【2019】マツダ新型アクセラ フルモデルチェンジ最新情報まとめ【画像あり】

マツダが世界に誇るCセグメントカーが「アクセラ」。2003年に初代アクセラが発売以来、既に累計販売台数は600万台を超えてるらしい。日本も含めて、アクセラは毎年40万台以上売り上げてる計算。

アクセラは操作性や運動性能に優れており、誰でも素直に扱いやすい車。そのため最近だと自動車教習所のクルマとして使用されていることでも有名。街中で一度ぐらいは見かけたことがあるはず。

(マツダ次期アクセラスポーツ)

そこで今回カーギークではマツダ新型アクセラのフルモデルチェンジ最新情報をまとめたいと思います。2013年11月に発売された現行アクセラは一体いつ頃フルモデルチェンジするのか?

【最新情報】新型アクセラの発売時期は2019年6月頃か?

最初の情報はマツダ新型アクセラの「発売時期」をチェック。

結論から書くと、新型アクセラがフルモデルチェンジするのは2019年半ば頃と見られています。

既に次期アクセラ(海外名:マツダ3)は2018年11月開催のロサンゼルスモーターショーに出品済み。そのため海外では次期アクセラは2019年初頭頃にフルモデルチェンジすると見られます。

ただ一方、日本国内での発売時期がどうなるのかって話。そこで過去のアクセラの発売時期を振り返ると、どうやら海外のモーターショーから約半年前後にフルモデルチェンジしていることが多い。

そのためマツダ新型アクセラの日本国内における詳細な発売時期は2019年6月前後とカーギークでは予想。

他だとベストカーの最新情報では2019年8月、マガジンXの最新情報では2019年3月頃と見ている模様。とりあえず次期アクセラは約6年ぶりにフルモデルチェンジすることになりそうです。

ちなみに同じく2019年にはマツダ新型デミオもフルモデルチェンジするという情報もあって、次期アクセラも含めて2019年のMAZDAは熱くなりそうです!!

【最新画像】新型アクセラは「デザイン」が更に上質へ!

続いて新型アクセラの「外観デザイン」をチェック。

結論から書くと、マツダ新型アクセラはいわゆる「キープコンセプト」でマツダのKODOデザインは引き続きフルモデルチェンジ後も採用されるんですが、どうやら現行デザインから大幅にブラッシュアップされる予定。

ちなみに画像はロサンゼルスモーターショーの公式インスタグラムから引用。

(マツダ新型アクセラスポーツ 最新画像)

まずは新型アクセラスポーツの最新画像がコチラ。敢えて彫りを浅く薄くさせることで、全体的に清潭な丸みが帯びたキャラクターラインが浮かび上がるようになっているっぽい。

(マツダ新型アクセラスポーツ フロントマスク画像)

また次期アクセラはフロントグリルを覆うような「シグニチャーウィング」と呼ばれるメッキパーツがヘッドライト下に潜り込むようなデザインに進化。

フロントグリルも横長ルーバーを廃するのではなく、メッシュ状のデザインに変化している様子も伺えるなど当初予想されていたように、次期アクセラのデザインは試乗評価も高い新型CX-8のようなフロントマスクに仕上がっております。

(マツダ新型アクセラスポーツ リア画像)

そして新型アクセラスポーツのリア周りを確認すると、4灯テールランプが目を引きます。昔で例えると日産・スカイラインGT-Rのようなスポーティーな匂いがプンプン。そう考えると現在では意外と少ないデザインか。

(マツダ新型アクセラセダン リア最新画像)

個人的には、新型アクセラセダンはとりわけ美しい印象を受けました。なだらかに傾斜したルーフやリアピラーは伸びやかさを演出し、なんとも高級車らしい雰囲気が漂います。

まさにマツダが主張する「深化した魂動デザイン」と呼べるのかも。

(左:新型アクセラセダン、右:新型アクセラスポーツ)

新型アクセラセダンと新型アクセラスポーツの比較画像がコチラ。

ルーフもガラス仕様なのか、特に塗装が美しいこともあって、新型アクセラはCセグメントらしからぬ質感の高さはフルモデルチェンジ後も磨きがかかっている様子。

【最新情報】フルモデルチェンジ後の車体サイズは変わらないが…

続いては「車体サイズ」。次期アクセラはフルモデルチェンジ後に拡大するのか?縮小するのか?

既に明らかになってる情報をおさらいしておくと、新型アクセラスポーツの車体サイズは4459×1797×1440mm(全長×全幅×全高)に対して、新型アクセラセダンの車体サイズは4662×1797×1445mm(全長×全幅×全高)とのこと。

当初、ベストカーなど自動車雑誌などでは次期アクセラスポーツの全長4500mmに迫ると予想していましたが、結果的には「ほぼ現状維持」のフルモデルチェンジに留まるっぽい。ただ残念なお知らせ。

自分はまだ実際に目の当たりしたわけではないので分かりませんが、どうやらマツダ次期アクセラの室内がめちゃくちゃ狭いらしい。荷室ラゲッジは言うまでもなく、後部座席は成人男性が乗れないぐらい足回りが狭いという情報も。

既にカーギークでは【感想】新型カローラスポーツ試乗レビューも執筆済みですが、新型アクセラの後部座席の狭さはカローラスポーツの比ではないかも知れない。それだけ新型アクセラはデザイン性に思い切って割り振ってはいるんでしょうが、やや不安要素も残るフルモデルチェンジになりそう。

マツダ次期アクセラに「新型スカイアクティブX」が初投入!

続いて、その他のフルモデルチェンジ情報をチェックしておくと、やはり新型アクセラで注目したいのが「次世代スカイアクティブ技術」でありましょう。

「スカイアクティブX」とはなんぞやというと、現行のスカイアクティブ技術を更に進化させた次世代版。

例えば、新型アクセラは「SKYACTIV ビークルアーキテクチャー」という新世代プラットフォームに刷新されます。軽量化+高剛性化によって現行アクセラよりも走りの改善が期待され、今後の他のマツダ車の行く末も占えます。

そして、次期アクセラと同じタイミングで投入されるか疑問視もされていましたが、いよいよ「SKYACTIV-X」なる新世代エンジンが搭載されます。「HCCl」と呼ばれれる圧縮着火を部分的に応用されたガソリンエンジン。

簡単に解説するとディーゼルの良い所取りしており、有害物質の排出を抑え、なおかつトルクフルで低燃費性能を向上させた技術が取り込まれてる。既に2017年秋頃には「スカイアクティブX搭載車」の試乗が自動車雑誌やジャーナリスト向けに行われております。

○【次期アクセラ搭載】2.0L新型スカイアクティブXエンジンのスペック予想

具体的に、スカイアクティブXエンジンのスペックをチェック。

  • 排気量…2000cc
  • 最高出力…190PS/6000rpm
  • 最大トルク…23.5kgm/4400rpm

現行アクセラの2.0Lガソリンエンジン(スカイアクティブG)と比べると、馬力は+40PS程度。トルクは+3.5kgm程度。ディーゼルターボよりは見劣りするものの、トルクに関しては2.5Lエンジン並。

これでレギュラーガソリン仕様のため経済的でもある。ディーゼルより排ガス汚染も少ないため環境性能にも優れてる。ダウンサイジングターボにありがちな高速域での加速の伸びの弱さもない。

当初は「本当に次期アクセラにスカイアクティブXが投入されるのか?」と疑問視されていましたが、既にロサンゼルスモーターショーでの発表や情報を見る限り、ほぼ確実に今回のフルモデルチェンジから新型アクセラに導入されるっぽい。

「スカイアクティブX搭載車」の試作車こそがアクセラベースで作られており、マツダも「スカイアクティブXは2019年から投入する」と公言済みだったため、2019年のアクセラのフルモデルチェンジでいよいよ体現されるカタチ。

○フルモデルチェンジ後のエンジンラインナップ

ちなみに、それ以外に次期アクセラに搭載されるエンジンはXも含めると合計5種類。

1500cc直4エンジン(SKYACTIV-G 1.5)」、「2000cc直4エンジン(SKYACTIV-G 2.0)」、「2500cc直4エンジン(SKYACTIV-G 2.5)」、「1800cc直4ディーゼルターボ(SKYACTIV-D 1.8)」になります。

日本国内だと「2500ccエンジン」が新型アクセラに設定されるかは微妙な気がしたんですが、既にマツダ・CX-5などに続々と投入されてることを考えると新型アクセラでも同様に設定されるのでしょう。

1.8L直4ディーゼルターボは既にCX-3に投入済みのものだと考えられます。同エンジンの詳細は【感想】マツダ新型CX-3 試乗レビューもご参照。

ただ残念ながら、マツダが発表した「ディーゼルハイブリッド」は今回の新型アクセラのフルモデルチェンジでは見送りされる公算が高い。やはりマツダ的にはまずスカイアクティブXを次期アクセラで成功させるのが先で、まだまだ先の話になりそうか。

他にも次期アクセラの変速機には、フルモデルチェンジ後も引き続き6ATと6MTを設定。アクセラに限らずですが、走りや燃費、車格を考えると8速ATぐらいそろそろ導入しても良さそうな気はしますが。

ちなみに【最新情報】新型アテンザ フルモデルチェンジ【最新情報】新型CX-3フルモデルチェンジ【最新情報】新型ロードスターフルモデルチェンジまとめなどもご参照ください。

フォローする