マツダ新型CX-8 試乗インプレッションまとめ【評価・評判・クチコミetc】

スポンサーリンク

2017年12月14日にマツダから発売される新型車が「CX-8(シーエックスエイト)」。CXという車名からも分かるようにSUVなんですが、実は三列シート仕様(最大7人乗り)。しかも価格は320万円からと値段がそこそこ張ります。

だから日本市場では受け入れられにくいのかなーと思っていたら、新型CX-8の予約受注状況は割りと好調とのこと。

(CX-8 マシーングレープレミアムメタリック)

そこで今回はマツダ新型CX-8の試乗インプレッションを評価してみました。何故そこまでCX8の人気が出るのか。果たして三列シートSUVはお買い得なのか、320万円以上という価格に見合う価値はあるのか考察してみました。

マツダ新型CX-8の内外装を簡単チェック!!

まず簡単にマツダ新型CX-8の内外装や荷室スペースの広さなどをチェックしたいと思います。

(CX-8 ソウルレッドクリスタルメタリック)

最初はやはりエクステリア。新型CX-8はCX5をベースに作っていることもあって、見た目的な違いはほとんどありません。厳密にはフロントグリルのデザインが網目状かスリット状かの違います。

ただミニバンさを売りにしてる割に、新型CX-8のボディラインは全長が伸びたことでスタイリッシュ。またCX-5より全高が低いためクーペライクにすら思えます。そしてマツダが誇るソウルレッドクリスタルメタリックが相変わらず鮮やかでおすすめ。やっぱりグレーや黒よりも魅力的に写ります。

ちなみに新型CX-8の車体サイズは4900×1840×1730mm(全長×全幅×全高)。ホイールベースは2930mm。新型CX-8の車重も1800kgと、CX-5よりも200kgほど重め。

続いては新型CX-8の内装インテリア。CX-5と同じ内装デザインをベースにしてるだけあって、言うまでもなく質感は高め。センタークラスターなどは、さながら高級セダン。ゴチャゴチャしてないシンプルなインパネ周りのデザインも好印象。

しかも新型CX-8はシート素材にナッパーレザーを採用するなど、CX5よりも高級感が演出されております。ホールド性や座り心地は明らかにCX5を上回り、新型CX-8の試乗記事には好意的な感想が目立ちます。試乗できるなら一度座ってみることをおすすめします。

そして、気になるのは荷室スペースの広さ。新型CX-8はあくまでSUV。その上で三列目シートを設けた以上、狭くなる予感しかしません。でも結論から書くと、三列目シートを格納してない状態でも荷室奥行きは50cm程度確保されているため、新型CX-8の荷室の広さは十分と言えそう。

またマツダ新型CX-8の荷室空間には、割りと広大な床下収納が隠されているのも魅力。大人6名7名でキャンピングに行くのはしんどいと思いますが、家族4名程度であれば新型CX-8の積載性はもはやオーバースペックと言えましょう。ただ「CX-8 Lパッケージ」ではBOSEのウーハースピーカーが床下に収納されるため、ここらへんは好き好きかも知れない。きっと音楽聞かない人には邪魔か。

続いては、やはり三列目シートの使い勝手や乗り心地の評価はどうなのか?マツダ新型CX-8はスライドドアがないため、ミニバンと同様の乗降性の高さは確保されているのか?など気になる所。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする