【試乗】フォルクスワーゲン新型ポロ 評価インプレッションまとめ【長所・短所おすすめetc】

スポンサーリンク

つい先日、フォルクスワーゲン新型ポロがフルモデルチェンジを8年ぶりに行いました。ポロといえばゴルフに次ぐ人気車種。特に日本のような道路事情だと、ポロのようなコンパクトカーは人気。

そこで今回はフォルクスワーゲン新型ポロの試乗インプレッションをレビューしたいと思います。新旧ポロとの比較など、新型ポロは走りの面以外でもどう進化したのか評価してみました。

果たして新型ポロはお買い得なのか?おすすめなのか?

新型ポロの内外装を評価してみる

試乗記事ではありますが、まずフォルクスワーゲン新型ポロの内外装を評価してみたいと思います。一見すると何も変わってないように見えますが、意外と新型ポロの変更点は多い。

(ベストカー4月26日号 講談社)

ベストカーの記事を引用すると、左の新型ポロのフロントマスクは右の先代ポロよりも「おとなしめな顔」に仕上がってます。全体的に黒い部分が減少して、良くも悪くも薄味になった印象。ゴルフとの違いを付けるためか。

新型ポロのリア周りを見ると、特に注目がテールランプ。画像からでは伝わりづらいですが、リアランプはフルLED化されております。リアバンパーもディフューザーが埋め込まれており、走りに貢献。

他にも今回のフルモデルチェンジでは、安全デバイスなど装備面が色々と充実してる点が注目。

新型ポロの主要諸元は4060×1750×1450mm(全長×全幅×全高)。つまり新型ポロはついに3ナンバーサイズに拡大。およそ4代目ゴルフよりサイズがやや小さい程度。一方、全高は1cmほど低下。

そのため画像だと分かりづらいですが、新型ポロは全体的にはロー&ワイドなフォルムに仕上がっております。一方、サイドのプレスラインが彫り込まれたことで伸びやかさも感じさせるか。ちなみに新型ポロのホイールベースは2550mm。

○新型ポロの内装や室内荷室空間はどうなんだい?

続いては新型ポロの内装インパネ周り。

内装の質感については、可もなく不可もなくといったレベル。ポロの見た目同様に、良くも悪くも下手な派手さはありません。先代比で割高になってるものの、新型ポロの価格帯(209~265万円)を考えるなら「及第点」。

ガラスパネルのタッチパネル式ナビなど全体的には上質か。また先代ポロと比較すると、新型ポロは視界性が向上。また操作パネルの配置も工夫することで、全体的に見晴らしも改善されております。

そして車体の拡大に伴って、新型ポロの室内空間は広々

特に先代ポロ比で全幅が+65mmになったことで、より広さが体感できるはず。車内は密室空間のため、パーソナルスペースが確保されるのは大きい。様々な試乗記事を読んでも、新型ポロの広さはどこも評価されております。

成人男性が乗っても、後席シートの足回りは拳2個分ぐらいの空間があるはず。やはり車体サイズの拡大がモロに貢献。新型ポロは同乗者もゆとり感が増しており、全体的な居住性は改善されているはず。

そして新型ポロは荷室スペースも拡大。先代ポロと比べると71Lも拡大して、荷室スペースは351Lも確保。後席シートを倒した状態だと、更に荷室スペースは+173Lの1125Lまで拡大します。

大きい荷物を大量に積載するのは難しいものの、お母さんの買い物袋などであれば大抵は余裕で積み込めるはず。あくまでコンパクトカーという立ち位置で考えると、新型ポロの実用性は非常に高い水準と言えるのではないか。

フォルクスワーゲン新型ポロの走りの評判ってどうなん?

ということで本題。新型ポロの走りの評価や試乗の評判はどうなのか?

結論から評価を書いちゃうと、新型ポロの走りは上々。なかでも特筆すべきは、やはりシャシー性能の高さにあります。新型ポロが今回のフルモデルチェンジから採用した新型プラットフォーム(MQB)の剛性は高い。

そのため新型ポロは走行安定性は抜群であり、ハンドリングも正確でクイック。「コーナーの入り口で減速しながらステアリングを切り込んでも巻き込むような挙動がいっさい出ない」と評価するのはベストカーの試乗記事。

そのため新型ポロの操舵感は安心そのもの。今回のフルモデルチェンジで全幅が拡幅されたことも奏功か。

また新型ポロは1.0L直列3気筒エンジンに換装されたものの、最高出力は95PSとアップしており加速感は必要十分。むしろ粘り強いサスペンションなど、かえってシャシー性能の高さが際立ってしまうほど。

新型ポロは前述のように装備面が充実しているため、軽量新型プラットフォームが採用されたものの車重は増加。またダウンサイジングも相まって走りは不利になるはずなんですが、基本的にネガティブな試乗記事は少なめ。

新型ポロは排気量が小さくなってるものの、逆に実用域のトルク(低速トルク)が太くなった。「走り始めると、たしかに実用域のトルクはなかなか」と評価するのはカートップの試乗記事。新型ポロは街中で走らせる分には、加速感はリニア。

そしてシャシー性能の高さから生み出される安定感が相乗効果となって、「新型ポロの総合力の高さ」みたいなんが光るんじゃないかと思います。改めていろんな方の試乗記事も読むにつれ、走りの良さは加速感だけじゃないんだなと。

○新型ポロは3気筒特有のノイズが気になる?

ただ先代ポロと比べると、3気筒特有のノイズが気になるという試乗記事も。それでも1500回転までエンジンを回せば、さほど気になるレベルではなさそう。7速DSGも相まって実際に試乗するなりすれば、そこまでネガティブな感想は持たないかも。

マガジンXの試乗記事では「市街地を流して走っているぶんには3気筒特有の振動や騒音をほとんど感じない」と新型ポロを評価しております。新型ポロは車重増に伴って、静粛性の対策も施されてるんだと予想。所詮は3気筒ではあるため、過度な期待は禁物なんでしょうが…。

新型ポロ 試乗評判・口コミ感想レビューまとめ

以上、フォルクスワーゲン新型ポロの試乗インプレッションまとめでした。

新型ポロは価格が3~10万円ほど割高になってるものの、その価格分以上に商品力が向上しているとカーギークでは評価してみる。特に車体サイズ拡大に伴う室内の使い勝手の良さは、新型ポロの購入動機にシンプルに繋がりそう。ホンダ・フィットと比べても後席空間は負けないレベル。

どうしても国産車は5ナンバーサイズにこだわりがちですが、その方向性が正しいかどうか新型ポロが教えてくれてるのではないでしょうか。

○新型ポロの買い方は難しい?

ただ「ポロの出来はよい。よいが、迎え撃つ国産コンパクトたちを蹴散らす、脅かすそんざいとまではいえない」と新型ポロを評価するのは、ベストカーの試乗記事。確かに国産コンパクトの質や商品力はここ3年4年で急上昇。

例えば走りだけ見ても、スズキ・スイフトスポーツや日産・ノートe-POWERなどは非常に優秀。デミオのディーゼルターボは、海外も含めたコンパクトカーの中で唯一無二の武器。新型ポロに全然負けてない。

一方、新型ポロの売れ筋のミドルグレード「TSIコンフォートライン」は、自動ブレーキも搭載すると価格は240万円近くなってしまう。これはゴルフの最廉価モデルも射程圏内に入ってくるレベル。

また新型ポロは先代比でカタログ燃費が14%ほど下落してる。敢えて1.0L直3ターボにダウンサイジングする必要があったのか?といった思わず頷ける試乗レビューも。将来的にポロに新型1.5L直4ターボが搭載されるものの、価格的には期待薄でありましょう。

だから新型ポロはかなり進化しているものの、いろんな試乗記事でやんわりと指摘されているように、他の国産コンパクトの台頭もあってコスパの点でやや後退している部分もありそうです。

それでも、この「価格帯と商品力の高さで購入できる外車」は新型ポロぐらいでしょう。そのためはじめて外車や輸入車を購入する方にとっては、これまで以上に新型ポロほど失敗しない安心できる買い物もないとカーギークでは評価して、今回の試乗記事を締めくくりたいと思います。