【感想】新型セレナe-POWER 試乗レビューまとめ【長所・短所・評価・評判etc】

つい先日、日産セレナe-POWERがつい先日2018年2月28日に発売されました。それまで何度も発売が延期されたため、新型セレナe-POWERの登場を待ちかねた人も多そう。

そこで今回は日産新型セレナe-POWERの試乗インプレッションをレビューしたいと思います。

果たして実燃費が向上してるだけが魅力なのか。ノーマルセレナと違いはあるのか。もし新型セレナe-POWERの購入を予定してる方は今試乗記事を是非参考にしてみて下さい。ちなみにカーギークではホンダ新型ステップワゴンハイブリッド試乗記事は既にレビュー済み。

日産新型セレナe-POWERの内外装を評価してみる

走りなど試乗インプレッションに入る前に、まず新型セレナe-POWERの内外装を簡単にチェックしてみたいと思います。ノーマルのセレナと比べて大幅に進化してるのか。

(日産新型セレナハイウェイスターe-POWER)

結論から先に書いちゃうと、新型セレナe-POWERの見た目はほとんど変更されておりません。パッと見で新型セレナe-POWERか、ノーマルのセレナかどうかを判別できる人は少ないでしょう。

ただ一応、フロントグリルにブルーの差し色が入っており、アルミホイールはe-POWER専用デザイン。他にもリアスポイラーやコンビランプはe-POWER専用デザインにささやかながらには仕上がっております。

個人的にセレナの見た目はカッコイイと思ってますが、そこに加えて「セレナe-POWER特有」のカッコ良さみたいなもんが追加されてるかは微妙。最後に後述してますが新型セレナe-POWERの割高な価格帯を考えたら、日産はもうちょっと頑張っても良かった気がします。

○新型セレナe-POWERの内装インパネもほぼ変わらず

(新型セレナハイウェイスターe-POWER 内装インパネ)

新型セレナe-POWERの内装インパネ周りの画像がこちら。

やはり青色の差し色が入っておりますが、ノーマルのセレナと全体的に大差ありません。先に試乗のネタバレしておくと新型セレナe-POWERの走りは相当改善してるんですが、価格を考えたら内装面でも力を入れても良かったかも知れません。

(新型セレナハイウェイスターe-POWER 室内空間)

二列目三列目をチェックしておくと、新型セレナe-POWERの二列目シートはセパレートタイプのみ。何故ならバッテリー搭載なども影響して、センターコンソールも前後に動かすことができなくなっております。

ただ、それ以外に関しては室内空間でノーマルセレナと大差ありません。つまりハイブリッド化に伴って、新型セレナe-POWERの室内空間や使い勝手など大きく犠牲になっていないのは評価しても良さそうです。

ちなみにセレナの公式サイトがすごい。内装や室内空間を360度でヌルヌルっと確認できちゃう。上記の画像もそちらから引用させてもらったんですが、日産以外の自動車メーカーを見習って欲しいところ。

新型セレナe-POWERは何がおすすめか?【試乗評判まとめ】

ということで試乗記事の本題。果たして日産新型セレナe-POWERは一体何が魅力なのか?

○新型セレナe-POWERは静粛性がとにかく高い!

結論から書くと、新型セレナe-POWERのおすすめポイントは「静粛性の高さ」にあると断言できましょう。いろんな新型セレナe-POWERの試乗記事や動画を見ても、誰もが車内・室内の静かさを評価しております。

例えば、ベストカーの試乗記事では「静粛性には大満足」と新型セレナe-POWERを評価。また「走り出しの静かさは結構ビックリする」と新型セレナe-POWERを評価するのは河口まなぶの試乗動画。

もちろん新型セレナe-POWERは電気モーターで走行するため、当然EVのように静かに走行できるのは当たり前。

ただ新型セレナe-POWERは中間膜を入れたフロントガラスを採用したり、遮音材の密度や厚みを増したり、四重のセンターカーペットを採用するなど、ノーマルのセレナよりも圧倒的にコストがかけられてるのが理由。

また3気筒エンジンによる騒音や振動などのデメリットや短所も少なめ。

何故なら、セレナe-POWERはエンジンマウントにもコストかけているため、ノーマルのセレナよりもエンジンの振動や騒音が抑えられてるのも奏功。セレナe-POWERの車内が静かすぎるため、結果的にエンジン音が耳に入っちゃうぐらい。

セレナ特有のオットリした乗り心地の良さも相まって、実際に試乗すれば新型セレナe-POWERの乗り味はMクラスミニバンの中でもトップクラスの質感を誇るのは間違いないと誰もが評価しそう。きっとノーマルセレナの所有者ほど新型e-POWERの静粛性の高さに驚く気がします。

新型セレナe-POWERを「Mクラスミニバンの常識を超えた静粛性」と日産自動車は売り出しておりますが、その言葉は絶対にウソではないと思います。カートップの試乗記事では「走行中の室内の静かさといったら最上級クラスのHVミニバンとタメを張るレベル」と評価。

新型セレナe-POWERの走りは「ファミリーカーとしては間違いなく贅沢」すぎるレベルと言えましょう。

○日産新型セレナe-POWERの加速感は十分力強い!

でも気になるのは新型セレナe-POWERの加速力。何故ならノートe-POWERのモーターを流用してるから。しかも、新型セレナe-POWERの車重は1.7トンとかなり重め。果たしてまともに走ってくれるのか?

ただ結論から評価すれば、新型セレナe-POWERの走りは十分キビキビと加速してくれます。

プレイボーイの試乗記事では「ノート以上に透き通った上質な加速」と新型セレナe-POWERを評価。カートップの試乗記事では「ストップアンドゴーで不快ゼロ。驚くほどスムースな制御」と新型セレナe-POWERの出足の良さを評価。

当初不安視されていた新型セレナe-POWERの加速感は、様々な試乗インプレッションを読む限り、予想に反して電気モーターに関してネガティブな評価は皆無に等しい。「パンチ力ある走り」やら「動力性能に不満なし」といった評価すら目立ちます。

実際、新型セレナe-POWERの電気モーターのスペックを見ておくと、最高出力が100kW(136PS)/6000rpm最大トルクが320Nm(32.6kgm)/3200~5200rpm。最高出力こそやや非力ですが、トルク的にはノアヴォクHVを若干程度上回っております。新型セレナe-POWERの加速が非力な訳がない

もちろん新型セレナe-POWERはめちゃくちゃブイブイ走るわけではないものの、電気モーター特有の力強い踏み出し瞬発力は見事。ネガティブな短所があったとしても、それを打ち消してくれるだけの体感的な長所があるんだと思います。

また、新型セレナe-POWERもワンペダルで速度の加減速を行えるのも魅力。新型セレナe-POWERではアクセル開度に応じた加速感が得られるため、むしろ運転が苦手なママさんほど運転しやすいし、楽しいはず。

特にノートe-POWERより減速Gを強めたことで、より気持ち良い操作感を提供してくれる点でもおすすめ。それだけワンペダル走行が手軽になったことで、新型セレナe-POWERで高速道路を走ると疲労は軽減されるはず。

結果、ハンドリングレスポンスも高まったことで、新型セレナe-POWERはミニバンとは思えないほどコーナリング性能が良い。一方で最初は加速が出過ぎないような配慮がセレナe-POWERではされているため、飛び出し事故の危険性は低い。

他の走行シーンでも随所に細かい制御が実はされており、まさにEV的なモーター走行の良さだけがしっかり凝縮されてる新型セレナe-POWER。シームレスでトルクフルな加速の良さも相まって、新型セレナe-POWERは一皮も二皮も剥けた走りの重厚感が味わえる。

○1200cc直3エンジンで新型セレナe-POWERの充電は大丈夫?

セレナe-POWERの試乗で気になる点がまだあります。

それが発電用のガソリンエンジン。やはりノートe-POWERと同じく1200cc直3エンジンを流用してる。果たしてセレナe-POWERを動かすだけの発電量を生み出せるのか?3気筒エンジン特有の騒音や振動は?

これも結論から書くと、基本的に問題なし。1200cc直3エンジンで大丈夫かなぁと思ってましたが、発電量は必要にして十分。新型セレナe-POWERでは従来の1200ccエンジンより馬力が強化されてることもあって、しっかり発電して充電してくれる。

また新型セレナe-POWERには「チャージモード」というものがある。これはバッテリー容量を90%近く溜めるまでガソリンエンジンが作動してくれるため、いざという時にはすばやく充電することも可能。

3気筒エンジン特有の雑音はそれなりに気になるものの、前述のように新型セレナe-POWERは静粛性が高い。それ故に「聞こえてきてしまう雑味」に過ぎず、実際にはそこまで気になるウルサさではないでしょう。

また街中での長距離で試乗も問題なし。

新型セレナe-POWERは坂道でも余裕で駆け上がってくれる。ベストカーの試乗レビューでは「ノーマルセレナの2.0Lエンジンより優れていることが一瞬にして理解できる」とe-POWERの加速の良さを評価。

容量が強化されたバッテリーは運転席に配置されてるんですが、そのことで車両の重量配分も結果的に最適化されてるのか、新型セレナe-POWERの日常域で使う分には非常に痛快かつ爽快な走りとなっております。

新型セレナe-POWERのネガティブな試乗評価はないのか?

でも、ここまで試乗でベタボメされていると、新型セレナe-POWERのネガティブな評価や評判も気になります。

結論から書いちゃうと、新型セレナe-POWERの悪評はほぼありません。

ただ高速走行はセレナe-POWERでも同様に微妙。どうやら低速トルクの太さと、高速域での加速の伸びは相反しがち。そして電気モーターに電力を多く消費するのか静粛性も悪化し、セレナe-POWERの高速燃費は基本的に悪いと考えていいでしょう。

また「新型ステップワゴンハイブリッドの方が2モーター式だけあって、走りは力強くて優秀」と評価する試乗インプレッションもあります。興味がある方はセレナe-POWER vs ステップワゴンハイブリッド 徹底比較まとめも後で合わせて読んでみて下さい。

○日産新型セレナe-POWERはやっぱりお高い

あと、日産セレナe-POWERの価格が割高。

新型セレナe-POWERの価格一覧まとめも参照して欲しいんですが、良くも悪くも価格面でも「ミドルクラスミニバンの領域」を超えてる。ホンダ新型ステップワゴンハイブリッドもそうでしたが、商品力の高さに比例して価格も割高になりがち。

新型セレナe-POWERの価格は完全にエルグランドといったLクラスミニバン並。

しかも、新型セレナe-POWERの自動ブレーキは標準装備されてない。自動ブレーキの価格も20万円と割高。一方、トヨタの「セーフティーセンス」は日産と同様に半自動運転できるのに、価格は7万円とセレナe-POWERの半額以下。

セレナe-POWERの唯一の短所を挙げるとしたら「コスパの悪さ」などが挙げられると思います。

日産新型セレナe-POWER 試乗インプレッション評価・評判・口コミレビューまとめ

以上、カーギークによる日産新型セレナe-POWERの試乗記事レビューでした。

発売前には新型セレナe-POWERに不安要素もあったんですが、いざ試乗してみるとそういった不安はほとんど感じないはず。静粛性の高さは想像以上のレベルに達しており、セレナe-POWERの静かさや質感はMクラスミニバンのそれじゃない。

また加速感に関しても想像以上にキビキビと走ってくれ、特にセレナe-POWERの瞬時に立ち上がるトルク感は魅力。アクセルペダル一つで走る操作性も、非常に楽チン。意外と長距離ドライブしがちなミニバンユーザーやママさんドライバーこそ相応しい技術なのかも知れない。

またハイブリッド化による室内空間の犠牲もないため、セレナe-POWERは非常に高い商品力に仕上がってるミニバンと試乗評価をまとめることができましょう。新型セレナe-POWERを通勤時などで使う場合、それまでと違った景色が見えるかも。

プロによる新型セレナe-POWERの試乗記事を読んでも、プレイボーイの試乗では「予想外の出来」「程よく別物感アリ」、ベストカーの試乗では「会心作」とそれぞれ新型セレナe-POWERのクオリティの高さを評価されております。

○新型セレナe-POWERは「プレミアムブランド」として発売すべきだった?

だから新型セレナe-POWERを試乗して感じるのは、わざわざ「セレナ」というブランドに拘る必要があったのか?という疑問。

日産は敢えて「セレナ」というブランドに拘らず、トヨタの「エスクァイア」的なプレミアムブランドで発売しても良かった気がする。更に言えば、新型セレナe-POWERは車格もワンクラス上に拡大すべきだった気がします。

ミニバンに限らずですが、割高な価格帯でも車体が大きければ満足感は得られる。

既にエルグランドのフルモデルチェンジを頓挫させたという情報も報じられているため、今後日産からはLクラスミニバンの供給が途絶えそうな雰囲気。セレナe-POWERの車格拡大という選択肢は決して非現実的ではないでしょう。