【評価】ステップワゴンハイブリッド 評価インプレッションまとめ【ホンダ新型スパーダ】

スポンサーリンク

ホンダの人気ミニバンと言えば、ステップワゴン。2015年にフルモデルチェンジされましたが、ハイブリッドがラインナップされないこともあってか販売はやや不振気味。そこでホンダが2017年9月にステップワゴンをマイナーチェンジ。テコ入れ策として導入したのが「ハイブリッドモデル」の投入。

そこで今回はホンダ新型ステップワゴンハイブリッドの試乗評価をまとめてみました。ハイブリッドモデルは「スパーダ」にしか設定されないため、厳密には「新型ステップワゴンスパーダハイブリッドの試乗記事」と表現すべきだと思うんですが、ステップワゴンは8対2の割合でスパーダが売れているので問題なし(笑)

とりあえずミニバンのクルマ選びに迷っている方は参考にして下さい。

新型ステップワゴンスパーダハイブリッドの内外装をチェック

まず簡単にホンダ新型ステップワゴンスパーダハイブリッドの内外装をチェックしたいと思います。今回のマイナーチェンジで何か変更点はあったのか?

結論から書くと、ステップワゴンスパーダは非ハイブリッドも含めてフロントマスクが変更されております。全体的な雰囲気は、ややホンダ・オデッセイに近付いた感じか。ちなみに画像はガソリン車専用カラーの「パープル(アメジスト)」。

具体的にはフロントグリルのメッキ感が増して、ボンネットフードも先端が高くなったことでより1BOX感が強調されております(ちなみにハイブリッドエンジンを搭載するため、ボンネットフードの拡大はある意味必須だった)。他にもスパーダハイブリッド専用のLEDヘッドライトや5連フォグランプなど、確かに質感は高まっていると評価して良さそう。

旧自動車ブログで「ステップワゴン vs ノア・ヴォクシー 徹底比較まとめ」という記事でも言及しましたが、ホンダ・ステップワゴンスパーダは見た目にインパクトが欠けた。それに対するテコ入れが施されたカタチ(ただそれ以前にノア・ヴォクシーもマイチェンで大胆に見た目が刷新されてたためインパクトは弱まった?)。

個人的には車体カラーがブラックの新型ステップワゴンスパーダが渋くて好きかも知れない。確かにステップワゴン以外のライバルミニバンと比較すると大人しさは未だ否めないものの、それでも万人受けしやすいカスタム系デザインではなかろうか。ハイブリッド専用カラーの「グリーン」も意外と渋い。

ちなみに新型ステップワゴンハイブリッドのリア周りは変更点が少ないため画像は割愛。

新型ステップワゴンスパーダハイブリッドの内装面はほとんど変更されてないと思うんですが、メーターやセンターコンソールなどはハイブリッド専用ものに変更されています。他にも「カーボンタイタニウム」と呼ばれる新柄が新たに用意されていたり、相変わらず水平基調の見晴らしに優れた内装インパネかなと思います。

ただシートはヘッドレストのクッション性がアップ。試乗評価は改めて後述しますがサスペンションもハイブリッド専用のものに変更されるなど、新型ステップワゴンスパーダハイブリッドの「乗り心地」は更に劇的に改善されております。

一応、バッテリーなどを搭載したことでフロントシート下の床が盛り上がって、若干室内空間が犠牲になってるものの、ほとんど気にならず。オットマンと思えばむしろ快適と評価すると試乗レビューもあります。だから新型ステップワゴンハイブリッドは乗降性に悪化なし。

ということで試乗の本題。ホンダ新型ステップワゴンスパーダハイブリッドの評価はどうなのか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする