【自動車用語】セグメントの意味とは?

スポンサーリンク

セグメントの意味を解説・説明

自動車に関する記事を読むと、たまに目にするワードが「セグメント」。「Aセグメント」や「Bセグメント」といった使われ方がします。たまに「Aセグ」や「Bセグ」といった略称を目にしたことがある人もいるでしょう。

そこで今回は「セグメント」の意味を解説したいと思います。

「セグメント(segment)」は英語でざっくり直訳すると「部分」や「一部分」といった意味になります。だから簡単に言い換えると、セグメントは「自動車の車体サイズの分類」と解釈すると分かりやすいはず。日本人だと「セクション」といった英語の方が馴染みがあるか。

「セグメント」は主に海外で使用されている言葉

ただセグメントに関する法的な基準は少なくとも日本には存在しないため、例えば「1ナンバー」や「3ナンバー」「5ナンバー」といった車体の区分とは明確に違うと考えて良さそうです。だから日本ではセグメントという言葉は頻繁に使われていないのも納得。

実際、主に「セグメント」はヨーロッパや海外で使われていることが多い。理由はEU欧州委員会において、セグメントは細かく9つほど規定されているから。ここまでセグメントで分けるのは、中世ヨーロッパの階級制度の名残があるから…といったウワサもありますが真偽は不明。

例えば「Fセグメント」はラグジュアリーカー「Sセグメント」はクーペやスーパーカー・オープンカーなど、「Mセグメント」はミニバンのような多目的車(MPV)、そして「Jセグメント」はSUV(クロスオーバー)などにそれぞれ細かくカテゴライズされているらしい。

ただそれらはジャンルがジャンルのため、日本国内ではほとんど見聞きする機会はありません。そこで日本でも一般的に使われる「各々のセグメント」を解説して記事を終わりたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする