【自動車用語】サポカーとは?

スポンサーリンク

最近は自動ブレーキシステムを搭載した自動車が増えました。そこで耳にすることが増えたワードといえば「サポカー」と呼ばれるもの。そこで今回は簡単に誰でも分かりやすいように「サポカーの意味」を解説してみたいと思います。

スポンサーリンク

サポカーの意味を解説・説明

サポカーとは「セーフティーサポートカー」の略語

経済産業省や国土交通省などが音頭を取って、2017年3月に高齢運転者の事故防止対策の一環として導入した取り組み。簡単に言うと、自動ブレーキシステムを搭載した自動車の安全性を評価する指標の一つと思って下さい。

サポカーには「セーフティ・サポートカー(サポカー)」と「セーフティ・サポートカーS(サポカーS)」の二つが用意されています。両者の大きな違いをざっくり説明すると、自動ブレーキシステムとは別に更なる安全装備が付加されているかどうかという点。

つまりサポカーは「自動ブレーキシステムのみの自動車」なのに対して、サポカーSとは「自動ブレーキ+踏み間違い防止装置etcなどが追加された自動車」ということ。言葉のイメージ通り、サポカーよりもサポカーSの方が優れた安全性を誇ります。

政府的にはサポカーは「特に高齢者に推奨」を主眼に置いている制度とのこと。だからもしかすると「S」の意味は「シルバー(高齢者)」のSなのかも知れない。ちなみにサポカーに認定されたからと言って、別に税制が安くなるわけではありません…おい世耕!

サポカーSの区分

ただサポカーSには更に細かく区分が用意されています。今後売れ筋になる車両はほとんどサポカーSに属する自動車ばかりになると思うので、このサポカーSの区分が重要になります。

(経済産業省)

サポカーSの区分は大別すると3つ。

一番安全性に優れた「サポカーSワイド」の特徴としては、やはり自動ブレーキが「対歩行者」に対応しなければいけないことが大きいと思います。実際2017年11月時点では「対歩行者」まで対応してる自動ブレーキはそこまで多くはないはず。ただJNCAPの予防安全性能アセスメントでは既に対歩行者のテストが導入されているため、サポカー制度は後追い感はありますが…。

他にもサポカーSワイドに認定されるには「踏み間違い防止装置」や「車線逸脱警報」や「先進ヘッドライト」といった様々な機能が搭載されていることも条件になります。前者二つは多くの軽自動車にも搭載されているものの、最後のハイビームアシスト機能(自動ハイロー切り替えシステム)は地味にハードルが高いかも知れない。