【自動車】3ナンバーと5ナンバーの違いとは?【解説まとめ】

最近、自動車で「アルファベット表記のナンバープレート」が新たに導入されて話題に。今後英字入りのプレートが増えそうですが、このナンバープレートの正式名称は「自動車登録番号標」などと呼ばれます。

この分類番号の最初に表記されてる数字は、実は「車両のサイズ」を現してる。3ナンバー車であれば最初の数字は3、5ナンバー車であれば最初の数字は5といった具合。

でも意外と知ってそうで詳しく分かってないのが「3ナンバー」と「5ナンバー」の違いではないでしょうか。そこでカーギークでは今回3ナンバーと5ナンバーについて徹底的に解説していこうと思います。

【解説まとめ】3ナンバーと5ナンバーの意味や定義

まずは3ナンバーと5ナンバーの意味や定義を解説。

ざっくり解説すると、3ナンバー車とは「普通乗用車」のこと。更に詳しく言うと、乗車定員が10名以下の普通自動車を指します。一方、5ナンバー車とは「小型乗用車」のこと。いわゆるコンパクトカーと定義するといいと思います。

またエンジン排気量にも違いがあって、3ナンバー車は「エンジン排気量が2000cc以上」の車種を意味し、逆に2000cc以下のエンジン排気量であれば5ナンバー車と道路運送車両法で規定されております。

3ナンバーと5ナンバーの違いは「車体の大きさ」

そのため3ナンバーと5ナンバーの最大の違いは「車体の大きさやサイズ」になります。

3ナンバー車は乗車定員に規制はあるものの、車体サイズに関する規定は存在しない。一方、5ナンバー車は車体サイズに関して明確な法規制が存在しております。

具体的には、5ナンバーサイズは「全長が4.7メートル、全幅1.7メートル、全高が2.0メートル」と道路運送車両法で規定されております。どのサイズが一つでも制限を超えてると3ナンバー車に区分けされる。

そのため国産コンパクトカーの多くは、特に全長が1.7メートルを超えないように設計されてることが多い。逆に全長は4.0メートルを超えないように設計されており、5ナンバーサイズの定義がいびつっちゃいびつ。

具体的な3ナンバーと5ナンバーの車種とは?

じゃあ3ナンバー車と5ナンバー車は一体どんな車種が存在するのか?

例えば、国産車だと5ナンバー車はトヨタ・アクアやホンダ・フィット。マツダ・デミオやスズキ・スイフト、クロスビーなどが該当。逆に車体が大きいイメージがあるホンダ・ステップワゴン日産・セレナやトヨタ・ノアヴォクシーなども5ナンバーサイズに収まっており、実は3ナンバー車ではございません。

○地味に車幅が1.7mを超えてる3ナンバー車は多い

ただ結構ややこしい車種も多い。

例えば、5ナンバー車のフィットをベース車両としたヴェゼルは3ナンバーサイズだったりします。何故なら全幅が1.7メートルを超えるから。同様にスイフトベースのスイフトスポーツも3ナンバーサイズ。

他にも輸入車・外車でも全長が4000mmを下回ってても、全幅が1700mmを超えてる車種も少なくない。そのためサイズが小さいイメージがあるアウディ・A1やプジョー・208やBMW・MINIなどは3ナンバーサイズに該当します。

3ナンバーと5ナンバーで維持費や税金面で差はある?

じゃあ法律で細かく定義されている3ナンバーと5ナンバーで車体以外に大きな違いはあるのか?もっと言えば、維持費や税金面での違いは出てくるのか?って話。

さっそく結論から書くと、3ナンバーも5ナンバーも維持費の点で大きな違いはないというのが答えになります。どっちも実は税制面での違いはない。

理由は至ってシンプル。何故なら、日本の法律では「車体サイズに関する税金」が存在しないから。車体の全幅が1.7メートルを超えたとしても、そこで新たな税負担が増えるわけではない。

実際、前述のフィットとヴェゼルであれば全幅の違い程度しかなく、少なくとも税負担はほぼ同じ。そのため3ナンバー車や5ナンバー車に特に意識してクルマ選び必要はないと個人的には思います。

○一般的に3ナンバー車の税負担が重くなる理由

ただ、「自動車重量税」や「自動車税」といった部分で維持費での違いが発生してきます。

自動車重量税は「車重の重さ(500kgごと)」に税負担が増し、自動車税は「エンジン排気量(500ccごと)」によって税金が高くなる。つまり、車格が大きい3ナンバー車の方が5ナンバー車よりも一般的に税負担が重くなることは間違いない。

それでも5ナンバー車と3ナンバー車もこれ自体にやはり大きな意味はなく、あくまで維持費や走りの点で比べるのであれば「エンジン排気量」や「車重」で見比べてクルマ選びすることをおすすめします。