スズキ新型クロスビー 試乗インプレッションまとめ【おすすめ長所・短所etc】

スポンサーリンク

スズキから新たに発売された注目の新型SUVといえば「クロスビー」。見た目は完全にハスラーではあるものの、既にスイフトやソリオと肩を並べるぐらい人気が沸騰してるとかしてないとか。

そこで今回はスズキ新型クロスビーの試乗インプレッションを解説したいと思います。ディーラーで試乗すれば済む話ではあるもの、クロスビーを購入するときの参考に読んでみて下さい。

ちなみにクロスビーの内外装の評価は既に冒頭記事でレビュー済みなので、今回の試乗インプレッションでは割愛してます。

クロスビーの名前の由来は?

まず簡単に「クロスビー」という車名の由来を解説。

クロス(X)は言うまでもなくSUVそのものを指しております。一方、ビーは「to be exciting」の略語らしい。クロスビーで「SUVらしい走りを楽しもう」的な意味合いが込められてるんだと思います。

またBEEは直訳すると「虫のハチ」。そのためフロントグリルはハニカム構造に設計されており、シート表皮もハニカムデザインが採用されております。両方の意味があると考えていいでしょう。

スズキ・クロスビーの走りはキビキビと楽しい!

ということで早速本題。新型クロスビーの試乗評価をレビューしたいと思います。果たしてハスラーより買う価値はあるのか?

結論から書くと、新型クロスビーの加速感はキビキビと楽しいと思います。

新型クロスビーには「1.0L直3ターボエンジン(K10C)」が搭載されてる。最高出力が73kW(99PS)/5500rpm最大トルクは150Nm(15.3kgm)/1700~4000rpm。パワー感を分かりやすく例えると、最高出力は1500ccクラス、最大トルクは1700ccクラス。

それでいてクロスビーの車重は960kgと軽自動車並。そこに電気モーター(3.1PS/5.1kgm)がささやかながら加速をアシストしてくれるため、新型クロスビーは発進加速はキビキビとグイーンと伸びてくれる。

また変速機はギヤ比が大きい6速ATを採用してるため、新型クロスビーのアクセルフィールが自然。アプローチアングルが19.7度とイグニスよりは若干負けるものの、街中であればどういった道でも安心して走破できるのも安心。

エンジン音は直3特有のノイジーさはあるものの、アクセルの踏み込みと共にエンジン音が華麗に吹き上がってくれるため不快感どころか気持ちが昂るほど。新型クロスビーはパドルシフトは全車標準装備のため、MT車のように扱える楽しさも提供してくれる。

スイフトRStと比べるとエンジンスペックは少しだけ見劣りするものの、新型クロスビーのパワー感は必要十二分。トルクは1.5L NAエンジン並だけあって、大人数名程度の乗車であれば難なく加速してくれる。

「スポーツモード」は回転数を強制的に2000rpmまで引き上げることで、しっかり欲しいだけの力強い加速感が得られるのもgood。ハスラーのSモードの比ではなく、6速ATとあいまって「体感的にトルクが二倍に増えた」という感想を語る試乗記事もあります。