スズキ新型クロスビー 最新情報まとめ【価格・発売日・エンジンスペックetc】

スポンサーリンク

スズキから今日2017年12月25日に新たな新型車が発売されました。その名も「クロスビー(Xbee)」。クロスビーの見た目がまんま軽自動車SUVのハスラー。そのため当初はハスラーワイドという呼び名で発売するのではないかと噂されていたほど。

そこで今回はスズキ新型クロスビーに関する最新情報を今更まとめておきました。いずれクロスビーに試乗記事も執筆したいと思いますが、東京モーターショーにも出品するなど既に爆発的な人気の兆しが見られるらしいです。

クロスビーの車体サイズや見た目情報をチェック

まず最初の情報は、クロスビーの見た目や車体サイズからチェックしたいと思います。

既に冒頭にクロスビーの画像は貼ってありますが、クロスビーは「Aセグメントカー」にあたるため、プラットフォームもイグニスやソリオと同じものを採用しています。具体的なクロスビーの車体スペックは3760×1670×1705mm(全長×全幅×全高)。

ただスズキから発売されてるイグニスと比べると、全長+60mm、全幅が+10mm、全高が+110mm。そのためイグニスより室内空間が広く、荷室はゴルフバックがフル乗車時でも3個積載できるなど、クロスビーは更に実用性にも優れてるコンパクトSUVになっている模様。

クロスビーで面白いのは車体カラー。これまで2トーンカラーが流行っていましたが、クロスビーは「3トーンカラー」を設定してる。

ルーフに加えてサイドドア部分が黄色が採用されてることが分かると思います。それでいてオプション価格はツートンカラーと同じ。今後は更にバリエーションが追加されそうな予感がします。

ちなみにクロスビーの車体カラーはハスラーの人気色が踏襲されているため、おそらくガッカリ感を覚えることはないはずです。

ハスラーが発売前に東京モーターショーでコンセプトモデルが出品されましたが、このデザインに近付けたのかなーと考察されます。フェンダーアーチモールなど樹脂製ガーニッシュが多用されており、ハスラーよりクロスビーは相当SUVテイストがマシております。

正直、ハスラーが実際に発売された当初はSUVらしい樹脂感に欠けてガッカリした記憶があるんですが、このクロスビーはまさに消費者の気持ちにドンピシャなクルマに仕上がっていると思います。「俺が求めていたのはコレだ!」といった感じ。

ちなみにクロスビーのコンセプトデザインはこんな感じでした。軽自動車規格もあってハスラーはサイドが切り立った感はあるものの、クロスビーはそういった規制に囚われず丸みを帯びたデザインに仕上がっております。

クロスビーの内装や室内の画像情報をチェック

続いての情報はスズキ・クロスビーの内装面をチェックしたいと思います。

クロスビーの内装インパネ周りの画像がコチラ。ハスラーよりは質感が高く、良い意味でプラスチッキー。価格以上に質感が高いとまでは言いません。

クロスビーのメーターパネルが結構面白いデザインに仕上がってるのが注目。アウトドアチックな雰囲気も出ており、若者受けしそうなデザイン。ただ液晶の数字やフォントがダサいのは難。スズキに限った話ではありませんが、どうしてこういう部分に手を抜いてしまうのか。残念。

東京モーターショーに出品されてもいましたが、クロスビーは外観と同様に内装面でも色んなオプションが用意されている模様。

先程も少し触れましたが、クロスビーの荷室空間はそれなりに確保されているため、床下空間も使うことでベビーカーなども積載することが可能。ハスラーだとやっぱりしんどい部分になるはず。アウトドア目的で考えるなら、間違いなくクロスビーに軍配に上がるでしょう。