【2021年6月25日】トヨタ新型スープラ、35周年特別仕様車が発売へ!装備内容はどうなってる?

2019年5月に復活したトヨタのスポーツカーが「スープラ」。BMWが製造開発してるものの、見た目の違い以上に乗り味は結構違ってます。このスープラは以前はトヨタが自社開発してたわけですが、初代スープラは1986年に発売されてる。

そのため今年2021年はスープラ発売から35年目に当たるんだそう。

4700538b3688df0bd07aaf585fcf146a 449x400

(トヨタ現行スープラ)

そこで今回カーギークでは2021年6月25日に発売されるスープラ35周年特別仕様車について解説したいと思います。

e45ece663955cbcede2fe185ef648ce5
【2021】新型車フルモデルチェンジ一覧まとめ!2021年発売予定のSUVは?メーカー別最新版スケジュール!【トヨタ ホンダ 日産 スズキ マツダ スバル ダイハツ】
【最新版】2021年以降に発売される新型車は?2021年にフルモデルチェンジ,マイナーチェンジするSUV車は?新車最新スケジュールを一挙おさらい!トヨタ,ホンダ,日産,スズキ,マツダ,スバル,ダイハツの全メーカー別まとめ!

35周年スープラの中身は?

トヨタ新型スープラの35周年特別仕様車のベースグレードは「RZ」と「SZ-R」の二種類になります。RZは3.0L直6ターボエンジンを搭載した上級グレード、SZ-Rは2.0L直4ターボエンジンを搭載したミドルグレード的な位置付け。

b8d5edf67d9ab6d1c5a557b82917af79 500x348

今回の35周年特別仕様車には「マットストームグレーマイカ」という車体カラーが用いられます。タイヤは19インチのつや消しブラック塗装のアルミホイールがおごられます。

5de6d31d227b6309e6a7c14eb7780cb9 500x359

また内装面では「赤色シート」が採用されます。RZは本革シート。SZ-Rはベースグレードと同じく本革とコンビ表皮が組み合わせたシート。インパネ部分に専用のカーボン素材も採用されます。他にもコンソール部分には「ワイヤレス充電」の設備も標準装備されます。

ちなみにスープラのMTモデルは今回の特別仕様車でも投入されません。どうやら2022年以降の年次改良?

https%3A%2F%2Fcar geek
【2021年10月】トヨタ新型GR86 フルモデルチェンジ最新情報まとめ!発売日や次期デザインは?アイサイトが標準装備?ハイブリッド化やMR駆動化はある?オープン化も?【ハチロク】
【最新情報】トヨタ新型86(ハチロク)が2021年10月にフルモデルチェンジ確定?GR86に改名?安全装備がアイサイトに進化?3代目86はハイブリッド化やMR駆動化も?発売日,デザインなど次期86のフルモデルチェンジ最新情報を徹底解説まとめ!

ただし限定35台

ただし、今回のスープラ35周年特別仕様車はいわゆる限定販売。35周年の数字に合わせて、各々のグレードで【35台ずつ(合計70台)】しか発売されないそう。そのため抽選販売になるため、全員が購入することはできないかも。

また納車もかなり遅いです。2021年6月25日に発売されるものの、実際に納車が始まるのは同年12月以降とのこと。スープラはBMWが基本的に開発してることも影響?とはいえ35台ずつの限定販売ですから、何故ここまで時間がかかるかは不明。

スープラ35周年特別仕様車の価格帯は現時点で不明ですが、装備内容を考えると+50万円程度の範囲に収まりそう。だからRZの特別仕様車は780万円、SZ-Rの特別仕様車は650万円程度と予想してみる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました