【2018】新型シビックハイブリッド最新情報まとめ【ホンダ】

スポンサーリンク

つい先日、ホンダ新型シビックが復活してかなり話題になりました。それに比例するように新型シビックの販売受注も好調らしい。3ナンバーに車体は拡大したものの、「シビックタイプR」のブランド力は今も健在。特にタイプRの魂を引き継ぐ、シビックハッチバックが基本的に売れてるそう。

この新型シビックに搭載されているのは1.5L直4ターボエンジン。グレードなどによって微妙にエンジンスペックは異なるものの、おおむね180馬力前後の最高出力を発揮するパワフルさ。

でも誰もが気になったのは、シビックには「ハイブリッドエンジン」が搭載されていないこと。

ホンダのミニバン・ステップワゴンも、当初はハイブリッドが搭載されずに不発でした。でも最近ハイブリッドエンジンが搭載されたことで、ステップワゴンの販売台数が復調傾向。「ホンダ新型ステップワゴンハイブリッド試乗評価まとめ」も詳しくは読んでもらうとして、やはり日本人はハイブリッドが好きらしい。

当然シビックにもハイブリッドモデルが欲しいのが本音。うん。

…と前置きが随分長くなりましたが、ご期待通りにホンダ・シビックからハイブリッドモデルが投入されるというウワサが既に流れています。そこで今回はベストカー1月10日号の最新情報をベースに、自分なりの考察も交えてホンダ・シビックハイブリッドの真偽の程を確認していきましょう。

シビックハイブリッドのグレード名は「IX」

まずシビックハイブリッドのグレード名。現行シビックには「シビックセダン」と「シビックハッチバック」のモデルが存在しますが、それぞれが1グレード。そのためそれ以上のグレード名は存在しません。

でもベストカーの最新情報によると、シビックのハイブリッドモデルは「シビックハイブリッドIX」と呼ぶらしい。もしくは、もっとシンプルに「シビックIX」のみ?

ベストカーを読んでもいまいちそこの詳細は把握しづらいものの、とにかくハイブリッドモデルには「IX」という冠が付く模様。残念ながら「IX」の意味は不明。「X」はSUV系の車種に命名されそうな名前なんは気になりますが、グレイスを参考にすると確度は高そう。

シビックハイブリッドの発売時期は2018年後半

そして、やはり気になる発売時期。新型シビックハイブリッドはいつ登場するのか?

ベストカー情報によれば、どうやらホンダ・シビックハイブリッドの発売時期は2018年12月頃とのこと。だから今からちょうど一年後ぐらい。年末商戦に合わせて2018年10月11月ぐらいにはティザーサイトなど、シビックハイブリッドの情報がホンダから発表されるに違いない。

続いてはシビックセダンの更なる詳しい情報をチェックしていきましょう。セダンとハッチバックの両方がハイブリッド化されるんでしょうか?