【最新情報】ベンツ新型GLBクラスが売れる匂いしかしない!【メルセデスベンツ】

ここ4年5年は「SUV」が人気と言われて久しいです。スポーティーかつ実用性が高いカッコイイクルマとして、高級輸入車メーカーも次々とSUVジャンルに参入。ロールスロイスやマクラーレンですらSUVモデルをを発売中。

その中でもお手頃なプレミアムSUVを発売しているのが、メルセデスベンツといったドイツ車メーカー。Gクラス(ゲレンデヴァーゲン)のようなゴリゴリのSUVも発売していますが、300万円台から購入できるクーペスタイルのGLAクラスも人気。

そこでメルセデスベンツは新たに新型SUV「GLBクラス」を発売。既に新型GLBクラスのテストカーは海外で走行し、今月の上海モーターショーに新型GLBクラスがようやく初お披露目。

そこで今回カーギークではメルセデスベンツ新型GLBクラスの最新情報をまとめてみた。新型GLBクラスの発売日はいつ頃か?また価格はいくらほどするのか?是非GLBクラスに興味がある方はチェックしてみて下さい。

ベンツ新型GLBクラスの発売時期は2020年以降か?

まずは発売日情報からチェック。果たしてベンツ新型GLBクラスのクラスはいつ頃に登場するんでしょうか?

結論から書くと、ベンツ新型GLBクラスの発売時期は不明です。

当初新型車情報に定評があるマガジンXなどは2018年後半頃発売と報じていたものの、結果的には間違い。それだけ新型GLBクラスの開発が遅れた裏返し。

上海モーターショーで初お披露目されたことを考えると、新型GLBクラスの主戦場は中国。だからまずは中国国内で2019年後半から2020年半ば頃にかけて発売されるはず。

つまり、日本国内に新型GLBクラスが導入されるのはそれ以降とカーギークでは予想してみる。だから新型GLBクラスの発売時期は東京オリンピック以降か。

新型GLBクラスはMFA2プラットフォームを採用

続いては新型GLBクラスの中身やスペックをチェックしたいと思います。

まずGLBクラスの車体サイズは4500×1820×1600mm(全長×全幅×全高)。GLAクラスと比べるとややサイズは大きめ程度。ただGLBクラスには「7人乗りモデルの三列シート車」が一年程度遅れて用意されます。

GLBクラスのプラットフォームは新型Aクラスに採用される「MFA2プラットフォーム」と共用。だからGLBクラスの発売時期が大幅に遅れていたのもむべなるかな。つまり、新型GLBクラスの中身は「ほぼ次期GLAクラス」と解釈しても良さそう。

(メルセデスベンツ新型GLBクラス 内装インパネ)

だから新型GLBクラスの内装インパネ周りも新型Aクラスと同様に「MBUX」と呼ばれる先進システムが踏襲されます。新型GLBもドライバーの言葉に反応する音声認識システムが投入。

また新型GLBクラスの内装は茶色系統で仕上げてくる。あらゆる革をふんだんに使用。高級感とリッチ感がヤバイ。

car-geek.com

新型GLBクラスの外観デザインがカッコかわいい!

そこで改めてメルセデスベンツ新型GLBクラスの外観デザインをチェック。想像以上に売れる匂いしかしない。

新型GLBクラスのフォルム感はオフロード感が強い。GLAクラスと違ってクーペ感がない。それ故に新型GLBは旧GLKクラスの後継車と目されており、程よいワイルドさを兼ね備えてる。

だからといって、そこまで見た目にゴリゴリ感はない。新型GLBクラスはボルボ・XC40のような都会的な雰囲気も持ち合わせてるのが良い。

car-geek.com

またフロントマスクを確認すると、新型GLBクラスは最近のメルセデスベンツのような細目ヘッドライトじゃないのも差別化できてて良い。丸みを帯びたデザインもどこか可愛らしさが残っており女性ユーザーでも購入できそう。

新型GLBクラスのリアデザイン画像がこちら。地味にタイヤ・ホイールのデザインもかっこいい。

ちなみにまだGLBクラスはコンセプト段階のため、実際に市販される際にはもう少しデザイン安堵が変更される可能性も。

ベンツ新型GLBクラスの価格は500万円前半から?

まだ日本国内で発売されるか決まったわけではありませんが、最後は新型GLBクラスの価格情報を予想。

まず確認しておくと「GLB 35」と「GLB 45」の2グレードが展開すると言われてる。

そして、GLBクラスの搭載エンジンは「2.0L直4ターボエンジン(270M20型)」がメインになります。224馬力と350Nmが発生。4WDシステム「4MATIC」が同様に組み合わされる。

日本国内に導入されるかどうかはさておき、環境規制への対応も踏まえるとプラグインハイブリッドモデルの設定もありそう。

結論から書くと、新型GLBクラスの価格帯は500万円ちょいからとカーギークでは予想してみる。

例えば、GLAクラスの価格帯はエントリーモデルでも406万円から。Bクラスは1グレードのみで価格は360万円。2019年以降は円安傾向が進んだこともあってか、更に値段が割高になる予定。

他にも、新型GLBの上位モデルになるであろう「GLCクラス」の価格帯は620万円からに設定されており、ベース車両のCクラスよりも100万円強も割高。またGLBは「GLCとGLAの中間モデル」という単純な位置付けでもないとされてる。

だから新型GLBクラスの価格はGLCに近づく可能性もあるので、少なくとも400万円を割り込む可能性は低い。またメルセデスベンツのような輸入車はエンジン排気量などによって価格が大きく異なる。

もし新型GLBクラスに4WDモデルしか設定されない場合、エントリーモデルでも600万円近い値段から始まる可能性だってありそう。ということで、まとめると新型GLBクラスの価格帯はおおむね500万円台の範囲からになると予想。

car-geek.com

car-geek.com