【評価】新型シビック 試乗インプレッションまとめ【ホンダ復活へ?】

スポンサーリンク

ホンダが誇る世界戦略車といえば「シビック(civic)」。アメリカのカーオブザイヤーにも選出された過去があるほど。ただ残念ながら、2010年の8代目のフルモデルチェンジを機に、ひっそりとシビックは日本国内からは消滅しました。

しかしこのたび9代目をすっ飛ばして、2017年9月29日に10代目シビックが発売されたことが話題に。新型シビックの車体サイズはかなり巨躯だったため心配していましたが、話題が先行したこともあってか割りと受注が好調らしい。「ホンダ新型シビックの受注や納期目安」も参照。

そこで今回はホンダ新型シビックの試乗インプレッションをまとめてみました。

インターネットや自動車雑誌などから幅広く試乗の評判を集めました。走り以外の使い勝手の良さなども含めて総合的にシビックを評価してるので、良かったら復活シビックの購入に迷ってる方は参考にして下さい。

シビックセダンとハッチバックの違い

ホンダ新型シビックの試乗記事に入る前におさらい的に解説しておくと、シビックには「セダン」と「ハッチバック」の2グレードが用意されています。

両者の車体サイズを確認すると、シビックハッチバックが4520×1800×1435mm(全長×全幅×全高)に対して、シビックセダンが4650×1800×1415mm(全長×全幅×全高)。全長が違うのは当然として、全高はセダンの方が低い。

でも単に車体サイズだけが違うのかと思いきや、意外と両者の違いは大きいらしい。例えば価格の差が顕著。シビックセダンが265万円に対して、シビックハッチバックは280万円と価格差は15万円もある。

だから、どっちのシビックを選ぶか重要な点だと思うので、両者の違いを知っておいて損はない。

(左:シビックハッチバック 右:シビックセダン)

例えばリアを見ると、かなり違いが読み取れます。やはりシビックハッチバック(左)はセンター2本出しマフラーが目を引きます。「シビックタイプRの香りが濃厚」とするのはベストカーの試乗記事。

またタイヤのインチサイズにも違い(ハッチバックは18インチに対して、セダンは16インチ)があったり、全体的にシビックハッチバックの方がスポーティーなスタイルに仕上がっています。

他にも新型シビックの色んな試乗記事を読んでも、やはりタイプRと瓜二つのシビックハッチバックのルックスはクルマ好きにはそそる模様。自分もシビックハッチバックの方がどちらかと言えば好きです。

他にもセダンとハッチバックの間では細かい違いはあるんですが、おいおい解説したいと思います。