ホンダ新型シビックの受注数と納期がヤバイwww

スポンサーリンク

つい先日、ホンダ新型シビックが復活。最近はトヨタ新型ハイラックスなど再び日本市場で再販される車種も増えましたが、新型シビックはCセグメントカーとはいえ車体サイズがアメリカンサイズ。だから日本市場にはマッチングしにくいと考えられてた。

そのため誰とは言いませんが、某自動車ジャーナリストも「絶対売れへんしwww」と豪語してました。いくらONE OK ROCKをCMに起用しても自分も新型シビックは売れないと思ってた口ではあるものの、いざフタを開けてみると新型シビックの受注と納期が大変なことになっていたwwwというお話。

そこで今回はホンダ新型シビックの納期と受注数に関する考察記事を作ってみました。新型シビックは良くも悪くも特殊なため、もし購入を考えてる方は参考にして下さい。果たして新型シビックはいつ購入することができるのか?納車されるのか?

新型シビックの受注数は一ヶ月で1万2000台超え!

まず受注数から言うと、新型シビックは発売されてからわずか一ヶ月足らずで受注数が1万2000台を超えたらしい。もはやそこそこ人気の軽自動車並。新型シビックの価格帯は250~280万円ってことを考えると、この数字は驚異的。

もう少し詳しい受注の割合を見ておくと、受注の半分近くはシビックハッチバックらしい。このハッチバックの価格帯はシビックセダンよりも+15万円ほど割高。理由はシンプル。シビックセダンよりややスポーティーに仕上がってる(エンジントルクがやや太く、タイヤのインチ数も大きいetc)。

しかもシビックハッチバックのみに用意されている6速MTの受注数が2100台と好調。このハッチバック(6MT)はCVTよりもエンジントルクが更に野太い。シビックハッチバックの受注動向を見ていくと、日本市場にもまだまだスポーツカー好きの需要が眠っていることが伺えます。

また価格が450万円と割高のシビックタイプRの受注数も2100台と、ノーマルシビックハッチバック(6MT)とほぼ同水準並みに売れてる。新型シビック全体の月販目標台数が2000台だったらしいですから、まさに驚異的。先代シビックタイプRは数年前に750台ほど限定販売されて即完してた事もうなずけます。

自分でも何回「驚異的」という言葉を使ったのか分かりませんが、初期受注としては「これぞ好調」と表現する以外にないでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする