【試乗】トヨタ新型ハイラックス 評価まとめ【おすすめインプレッション】

スポンサーリンク

残念ながら一昔前に日本市場から消えてしまったものの、つい先日、13年ぶりに復活販売がされたのがトヨタ新型ハイラックス(既に海外では2015年にデビュー済み)。ハイラックスの世界累計販売台数はなんと1700万台以上。トヨタだとカローラの累計販売台数が4000万台。ハイラックスのジャンルがピックアップトラックであること考えると、かなりスゴい。

(トヨタ新型ハイラックス TRDバージョン)

実際新型ハイラックスの初期受注も割りと好調らしく、そこで今回はトヨタ新型ハイラックスの試乗インプレッションをまとめてみました。個人的な感想も含めて、自動車雑誌さんなど様々な試乗記事から総合的に評価してみました。

トヨタ復活ハイラックスの購入に迷っている方は参考にしてみて下さい。

まずは新型ハイラックスの内外装を評価してみる

試乗記事に入る前に、トヨタ新型ハイラックスの内外装をチェックしてみたいと思います。

まず内装インパネ周りはこんな感じ。新型ハイラックスの価格帯が330~380万円前後ですから、決して新型ハイラックスの内装の質感は高いとまでは言えなさそう。ハイラックスがタイ産ということも影響か。ちなみに日本向けにワイパーモーターなどが強化されているなど、現地仕様のハイラックスとは変更点は多いらしい。

ただ日本だと軽トラックぐらいしかピックアップトラックの代用ができるクルマがない。そう考えると液晶ディスプレイのナビ画面、ブルーに輝く自発光式メーター(上級モデル「Z」のみ)など、新型ハイラックスの内装は「若者が乗ってても全然恥ずかしくない質感」には仕上がっていると思います。少なくとも商用車感はゼロ。

あくまで価格とのバランスを考えると…というだけであって「安っぽさ」はない。実際、新型ハイラックスを購入する若者ユーザーも少なくなく、「意外と洗練されてる」とハイラックスの内装面を評価するのはdriverの試乗記事。YouTubeでの試乗動画などを見ても「十分すぎるぐらい」と好意的に評価されるなど、一般的にそこまでネガな評価は少なそう。

続いて新型ハイラックスの室内空間の広さをチェック。先代ハイラックスよりも一回り大きくなってるだけあり、割りと開放感には長けた室内空間。先程の水平基調のデザインのインパネに関しても、「実寸以上に広く見える」と評価するのはカートップの試乗記事。

また後席シートの座り心地は先代ハイラックスより改善。新型ハイラックスもチップアップシートが採用されてるものの、4対6で分割することが可能。しかも先代と違ってシート下の空間が空いてるため、意外と後席でも足元空間の狭さは気にならない

後席シートにもアームレストが設置されているなど、新型ハイラックスはかなり乗用車ライクに仕上がっております。新型ハイラックスの乗り心地については後述しますが、シートの質感は当然にして改善されているため座り心地は必要十分。

様々な自動車雑誌の試乗記事でも「新型ハイラックスの居住性は悪くない」とまずまずの評価が散見されます。少なくとも先代ハイラックスと比べると、かなり実用性は耐えうるレベルには仕上がってるはず。

ただ後席シートは相変わらずリクライニングはできず垂直に立ち気味のため、さすがに長時間乗るのはしんどそう。また新型ハイラックスは最低地上高も高いため、運転席に乗り降りするのも良い意味で大変です(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする