【評価】トヨタ新型アクアクロスオーバー 試乗インプレッションまとめ【なんちゃってSUV】

トヨタが誇る人気ハイブリッド車といえば「アクア」。トヨタ新型アクアの売れ筋おすすめグレード一覧は既に執筆済み。

ただトヨタ・アクアは燃費とコスパに優れてはいるものの、正直あまりに売れすぎた結果、街中でアクアを見かける率はハンパない。そのため悪く言えば、アクアは無難中の無難な選択肢。

そこでトヨタが2014年のアクアのマイナーチェンジで投入したのが、SUVテイストを取り込んだ「Xアーバン」と呼ばれるグレード。ただインパクトとしてはやや弱かったのか不発に終わりました。


そして、2017年のマイチェンで更なるSUV色を強めたモデルが「アクアクロスオーバー」。実質的には改名された言った方が正しい。

そこで今回はトヨタ・アクアクロスオーバーの試乗インプレッションをレビューしてみました。果たしてクロスオーバー(SUV)らしい走りを提供してくれるのか?ちなみに2018年4月にはトヨタ新型アクアは更に一部改良済み。

アクアクロスオーバーとノーマルアクアの違いとは?

まずは簡単にアクアクロスオーバーとノーマルアクアの違いを比較してみたいと思います。やはり「クロスオーバー」と命名されてる以上は、どれだけアクアクロスオーバーの車高が高くなっているのかなど気になるところ。

(左:アクアクロスオーバー 右:アクア)

ただ結論から書くと、アクアクロスオーバーとノーマルアクアの見た目的な違いはほとんどないと言って良さそう。

アクアクロスオーバーのグリル付近のデザインは若干C-HR風ではあるものの、全体的な雰囲気はパット見はほぼ同じ。エアダクト周辺のデザインやルーフレールの有無など、確かにアクアクロスオーバーの見た目はテコ入れされているものの…うーん。

(左:アクア 右:アクアクロスオーバー)

横から比較してみると、右のアクアクロスオーバーの方が樹脂製フェンダーアーチモールを装備してるだけあってか、ややノーズがノーマルアクアよりも膨らんでるように見えます。微々たる差ではあるものの、横から比べるとアクアクロスオーバーの方がやや存在感はあるのか。

実際アクアクロスオーバーの車体スペック的には3ナンバーサイズになっており、全く同じということはなさそう。


アクアクロスオーバーの正面画像を見ると、こんな感じ。一応、SUVに見えるっちゃ見える?(笑)

価格はノーマルアクア(人気の中間グレード「S」)が188万円に対して、アクアクロスオーバーの価格が206万円

つまり両者の価格差は約20万円。この金額分をどう捉えるか。何だかイヤな予感しかしませんが、さっそくアクアクロスオーバーの試乗記事の本題に触れてみたいと思います。

アクアクロスオーバーのエンジンスペックは全く同じ

ということで試乗を評価したいんですが、結論から書くとアクアクロスオーバーのエンジンスペックに全く変更点はありません。

アクアクロスオーバーも1.5L直4ハイブリッドエンジンを搭載し、特別なチューンナップもされてございやせん。他にもサスペンションといった足回りも強化された形跡はありません。つまりアクアクロスオーバーもノーマルアクアも、基本的に走行面で違いはありません

一度でもアクアに試乗したことがある方なら、わざわざ知るべき特別に目新しい試乗情報なんてもんはありません。ただ強いて言えば、アクアクロスオーバーは大径タイヤを装着しているため、やや乗り心地や乗り味はドッシリ感は増したかも知れない(多分)。

だからアクアクロスオーバーは「SUVらしい走り」があるかといえば、もちろんNO。なんちゃってSUVチックな見た目からもたらされる「プラシーボ効果」的なもん程度の恩恵や価値しかないというのが答えでしょう。

自動車雑誌などに掲載されてる数少ないアクアクロスオーバーの試乗記事を読んでも、本当に書くことがないんだろうと思わせる薄っぺらい内容ばかり。それが全てを物語っている気がします。

ちなみに、もしアクアに走りを求めるならクロスオーバーより+数十万円で購入できる、アクアGRスポーツなどをおすすめしておきます。

トヨタ新型アクアクロスオーバー試乗・口コミ・評判まとめ

以上、トヨタ・アクアクロスオーバーの試乗レビューでした。

結論から試乗の感想を書けば、基本的にアクアクロスオーバーの「特別感」は非常に薄いものです。でも、「それでいい」とカーギークでは評価してみます。

何故ならアクアクロスオーバーの価格帯は上級グレード「G」と全く同じだから。

先程は価格差があるとお伝えしたものの、あくまで売れ筋のミドルグレードと比較した場合の話。つまり、アクアクロスオーバーは上級グレードの「SUVカスタムグレード版」みたいな商品。しかも無料。

まさに軽自動車でいう「カスタムグレード」や「ちょっとした特別仕様車」的な立ち位置と捉えれば、アクアクロスオーバーはちょっとお買い得。無難すぎて詰まらないアクアの中でも、新型アクアクロスオーバーは「魅力的な選択肢」として機能していると推察されます。

でも「なんちゃってSUV」というカテゴリーで車選びするのであれば、まだ個人的にはアクアクロスオーバーよりも「スズキ新型クロスビー」を購入するかも知れません。見た目や室内空間、走り的にもアクアクロスオーバーを上回るはず。