【評価】アクアクロスオーバー 試乗インプレッションまとめ【トヨタなんちゃってSUV】

スポンサーリンク

トヨタが誇る人気ハイブリッド車といえば「アクア」。燃費とコスパに優れてはいるものの、あまりに売れすぎた結果、街中でアクアを見かける率はハンパない。そのため悪く言えば、アクアは無難中の無難な選択肢。

そこでトヨタが2014年のアクアのマイナーチェンジで投入したのが、SUVテイストを取り込んだ「Xアーバン」と呼ばれるグレード。ただインパクトとしてはやや弱かったのか不発に終わりました。


そして2017年のマイチェンで更なるSUV色を強めたモデルが「アクアクロスオーバー」。実質的には改名。そこで今回はトヨタ・アクアクロスオーバーの試乗インプレッションをまとめてみました。果たしてクロスオーバー(SUV)らしい走りを提供してくれるのか?

アクアクロスオーバーとノーマルアクアの違いとは?

まずは簡単にアクアクロスオーバーとノーマルアクアの違いを比較してみたいと思います。やはり「クロスオーバー」と命名されてる以上は、どれだけ車高が高くなっているのか?

(左:アクアクロスオーバー 右:アクア)

結論から書くと、アクアクロスオーバーとノーマルアクアの見た目的な違いはほとんどなさそう。

アクアクロスオーバーのグリル付近のデザインは若干C-HR風ではあるものの、全体的な雰囲気はパット見はほぼ同じ。エアダクト周辺のデザインやルーフレールの有無など、確かにアクアクロスオーバーの見た目はテコ入れされているものの…うーん。

(左:アクア 右:アクアクロスオーバー)

横から比較してみると、右のアクアクロスオーバーの方が樹脂製フェンダーアーチモールを装備してるだけあってか、ややノーズがノーマルアクアよりも膨らんでるように見えます。微々たる差ではあるものの、横から比べるとアクアクロスオーバーの方がやや存在感はあるのか。

実際アクアクロスオーバーの車体スペック的には3ナンバーサイズになっており、全く同じということはなさそう。


ちなみにアクアクロスオーバーの正面画像を見ると、こんな感じ。一応、SUVに見えるっちゃ見える?(笑)

価格はノーマルアクア(人気の中間グレード「S」)が188万円に対して、アクアクロスオーバーの価格が206万円。つまり両者の価格差は約20万円。この金額分をどう捉えるか。何だかイヤな予感しかしませんが、さっそくアクアクロスオーバーの試乗記事の本題に触れてみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする