【トヨタ】ハイラックスのおすすめ人気グレードはどっち?

スポンサーリンク

昨年2017年に日本国内に導入されたのがトヨタ新型ハイラックス。日本ではほとんど発売されていないピックアップトラック。

しかもハイラックスはフルモデルチェンジに伴って、割と昔に販売停止になった先代ハイラックスよりも更に巨大化した。ハイラックスの価格帯も300万円台半ばとそこそこ。ただ意外とハイラックスは月販数百台と出足は好調らしい。

そこで今回はトヨタ・ハイラックスのおすすめ人気グレードをチェックしたいと思います。ハイラックスには「Z」と「X」の2グレードしか展開されていないんですが、果たしてどっちがおすすめなんでしょうか?

ハイラックスは上級グレード「X」が圧倒的におすすめ!

まずおすすめグレードからチェックしたいと思います。

(ベストカー2月10日号 講談社)

結論から書くと、トヨタ・ハイラックスは上級グレードの「Z」が圧倒的に人気。数字だけ見ると、まさかのシェア80%。ほとんどのハイラックスユーザーが「Z」を選択してる計算。逆にエントリーグレードの「X」のシェアは20%とイマイチ。

「ハイラックス Z」の価格は374万円と結構良い値段する。一方、「ハイラックス X」の価格は326万円と、両者のグレードで50万円以上の価格差があるのに何故?

簡単に言うと、装備面の充実度が全然違う。何故なら「トヨタ新型ハイラックス 試乗インプレッションまとめ」でも少し触れましたが、エントリーグレードの「ハイラックス X」はかなり装備面を削った上での価格だから。

画像にも書かれてますが、ミリ波+単眼カメラの自動ブレーキ(セーフティーセンスPではない)だと「Z」では標準装備なのに対して、「X」はオプション設定ですら選べない。他にも「ハイラックス Z」はLEDライトやオートエアコン、クルーズコントロールが標準装備。シートの素材も上質など、全体的に「ハイラックス X」は見劣りする。