ホンダ新型N-VAN 最新情報まとめ【Nシリーズ初の商用車】【N-PRO】

スポンサーリンク

ホンダといえば、もはやN-BOXと言われるぐらいになりました。逆にN-BOX以外が売れていないと皮肉られるほど。もし興味がある方は「N-BOX vs タントの違い徹底比較」なども御覧ください。

それだけ軽自動車の新車市場でも大きな割合を占めるまでホンダは成長。一昔前まではスズキやダイハツの後塵を拝していたのが懐かしい。

それに一役を買ったのが先程のN-BOXを代表とする「Nシリーズ」。このNシリーズをN-WGNを最後に新型モデルが投入されていないんですが、この度ようやく新型Nシリーズが投入されます。

(ベストカー1月25日号 講談社)

その名も「N-VAN(エヌバン)」。ホンダが現在発売しているバモス(アクティ)の後継車種とも言われております。車名に関しては「N-PRO」といった情報があるため、もしかするとN-VANがバモス後継車N-PROがアクティ後継車と使い分けられる可能性もありそう。

ただしVANという名前からも分かるように、あくまで商用車。でも軽乗用車ほどではないにしても、軽商用車も市場的にはそこそこ大きい。そのためN-VANは既に数年前から話題となっております。

そこで少々前置きが長くなりましたが、今回はホンダ新型N-VAN(エヌバン)に関する最新情報を私ドルジ露瓶尊がまとめてみました。N-VANの価格はいかほどなのか?またN-VANの発売日はいつなのか?

新型N-VANの発売時期は2018年夏頃

まずはホンダ新型N-VANの発売日。一体いつ頃エヌバンは登場するのか?

結論から書くと、新型N-VANの発売時期は2018年夏頃と見られています。当初は2017年の間に発売されると見られていたものの、新型N-VANの投入時期はかなり遅れているのが現状。理由は後述します。

2017年夏頃にホンダ新型エヌボックスがフルモデルチェンジを行ったため、そこら辺との兼ね合いがあったのかも知れない。

新型N-VANはN-BOXベース(主要諸元まとめ)

つまりホンダ新型N-VANはN-BOXベースになります。N-VANの予想画像は各自動車雑誌によって違いますが、おそらく見た目はN-BOXとさほど変わらないと思います。

だから現行アクティは駆動方式はMR方式を採用しているものの、新型N-VANはFF方式に変更される。何故商用車はMR方式が多いのかというと、室内空間をとにかく確保するため。じゃあFFにして大丈夫なん?

ただN-BOXに乗っても分かるように、FF車であっても室内空間が十分広いことは御存知の通り。そのため新型N-VANは商用車の中でもトップクラスに室内が広く、また実用性に優れた軽自動車になりそう。

N-VANの主要諸元を見ておくと、3395×1475×1815mm(全長×全幅×全高)とN-BOXの全高を上回ります。多分、N-VANのハイルーフ仕様はもっと高くなるはず。ちなみにホイールベースは2520mmと同じ。

また現行アクティと荷室空間を比べると、N-VANの荷室長は1630mm、荷室高が1365mmと予想されてる。つまり荷室高は16cmほどN-VANが勝る模様。確かにN-VANは荷室長は劣るものの、そこはシートアレンジで対応できるというホンダの判断なんだと思います。

実際エヌバンはシートアレンジがかなりすごくなるらしい。具体的には運転席以外のシートを格納できるといった情報もあります。シートのスライド量も相当すんごいことになりそう。

そして更に気になる情報が「N-VANピラーレス説」という噂。これまでダイハツ・タントのみが所有してきた武器をついにホンダ・N-VANが手にするのか!?