【2020】今後発売予定の新型車スケジュール一覧まとめ!トヨタ,ホンダ,日産,スズキ,ダイハツなど全メーカーの最新版の発売時期は?【SUV】【2021】

2019年はトヨタ新型カローラトヨタ新型RAV4ダイハツ新型タントホンダ新型N-WGN日産新型デイズなどさまざまな新型車が投入されました。

そこで今回カーギークでは「2020年に発売される予定の新型車一覧」をまとめてみた。2020年にフルモデルチェンジ・マイナーチェンジする新車は?SUVの新型車とは?そして2021年以降に登場する新型車は?

2021年発売予定の新型車一覧

2020年もそろそろ後半ということで、まずは「2021年」に発売される予定の新型車をチェック。

まず新型車では「GRカローラ」やLXを超える「レクサス新型LF」、ワゴンRの「スライドドアモデル」も発売される予定。

トヨタ新型カローラが2021年秋のマイナーチェンジを機にSUVモデルの「カローラクロス」が新たに発売されそう。これは既に2020年7月にタイで初公開されてるため、遅かれ早かれ日本国内にも導入されるはず。ダイハツからは「ミニバンの新型車」が発売されるという噂も。

一方、2021年4月に日産のマイクロバス「シビリアン」が販売終了しそう。

続いて2021年にフルモデルチェンジする車種一覧。

トヨタ次期86日産次期フェアレディZ日産次期セレナレクサス次期LXトヨタ次期アクアトヨタ次期ノア・ヴォクシー、ホンダ次期ヴェゼルなど、各メーカーの主力車種が次々とフルモデルチェンジします。

特にホンダ新型ヴェゼルは2021年1月のフルモデルチェンジを予定。中には2021年春頃の発売を予想するメディアもありますが、2021年の早い段階で発売する可能性が高い。

2021年8月、スバル新型レガシィアウトバックが日本国内にようやく投入。既にアメリカでは2019年夏にフルモデルチェンジ済みですが、約2年遅れでの心機一転。アメリカと違って、日本国内では1.8Lターボが用意される見通し。

一方、現行レガシィB4は販売終了して久しいですが、引き続き日本ではセダン車は販売されない見通し。

他にもトヨタ新型ランドクルーザーのフルモデルチェンジも予定。またランドクルーザープラドも2021年中に一新されそう。当初プラドは2022年のフルモデルチェンジを予定してたんですが、ランクルシリーズを同時にテコ入れしたほうが宣伝効果は高いとトヨタが考えたのかも知れない。

2021年秋以降、スズキ新型アルトワークスもフルモデルチェンジしそう。後述しますが、ノーマルアルトは2020年12月にフルモデルチェンジするという噂。

輸入車だとフォルクスワーゲン新型ゴルフ8が日本国内でも発売されそう。2019年末に海外ではフルモデルチェンジしてたので、日本国内への導入は約1年半ほど遅れたカタチ。他にもメルセデスベンツからはVクラスベースの電気自動車「EQV」も発売される予定。

2020年12月発売の新型車まとめ

続いては「2020年12月」に発売される新型車一覧。

2020年12月1日、ダイハツ新型タントカスタムのデザインが変更されます。具体的にはメッキグリルを採用したグレードが追加される模様。評判が悪かった全面真っ黒な雰囲気を一新する狙いがあるっぽい。でも情報を聞く限り、あくまで小幅変更にとどまるか。

ちなみにタントは2021年後半にマイナーチェンジを予定してるそう。そこでフルハイブリッドのモデルが投入される見込み。でもスズキ・ソリオのフルハイブリッドモデルが販売終了するなど、軽自動車市場でウケるかは不明。

car-geek.com

2020年12月9日、トヨタ新型MIRAIが初めてフルモデルチェンジ。クラウンのFR用プラットフォームを採用し、外観デザインも大幅に刷新。水素タンクを増やすことで航続距離も伸びそう。既に現行ミライは2020年6月半ばに生産終了済み。

2020年12月10日、日産自動車からはデイズ、ルークス、セレナがそれぞれ一部改良されそう。

2020年12月下旬、ホンダ新型N-BOXがビッグマイナーチェンジ。3年ぶりの大型アップデート。フロントグリルを筆頭に、内外装が大きくテコ入れ。電動パーキングブレーキが標準装備されるなど、安全装備がN-WGN並に高まる。上級グレードにリアシート用のテーブルが標準装備されるとか。

SUVモデルの「クロスター」が投入されるという情報も。2021年1月に延期されるという情報もありましたが、10月時点で既にN-BOXはオーダーストップ状態。新型N-ONEと同様、正式発表はおそらく11月。ちなみにホンダ次期N-BOXのフルモデルチェンジは2023年頃を予定。

car-geek.com

2020年12月、ダイハツ新型ムーヴが6年ぶりのフルモデルチェンジ。同じタイミングで派生モデルのキャンバスもフルモデルチェンジするはず。ただし、現時点では「次期ムーヴは2021年春頃に発売される」という情報の確度の方が高そう。

car-geek.com

2020年12月23日、日産新型ノートがフルモデルチェンジ。発表そのものは11月24日。4WDモデルの発売は一ヶ月遅れて2021年以降になります。

2020年2月にはライバルの新型ヤリスや新型フィットが立て続けに発売してるため、ノートも手をこまねいてるわけには行かない。およそ7年8年ぶりの大掛かりなテコ入れが行われます。

一方、2020年12月にはホンダ新型レジェンドがマイナーチェンジを施します。国産車では初の「自動運転レベル3」を実現する予定。ただし、技術的には問題ないようですが、法規制の問題もあって実際にレベル3に対応した自動ブレーキシステムが搭載されるかは不透明。

現時点で情報は少ないですが、2020年12月にはスズキ新型アルトのフルモデルチェンジも予想されてます。

輸入車に目を広げると、2020年12月に海外ではジープ新型グランドチェロキーランドローバー新型レンジローバーがフルモデルチェンジを予定。日本国内での発売時期は不明ですが、ジャガー新型E-PACEのマイナーチェンジやメルセデスベンツの電気自動車「新型EQA」も発表されそう。

2020年11月発売の新型車まとめ

続いては「2020年11月」に発売される新型車一覧。

2020年11月2日、トヨタ新型クラウンがマイナーチェンジ。ただ新色が追加されたり、グレード構成が簡略化されるなど、内容的には一部改良どまりか。

2020年11月5日、ホンダ新型オデッセイがマイナーチェンジ。先行予約は9月下旬から開始しており、正式発表は10月下旬頃。内外装をガラッと変えるビッグマイチェンだけあって、新型オデッセイのフルモデルチェンジは当分先になりそう。

2020年11月、スバル新型レヴォーグがフルモデルチェンジ。スバル初の「アイサイトX」が搭載されたことが話題に。8月20日に先行予約が開始しており、10月15日に正式発表。そこから1ヶ月以内には発売されそう。

2020年11月19日にホンダ新型N-ONEがフルモデルチェンジ。見た目はキープコンセプトですが、N-BOXに投入された新型プラットフォームに刷新されます。安全装備も最新のデバイスに刷新。既に2020年半ば頃にはティザーサイトがオープン済み。

 

car-geek.com

確定情報こそ少ないですが、スズキ新型ソリオが2020年11月にフルモデルチェンジしそう。12月下旬という情報もありますが、既に現行ソリオはオーダーストップ状態。11月以降に次期モデルがほぼ間違いなく発売されそう。

一方、兄弟車の三菱デリカD2は数ヶ月ほど遅れて2021年以降に発売予定。

car-geek.com

他にも2020年11月下旬には、三菱新型エクリプスクロスがマイナーチェンジされます。内外装が大幅刷新されるだけではなく、三菱2例目のPHEVモデルが投入される予定。

2020年10月発売の新型車まとめ

続いては「2020年10月」に発売される新型車一覧。

2020年10月1日、トヨタ・カローラとカローラツーリングが一部改良。スマホの置くだけ充電機能のメーカーオプションなどが廃止。メーカーオプションのUSBコンセントの数が3個に増設されます。

同日、ノア・ヴォクシーに特別仕様車の「W×B Ⅲ」と「煌Ⅲ」が発売。室内照明がLED化されたり、サイドウィンドウにスーパーUVカット機能などが追加され、シート素材が変更されることで内装の質感などがアップ。モデル末期ならではの大盤振る舞いのテコ入れ。

翌日の10月2日はRAV4の追加モデルも発表。

2020年10月8日、スバル新型XVがマイナーチェンジ。正式発表は9月4日。外観デザインがテコ入れされて、グリルデザインなどが変更。またハイブリッドモデルにのみアダプティブハイビームなどが新たに追加。

2020年10月8日、マツダ新型MX-30が発表発売。観音開きドアを採用したコンパクトSUV。話題のEV仕様車はリース契約のみ。今回発売したのはマイルドハイブリッドシステムを搭載したモデルだけあって、価格は242~297万円と割安。

他にもマツダ車ではCX-5とCX-8も一部改良されます。

2020年10月7日、日産新型エクストレイルが一部改良。2020年1月にも一部改良を施していたことから、まさに異例。ちなみに同日、輸入車ではアウディ新型A4がマイナーチェンジ。

そのため新型エクストレイルのフルモデルチェンジは2021年夏以降と言われてます。中には2022年以降と予想する自動車メディアも存在。今後兄弟車となる三菱新型アウトランダーPHEVのフルモデルチェンジも2021年以降と見られてます。

2020年10月9日、ホンダ新型シビックタイプRがマイナーチェンジ。そして同時に特別仕様車「リミテッドエディション」が1000台限定で発売。日本国内向けには200台が割り当てられるそう。価格は550万円。

2020年10月12日、日産新型エルグランドがマイナーチェンジ。フロントマスクがテコ入れされましたが、内容的には乏しかったのか、日産自動車のInstagramは少しだけ荒れてました。

2020年10月22日、レクサス新型UX300eが発表。レクサス初のEV(電気自動車)。ただし、135台の限定発売(2020年度分)。

2020年10月30日、ホンダ新型Honda eもようやく発売。正式発表は2020年8月27日。ただし、やはり生産台数が限られているため2020年中の注文は不可。価格が400万円台とまずまず安かったことも影響か。

ちなみに、輸入車ではルノー新型ルーテシアがフルモデルチェンジされそう。

2020年9月発売の新型車まとめ

続いては「2020年9月」に発売される新型車一覧。

car-geek.com

2020年8月31日、「トヨタ新型ヤリスクロス」が発売。ヤリスの単なるSUVバージョンかと思いきや、外観デザインなど変更点は多い模様。ただし、フランスからの輸入。トヨタの工場が世界的に稼働停止に陥ってるのが気掛かりでしたが、問題なく発売されました。

2020年9月4日、トヨタ新型ヤリスGRが発売。

2020年9月10日、メルセデスベンツ新型Eクラスがマイナーチェンジ。フロントマスクが最近のベンツ風に進化。内装面でもARナビなどが追加。9月11日、ランドローバー新型レンジローバーが年次改良。特別仕様車などが30台限定で発売。

2020年9月15日、トヨタ新型ルーミーがマイナーチェンジ。主に安全装備が充実。兄弟車のダイハツ新型トールもマイナーチェンジされますが、タンクはこれを機に販売終了します。ちなみに、12月にはトヨタのポルテとスペイドも販売終了。

2020年9月14日、日産新型スカイラインが一部改良。

燃費表記が全モデルにWLTCモードに統一されたり、ボディーカラーなどが半減されます。装備も接近通報サウンドのキャンセル機能やドアハンドル内蔵のイルミネーションなどが廃止。化粧パネルもオプションから標準装備に変わるそう。

輸入車では、9月16日にプジョーから新型SUVの「2008」が発売。9月17日にアウディ新型e-tronスポーツバッグが発売。同日にはメルセデスベンツ新型Aクラス、BMW新型3シリーズツーリングなどが一部改良されてます。

他にも9月30日、ミニクロスオーバーがマイナーチェンジ。

2020年8月発売の新型車まとめ

続いては「2020年8月」に発売される新型車一覧。

car-geek.com

2020年8月にトヨタ新型ランドクルーザー300系がフルモデルチェンジされると言われてましたが、どうやら2021年に遅れるという情報が濃厚。新型コロナウイルスの影響は無視できないと思いますが、デザインやマイルドハイブリッドの調整でゴタゴタしてるそう。

そのためランドクルーザーがベース車両のレクサス新型LXのフルモデルチェンジは2021年後半頃までずれ込みそう。

一方、ランドクルーザープラドは8月3日に一部改良が施されて、プリウスと同様に自動ブレーキの性能がアップ。ディーゼルエンジンの性能も向上。同日にはアクア、8月4日にはC-HRも同様の一部改良も施され、日産新型エルグランドに特別仕様車も発売。

2020年8月19日、トヨタ新型ハイラックスがマイナーチェンジ。当初は7月と言われていたんですが、フロントマスクは大型グリルが採用されるなど見た目が刷新。ヘッドライドもBi-Beam LED化化されるなど装備も充実。オートLSDが追加されるなど、サスペンションも改良されて走りも改善。

2020年8月18日、アウディ新型Q7がマイナーチェンジ。12.3インチのフルデジタルメーターを採用し、外観デザインもテコ入れ。マイルドHVも組み合わされました。

2020年8月26日、シトロエンから新モデルの「ベルランゴ」が追加。欧州版ミニバン車。8月27日、ポルシェ新型パナメーラがマイナーチェンジ。外観デザインやホイールデザインがテコ入れ。

ちなみに新型車ではありませんが、2020年8月にはレクサス・GS、ホンダ・ジェイド、グレイスなどが生産終了します。

2020年7月発売の新型車まとめ

続いては「2020年7月」に発売される新型車一覧。

2020年7月にはトヨタ新型RAV4がマイナーチェンジが行われて、既に海外のモーターショーで出品されてますが、PHVモデル(プライム)が追加されます。ヨーロッパでの発売は日本国内よりも遅れて2020年冬頃になるそう。

2020年7月には「スバル新型フォレスター」や「マツダ新型MAZDA6」の一部改良も行われます。夏前後にダイハツは新型の商用車を発売し、「ミラトコット」の特別仕様車が発売予定。特に2020年7月はトヨタ系のテコ入れが多い。

具体的には7月1日にプリウス、7月4日にポルテ・スペイドの特別仕様車が発売されます。プリウスは一部改良も施されて、自動ブレーキの性能がアップします。7月16日にはレクサス新型NX、7月22日にはレクサス新型RXがそれぞれ一部改良されます。

また輸入車ではシボレー新型コルベットが正式発表されます。ただし、実際に新型コルベットが納車されるのは2021年以降まで大きくずれ込みます。メルセデスベンツ・Gクラスの特別仕様車も2020年7月には追加されてます。

2020年6月発売の新型車まとめ

続いては「2020年6月」に発売される新型車一覧。

2020年6月2日にはトヨタ新型シエンタが一部改良されます。他にもトヨタからは「カローラスポーツ」や「ランドクルーザー200系」の特別仕様車が発売されそう。「ホンダ新型シャトル」も一部改良し、「メルセデスベンツ新型GLS」もフルモデルチェンジしそう。

car-geek.com

2020年6月3日に「日産新型キックス」が発売されます。当初期待されていた新型ジュークは結局フルモデルチェンジされないものの、その後継車として新型キックスが売り出されます。内外装の質感は無難に高く、キックスは室内も広いので実用性は高そう。

car-geek.com

2020年6月17日にフルモデルチェンジするのが「トヨタ新型ハリアー」。発表日そのものは4月8日に早まりそうですが、トヨタ・RAV4と差別化するにあたってデジタルインナーミラー採用など内外装の質感が高まる模様。新型ハリアーのさらなる詳細は別記事もご参照。

car-geek.com

他にもダイハツ新型タフトが2020年6月に発売。2020年1月にフルモデルチェンジしたハスラーの対抗車として発売。キャストアクティバの後継車という触れ込みでしたが、一応キャストの発売は未だに続いてる様子。

2020年6月18日、ホンダ新型CR-Vのマイナーチェンジが行われます。デザインが一新。既に2019年秋に北米では先駆けてマイナーチェンジを施しており、それが日本国内に導入されるカタチ。

また同日、レクサス新型LCに「コンバーチブルモデル(オープンカー)」が6月18日に追加発売。ホロ(幌)は時速50km/h以下であれば走行中でも15秒程度で自動開閉可能な代物。トランクリッドはダックテール状に変更されて、LCのワイド感が強まる予定。

2020年5月発売の新型車まとめ

続いては「2020年5月」に発売される新型車一覧。

2020年5月に「三菱新型ミラージュ」がビッグマイナーチェンジを施します。

自動車業界もゴタゴタしてることもあって、当初予定されていた新型ミラージュのフルモデルチェンジは大幅に遅れてマイチェンで延命措置が図られます。発表そのものは4月上旬頃になりそうですが、新型ミラージュの内外装が大幅に変更されます。

他にも2020年5月にはマツダ新型MAZDA2、CX-3。ホンダ新型フリードが「Modulo X」をマイナーモデルチェンジ。

他にも2020年月には「スズキ新型スイフト」がマイナーチェンジ。内外装が一新され、安全装備もハスラーなどに搭載されてる自動ブレーキに換装され、全車速域追従クルーズコントロールが設定。グレード構成もシンプルに減らされました。

2020年4月発売の新型車まとめ

続いては「2020年4月」に発売される新型車一覧。

2020年4月20日に新型アルファードとヴェルファイアの特別仕様車が発売されるなど、トヨタ車の新車発表が多い月になりそう。

例えば、4月7日には「新型パッソ」に特別仕様車が追加され、4月17日には「200系ハイエース」が一部改良。4月23日には「レクサス新型GS」に特別仕様車が発売されます。ただし、レクサス・GSは2020年8月に販売終了予定。だから、GSの実質的な最終モデルになる可能性。

4月27日には「トヨタ新型ノアヴォクシー(エスクァイア)」が一部改良されます。実際の発売は5月以降になりそうですが、5月以降は全部の販売チャネルで販売されることに伴って、フロントグリルのエンブレムもトヨタマークに統一されます。

他にもヴォクシーはエアロ系に集約され、エスクァイアはGiグレードといった具合にグレード展開が整理されます。カタログ燃費は全車種でWLTCモードに統一され、ドアミラーの鏡面構造やスピーカーの位置などが最適化されそう。

同日4月27日にはトヨタ新型クラウンの65周年特別仕様車が発売されます。当初は5月11日発売と言われていましたが、どうやらノアと同じ4月27日に早まります。クラウンは消費増税の影響もあって販売台数が急減。トヨタは早急なテコ入れが急務と判断した模様。

4月28日にはトヨタ新型スープラが一部改良を行います。いわゆる年次改良と呼ばれるテコ入れですが、3.0L直6ターボの出力が大幅パワーアップ。ホライズンブルーなど限定車なども追加発売されます。

2020年3月発売の新型車まとめ

続いては「2020年3月」に発売される新型車一覧。

2020年3月19日に日産新型デイズルークスがフルモデルチェンジ。デイズルークスと兄弟車の三菱新型eKスペースも同時発売。2019年3月にデイズがフルモデルチェンジしているため、スライドドア版のルークスはそこからちょうど一年後に発売されたカタチ。

2020年3月18日にはトヨタ新型86が一部改良されます。

2020年2月発売の新型車まとめ

続いては「2020年2月」に発売される新型車一覧。

まずトヨタ新型ヤリスが2020年2月10日に発売されました。新型ヤリスは実質的にはヴィッツの後継車。一方、ヤリスのライバルとなりそうなホンダ新型フィットも2020年2月14日にフルモデルチェンジされました。

当初新型フィットは2019年11月頃にフルモデルチェンジする予定だったんですが、電動パーキングブレーキの不具合で一時的に生産が停止。結果的に申し合わせたような、トヨタ新型ヤリスと発売日が重なったカタチ。ホンダの十八番芸。

他にも「ホンダ新型アコード」のフルモデルチェンジも2020年2月20日に行われました。「スズキ新型イグニス」も一部改良を行って内外装がテコ入れされてます。セレナのOEM車のスズキ新型ランディもようやくマイナーチェンジ。

2020年1月発売の新型車まとめ

まずは「2020年1月」に発売される新型車一覧。ちなみに月別順に解説してるので、これまでのおさらいも兼ねてチェックしてみてください。

2020年1月3日にスズキ新型ハスラーがフルモデルチェンジしました。ハスラーの兄弟車のマツダ新型フレアクロスオーバーも少し遅れて2月にフルモデルチェンジ。新型ハスラーの試乗レビューもご参照ください。

他にも2020年1月10日にホンダ新型S660がマイナーチェンジを初めて行って内外装が一新。同じホンダでは新型シビックもマイナーチェンジを施し、輸入車だと「ジャガー新型Fタイプ」や「シボレー新型カマロ」のマイナーチェンジも2020年1月に行われました。

2022年以降にモデルチェンジしそうな新型車まとめ

最後は2022年以降の新型車を簡単にチェックしたいと思います。

ホンダの場合、新型シビック(ハッチバックとタイプR)や新型フリードや新型ステップワゴンがフルモデルチェンジしそう。マツダの場合、次期MAZDA6次期CX-5がそれぞれフルモデルチェンジしそう。新型CX-5は更に遅れて2023年の発売も噂されてます。

それ以外の自動車メーカーの新型車を見ておくと、トヨタ新型アルファードやヴェルファイアレクサス新型NX日産新型エルグランドスバル新型WRX STIがそれぞれフルモデルチェンジすると言われてます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました