【2021】スズキ新型ワゴンRスマイル 最新情報まとめ!ついにスライドドア化される?本当に発売される?

ワゴンRと言えば、スズキを代表する軽自動車。しかしながら昨今の販売台数を見る限り、ワゴンRはスペーシアにお株を奪われてる状態。やはり時代は「車内が大きいスライドドアタイプ」の軽自動車が主流。

ただ、ついにワゴンRもスライドドア化されると報じるのはマガジンXの最新情報。その名も「ワゴンRスマイル」。そこで今回カーギークではワゴンRスマイルの最新情報をまとめてみたいと思います。

car-geek.com

ワゴンRスマイルは本当に発売される?

まずはワゴンRスマイルが本当に発売されるのか?要するにワゴンRは「スライドドア化」されるのか?

結論から書くと、ワゴンRがスライドドア化する可能性は十分あると思います。何故なら、既にダイハツ・ムーブが「キャンバス」というスライドドア化したモデルを発売して成功してるから。ライバルの成功例を目の当たりにしてスズキが何もしないとは考えにくい。

特にワゴンRはスズキにとって思い入れのある車種。何がなんでも販売台数を底上げしたい狙いもあるはず。ただし、実際に車名がワゴンRスマイルになるかは不明。現段階ではマガジンXが報じるのみなので、車名の信憑性はやや微妙なところ。

実際、アルトワークスの復活もさんざんネット上では噂されていました。自動車雑誌なども半ば冗談半分で競馬の予想屋気分だったに違いない。でも結果的には、アルトワークスが2015年12月に15年ぶりに復活を果たしました。アルトワークスと比べたら、ワゴンRのスライドドア化は勝算ありありでしょう。

一応、ワゴンRスマイルの発売時期は2021年春頃と予想されております。ちなみに2020年中にスズキ新型アルトのフルモデルチェンジも噂されていたりします。

car-geek.com

ワゴンRスマイルのベースはスペーシアか?

続いてはワゴンRスマイルの中身を解説しようと思います。

結論から書くと、ワゴンRスマイルのベース車両はスペーシアになりそう。ムーブキャンバスも実はタントがベース車両。だからワゴンRをスライドドア化するというよりも、スペーシアの小さいバージョンを発売するような感じ。おそらくほぼ確実。

だから、ワゴンRスマイルの「全体的なデザイン(とりわけサイドやリア周り)」もスペーシアに近付くのではないかと予想してみる。一方、ワゴンRスマイルは車名通り、「エアインテークが笑った口」のようなデザインに仕上がるとのこと。

ここらへんの情報はまだ眉唾だと思いますが、それでもスライドドア化する以上は女性やファミリー層を狙ってることは間違いないので、ムーブキャンバスと同じようにワゴンRスマイルも「可愛らしいデザイン」に仕上がるものと容易に予想できます。

例えばムーヴキャンバスはデザインに幅がないので、ワゴンRスマイルはもっとデザインに力を入れた商品に仕上がる可能性もありそう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました