【最新情報】ダイハツ新型ムーヴ フルモデルチェンジまとめ【2018】【キャンバスは?】

ダイハツ現行ムーヴは2014年12月に発売され、今年で4年目。途中でムーヴキャンバスが投入されたり、マイナーチェンジで見た目が一新されるなど様々なテコ入れが図られてきたものの、いささか古さなども目立ってきたのも否めません。

そこで今回はダイハツ新型ムーヴのフルモデルチェンジ最新情報をまとめてみました。いつ頃フルモデルチェンジするのか?はたまた次期ムーヴは一体どんな進化を遂げるんでしょうか?

ダイハツ次期ムーヴの発売時期は2018年12月頃?

まずはダイハツ次期ムーヴの発売時期からチェックしてみたいと思います。

結論から書くと、ダイハツ新型ムーヴがフルモデルチェンジするのは今年2018年12月前後と見られています。ちょうどタイミング的には新型タントのフルモデルチェンジと重なるらしい。次期タントのフルモデルチェンジ情報は後でチェックしてみて下さい。

ダイハツ新型タントのフルモデルチェンジから敢えて一ヶ月ずらす意味性を特に感じないので、もしかすると新型ムーヴも一緒に同時にフルモデルチェンジする可能性もあるか。ただ、ダイハツに限らず複数車種が同時にフルモデルチェンジすることって少ない。

一応、現状はムーヴより新型タントがフルモデルチェンジする可能性の方が高いため、新型ムーヴのフルモデルチェンジだけ大きく遅れる可能性もゼロではありません。製造ラインの関係もあって、2019年以降の話になるかも。

フルモデルチェンジで「DNGAプラットフォーム」を採用!

続いてはフルモデルチェンジの目玉情報。新型ムーヴは一体どんな進化を遂げるのか?

これも結論から書いてしまうと、やはり新型ムーヴのフルモデルチェンジの目玉は「DNGA」と呼ばれる新型プラットフォームの採用。新型ムーヴの具体的な発売時期が分からないものの、2018年末にフルモデルチェンジ予定の新型タントに続いて二例目として採用されるという情報がもっぱら。

現行ムーヴは既に様々なボディ補強などが施され、走りの質感の高さは軽自動車全体の中でも評判でした。ただスズキ新型ワゴンR、ホンダ新型N-BOXなど剛性の高いプラットフォームを採用したライバル車種が増えた結果、現行ムーヴの走りはすっかり影が薄まっております。

ただ今回のフルモデルチェンジでは、新型ムーヴは更にプラットフォームから大胆に一新。評価の高いトヨタのプラットフォーム「TNGA」をモチーフにしてるあたりも含めて、次期ムーヴの走りは相当期待して良いのではないか?

新型ムーヴの自動ブレーキはフルモデルチェンジでどうなる?

続いての注目のフルモデルチェンジ情報は「自動ブレーキ」。

まず現行ムーブの自動ブレーキを確認しておくと、「スマートアシスト3」と呼ばれる最新タイプを採用しております。ステレオカメラ式の自動ブレーキであり、作動速度など性能としてはまずまず。歩行者にも対応。

ただ最新タイプとは言っても、カメラの性能的にACC(追従クルーズコントロール)までは対応できておらず、現行スマートアシスト3では夜間の歩行者や自動車といったことへの対応は不可。

そこで今回のフルモデルチェンジで新型ムーヴには「ミリ波レーダー+単眼カメラ式」に変更するのではないかと言われております。ホンダセンシングなんかも同じ仕組み。ミリ波レーダーは遠くの物体まで反応できるためACCも可能。

確かに「自動ブレーキの現状」を踏まえると、ダイハツが自動ブレーキを進化させるのであれば、ステレオタイプ式自動ブレーキからの脱却を図らないと厳しいかも知れません。もちろんステレオタイプ式の性能が低いor悪いわけではなく、コスト面との兼ね合いで難しそう。

○新型ムーヴにはトヨタの新型セーフティーセンスを搭載?

でも、現時点では眉唾情報。そのため、もしかすると「トヨタ第二世代セーフティーセンス」の搭載も可能性としてはゼロではないか?とカーギークでは個人的に予想してみる。

何故ならトヨタセーフティーセンスは価格は7万円台と非常にお手頃であるにも関わらず、性能的にはスバルやメルセデス・ベンツのそれに匹敵するレベル。セーフティーセンスは高性能でありながら、非常にコスパも抜群。

既にホンダ新型N-BOXがホンダセンシングを標準装備してる現状も考えると、改めてダイハツが新たに自動ブレーキを開発するのはリソースのムダ使い。そのため新型ムーヴがフルモデルチェンジでそれぐらい大胆なことをしてもいいんじゃないかと思います。

フルモデルチェンジ後のムーヴのデザインはどうなる?

続いてはフルモデルチェンジ後のムーヴのデザイン。

(ベストカー3月26日号 講談社)

ベストカーさんの次期ムーヴの予想デザインがコチラ。どこまで情報の確度が高いか不明なものの、このフルモデルチェンジ予想を信じる限りは「次期ムーヴ≒日産デイズ」風と言ったところ。

現行ムーヴカスタムは途中でダサく改悪されるなどしているため、個人的にダイハツのデザイン力や新型ムーヴのデザインは特に期待しておりません。ノーマルの新型ムーヴはもっとダサく可能性もあります。

こういった次期モデルのデザインはもう少し時間が経過しないと判明しなさそう。

ムーヴキャンバスも同時にフルモデルチェンジされるか?

(ダイハツ現行ムーヴキャンバス)

最後はムーヴキャンバスの行方。

ムーヴキャンバスは2016年9月に発売された「両側スライドドアタイプのムーヴ」として、未だに売れております。新車販売ランキングでムーヴが上位に入ってるのも、このムーヴキャンバスが販売台数を稼いでいるから。

当然、ムーヴキャンバスもフルモデルチェンジするかしないか?という疑問は非常に興味津々。何故なら、ムーヴキャンバスは「ムーヴ」の名前こそ付いてるものの、実は車体は「タント」を流用してるから。

つまり新型ムーヴにフルモデルチェンジしたからといって、そのままムーヴキャンバスもおいそれフルモデルチェンジするとは限らない。下手すると先に本家のムーヴはフルモデルチェンジしたはいいが、「ムーヴキャンバスだけ置いてけぼり」なんてことも?

実際スズキにしてもダイハツにしても、派生モデルは基本的に後回しになりがち。

○新型ムーヴキャンバスも同じタイミングでフルモデルチェンジしそう

ただ現時点で自動車雑誌などでもほとんど言及されておりませんが、おそらく同じタイミングで新型ムーヴキャンバスもフルモデルチェンジするのではないか?と個人的に予想してみます。

何故なら、ムーヴより先にタントがフルモデルチェンジする可能性が高い。ムーブキャンバスのベース車両が先駆けてフルモデルチェンジする上、特に発売を遅らせる理由が見当たらない。

確かに新型ムーヴにいつフルモデルチェンジするかは正直定かではないものの、少なくとも本家のノーマルムーヴの発売時期から新型ムーヴキャンバスのフルモデルチェンジが大きく遅れる可能性は低いと考えて良いでしょう。

しかも現状ムーヴの売上の大半は「ムーヴキャンバス」。もし新型ムーヴだけフルモデルチェンジしてしまえば、せっかくの売れ筋モデルの古さだけが際立ってしまう。それってどうなん?という話。

ただ現行ムーヴキャンバスは売れてるからこそ、今すぐ大きくテコ入れする必要には迫られていないのも現実。おそらくテコ入れ内容は予想通りだと思うんですが、だから新型ムーヴにいつフルモデルチェンジするかなどは不透明なのかも知れません。

フォローする