【2021年3月】ホンダ新型ヴェゼル フルモデルチェンジ最新情報まとめ!価格は400万円超え?発売時期、次期デザインは?プラグインハイブリッド車も投入?

ホンダの人気SUVが「ヴェゼル」。コンパクトSUVの先駆け的な存在。

このヴェゼルは2018年2月にマイナーチェンジが図られましたが、実は二度目。その後も1.5Lターボエンジンの追加や「Modulo X」の設定されたり何度もテコ入れが図られましたが、やはり気になるのは次期ヴェゼルの存在。

d1af6ab06c17c6fe45d9b41ec07c854c 500x267

ベストカー2020年2月10日号 講談社

そこで今回カーギークではホンダ新型ヴェゼルのフルモデルチェンジ最新情報をまとめてみました。

発売日は2021年3月か?

まずは「発売日」の最新情報。

ホンダ新型ヴェゼルの発売時期は2021年3月頃と言われてます。発売日を2021年1月頃を予想する自動車メディアもありましたが、現時点では春発売が濃厚か。

とりあえずホンダ新型ヴェゼルは2021年の早い段階で発売されそう。ホンダ現行ヴェゼルは2013年12月に発売してるので、モデル周期は約7年ちょいになりそう。

2021年1月開催の東京オートサロンでホンダ新型ヴェゼルが初お披露目されるとも言われてます。実際、フルモデルチェンジ前のホンダ新型N-ONEがしれっと登場してた前科もあるの、新型ヴェゼルの発表そのものはもっと早まりそう。

car-geek.com

新型ヴェゼルは「プラットフォーム」もついに刷新!

続いては「プラットフォーム」の最新情報。

新型ヴェゼルのプラットフォームは「ホンダ・アーキテクチャ」という新世代のシャシーに刷新されます。トヨタのTNGAやスバルのSGPのようなもの。2020年2月発売の新型フィットでは現行シャシーを流用してましたが、第一弾として次期ヴェゼルに投入されます。

このホンダ・アーキテクチャは主にBセグメント向けのシャシーと言われてます。ただ海外展開も意識してるため、この次世代シャシーはCセグメントにも対応できるとされてる。

そのためホンダ新型ヴェゼルの車体サイズは4450×1780×1600mm(全長×全幅×全高)とやや拡大しそう。比例してラゲッジスペースや荷室の拡大も容易に想像できます。フルモデルチェンジ後は新型ヴェゼルのライバルはRAV4になっていく?

他にも新型ヴェゼルの後輪サスペンションは「マルチリンク式」を採用することで、フルモデルチェンジ後の足回りはコンパクトSUVとは思えないほど高まりそう。ホンダ新型シビックに搭載されているものを次期ヴェゼルに流用するという噂。

car-geek.com

次期ヴェゼルは「e:HEV」に進化!

続いては「搭載エンジン」の最新情報。

ホンダ新型ヴェゼルの搭載エンジンは3種類。具体的には「1.5L直4エンジン」と「1.5L直4ハイブリッド(e:HEV)」「1.5L直4ターボ」。現行ヴェゼルのパワートレインと大きな違いはなさそう。

ただし、フルモデルチェンジ後は「e:HEV」と呼ばれる新型ハイブリッドシステムを採用します。

これは従来のホンダ車では「i-MMD」と呼ばれてましたが、いわゆるシリーズハイブリッドの一種。ホンダ新型フィットに搭載される際に「e:HEV」と一斉に改称されました。e:HEVの方が「消費者にとって分かりやすい」という狙いがあるそう。

この「e:HEV」はガソリンエンジンで発電し、2個の駆動用電気モーターで走行する仕組み。燃費性能も静粛性能、加速性能のどれをとっても優秀。現行ヴェゼルのi-DCDは走行性能は非力な上、電気モーターのみで走行できなかったので燃費性能も平凡でした。

そして、「e:HEV」に使用されるモーターの総合出力は131PS/27.2kgm。電気モーター1個の日産e-POWERのスペックを上回る。

ちなみに「日産新型ノートのフルモデルチェンジ」はヴェゼルより早い2020年後半を予定してます。

car-geek.com

新型ヴェゼルに「プラグインハイブリッド車」が設定へ?

続いては「PHEV」に関する最新情報。

ホンダ新型ヴェゼルはフルモデルチェンジから一年後の2022年に「プラグインハイブリッド車(PHEV)」も設定される予定。車名がどうなるのか分かりませんが、この記事では「ヴェゼルPHEV」と便宜上表記します。

世界では日本以上に「環境規制」が強まっているため実際に売れるかどうかはさておき、PHEVモデルの設定は必須。スバル新型XVなどもアメリカ国内ではPHEVモデルを投入して久しいです。PHEVは手っ取り早くメーカー全体の平均燃費を上げるために最も有用な手段。

でもホンダ曰く、ヴェゼルPHEVの販売をアメリカ国内では年間5万台、中国国内では年間8万台という高い目標を掲げてるそう。だから「飾り」だけの商品ではない模様。日本国内でも新型ヴェゼルPHEVはしっかり販売していくのでしょう。

新型ヴェゼルの「次期デザイン」はクーペスタイルに?

続いては「次期デザイン」の最新情報。果たして新型ヴェゼルのリーク画像は存在するのか?

d1af6ab06c17c6fe45d9b41ec07c854c 500x267

(ベストカー2020年2月10日号 講談社)

ホンダ新型ヴェゼルの「次期デザイン」がこちら。ベストカーの最新情報では「基本的にはクーペフォルム」が引き続き継承されそう。

ただし他の最新情報を加味すると、新型ヴェゼルのルーフは水平基調に設計し直され、実際にはもっとズングリムックリ感が増しそう。フロントノーズもやや切り立ったデザインに変わるため、フルモデルチェンジ後はクーペ感はやや減少しそう。逆に後席居住性などは改善されそう。

他にも新型ヴェゼルのフロントグリルには横長のスリットが配されてワイド感が演出されそう。トヨタ然り、マツダ然り、アウディ然り、SUVでは割と定番のフロングリルに仕上がりそう。さながらマツダのCX-3のような顔付きのようにも見えます。

またヘッドライトは更に薄型に成形されることで、新型ヴェゼルのフロントマスクは更に清潭に仕上がるとのこと。「ホンダ・インサイトの顔付き」を彷彿とはマガジンXの最新情報。

047b8d96208c5aa1c00a3a0e20a0e7ca 500x230

ホンダが2020年9月末開催の中国・北京モーターショーで出品したコンセプトカーがあるんですが、これが新型ヴェゼルの「基本デザイン」になりそう。

8b30c4b05e533f46329d451ab578088e 500x205

他にもリアコンビネーションランプは横一文字型に変更されるなど、最近の各社のトレンドが新型ヴェゼルにも取り込まれる模様。一方、リアドアのハンドル部分はピラーというかウィンドウ部分に引き続き組み込まれます。

car-geek.com

ホンダセンシングは第3世代に進化!

続いては「予防安全技術」に関する最新情報。

新型ヴェゼルの安全装備は第3世代の最新ホンダセンシングに換装されそう。この次世代ホンダセンシングは世界最高峰の画像認識技術を持つモービルアイ製のカメラを搭載し、「ほぼ自動運転に近い性能」にまでアップします。

既に2020年2月にフルモデルチェンジした新型フィットにも採用されており、コスト面と性能面を両立した自動ブレーキシステム。新型ヴェゼルに搭載されたとしても、価格面がそこまで割高にならないはず。

一方、2021年初頭に発売予定の新型レジェンドの自動運転機能はいわゆる「レベル3」にまで進化する。さすがにヴェゼルと価格差を考えると、「目を離して運転できる」ようになることはないはず。

car-geek.com

新型ヴェゼルの価格は高級車路線に?

最後は「価格や値段」の最新情報。

ホンダ新型ヴェゼルの価格情報は不明です。ただし、フルモデルチェンジ後は「かなり値上がりする」という噂が流れてます。

理由はシンプル。実はヴェゼルより車格が下回る新型SUVが同じく2021年中に発売すると言われてるから。さながらクロスロードの後継車。もしこの情報が事実であれば、新型ヴェゼルが完全に割を食う…少なくとも悪影響が出てしまう。

そこで新型ヴェゼルは「ハリアーのような高級車路線を歩む」とはマガジンXの最新情報。

そのためホンダ新型ヴェゼルの価格帯は最大で400万円台にまで跳ね上がるのではないか?とも言われてます。だから新型ヴェゼルの車格がアップするという情報も納得。かなり高水準の安全装備も高級車であれば搭載される可能性は高まる。

でも、さすがにヴェゼルがハリアーに様々な面で対抗できるのかは疑問。もし新型ヴェゼルが本気で高級化路線を歩むのであれば、最低でもハイブリッド専売車として売り出してもいいと思うんですがやや中途半端感は否めません。

ましてや同じホンダの中で、更に価格が安い同車格の新型SUVと新型ヴェゼルはバッティングしていく。もう嫌な予感しかしないのは気のせいか。

さらなる価格情報については、詳細なグレード構成が判明してからになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました