【2019】新型パジェロ フルモデルチェンジ最新情報まとめ【三菱自動車】

かつて某有名テレビ番組で景品として出されていたクルマといえば「パジェロ」。パジェロ♪パジェロ♪パジェロ♪という掛け声でおなじみ。途中から三菱自動車が不祥事を起こして「クルマ♪クルマ」に変わったのは懐かしい思い出。

この現行パジェロが発売されたのは、遥か昔の2006年10月。今から十年以上も前の話。かなり硬派なSUVであるとはいえ、さすがにパジェロも古さがそろそろ垣間見えないと言えばウソになるでしょう。

(ベストカー3月26日号 講談社)

そこで今回は三菱・パジェロのフルモデルチェンジ最新情報をまとめたいと思います。既に日産自動車の傘下に入った三菱自動車。新型パジェロが販売終了されるかなど今後の運命も含めてチェックしてみて下さい。

新型パジェロはそもそもフルモデルチェンジするのか?

まずは三菱新型パジェロの発売時期。前述のように現行パジェロは2006年に発売されて全く音沙汰なし。ここまで大きなテコ入れがなければ、もうパジェロはフルモデルチェンジしない可能性が高そうな気もします。

ただご安心をば。一応、三菱自動車はパジェロの次期型モデルは開発中とのこと。つまり、パジェロがフルモデルチェンジする可能性が非常に高い。じゃあ、次期パジェロはいつ頃発売されるのか?

三菱次期パジェロの発売時期は2019年頃?

結論から書くと、三菱新型パジェロの発売時期は2019年頃と見られています。更に詳しい時期までは不明なものの、既に次期パジェロに関する情報は意外と出回っております。

個人的には眉唾情報と思っていた節も正直ありますが、同じく2019年頃に新型デリカD5がフルモデルチェンジする予定。既に新型デリカD5のテストカーも海外では走行中。デリカD5ですらフルモデルチェンジするんですよ?

三菱自動車を代表する本格SUVのパジェロがこのままフルモデルチェンジすることなく販売終了みたいな事態が起きるはずがない。つまり総合的に勘案すると、フルモデルチェンジされる可能性は非常に高いと言えそうです。

ちなみに次期パジェロは日産と共同開発されているらしい。ただ三菱自動車が単独で開発した最後の車種は、前述の次期デリカD5と「新型エクリプスクロス」と言われてる。だからパジェロのフルモデルチェンジそのものはやや遅れる可能性も。

新型パジェロもダイナミックシールド顔を採用へ!!

ということで、三菱新型パジェロの更に詳しいフルモデルチェンジ最新情報をチェックしたいと思います。

まず三菱次期パジェロのデザイン。特にフロントマスクあたりが気になります。何度も言ってるように2006年に発売されてるため、特に現行パジェロの見た目の古臭さは顕著と言わざるを得ません。

(ベストカー3月26日号 講談社)

意外とフルモデルチェンジ情報をズバズバと当てているベストカーによると、次期パジェロの予想デザインはこんな感じになるとのこと。かなり派手っちゃ派手。ありきたりっちゃ、ありきたり。

でもダイナミックシールドを踏襲しつつ、都会派的な雰囲気を醸し出すメッキグリル感は悪くない。これがパジェロらしいかと問われるといささか疑問ではあるものの、良くも悪くもパジェロらしい存在感の大きさは伝わってきます。

あくまでベストカーの予想デザインではあるので話半分に聞いておくべきだと思いますが、もし次期パジェロがダイナミックシールドを採用するとしたら、確かにこんな雰囲気になりそうです。リア周りのデザインはカックカクとのこと。

フルモデルチェンジ後は4WDシステムが大幅に進化!

続いては新型パジェロのパワートレイン。

まず駆動方式を見ておくと、次期パジェロも4WDオンリーになりそう。ただフルモデルチェンジ後、三菱の4WDシステムは大幅に進化するらしい。

具体的にはフロント部分に電気モーターを搭載し、リア部分には新開発の「デュアルモーターAYC」と呼ばれる2個の電気モーターを搭載するとのこと。2017年の東京モーターショーに出品された「e-EVOLUTION CONCEPT」の技術が採用されているらしい。

つまり新型パジェロの4WDシステムは豪華にも「3個のモーター」を活かした最新システムに進化する予定。トラクションコントロール性能が大幅に高まり、トランスファーも排除できるため次期パジェロの室内は広がるのか。

既に三菱自動車は「S-AWC」という4WDシステムが好評を得ておりますが、今回三菱が打ち出した新型4WDは電気制御で緻密にトルク配分を分けられるため、次期パジェロの走りは更に高応答なものになりうるはず。

フルモデルチェンジでついに「パジェロPHEV」が発売へ?

最後はフルモデルチェンジ後のエンジンラインナップ。

現行パジェロを確認しておくと「3.0Lガソリン」と「3.2Lディーゼル」が搭載されておりますが、新型パジェロのエンジンラインナップはどうなるのか?

前述のように、新型パジェロの4WDシステムにはふんだんに電動化技術が盛り込まれてる。アウトランダーPHEVで積み上げた技術などを応用してるものと思われますが、当然パジェロにも新しい展開が期待されます。

つまり、三菱新型パジェロは「プラグインハイブリッド化」される可能性が高い。要するにフルモデルチェンジ後は「パジェロPHEV」なるモデルがおそらく発売されるはず。特に海外でパジェロを売り出そうと思えば、もはや必須。

既に技術的に電動化に関しては三菱自動車の場合は何の問題ないため、「パジェロPHEV」の販売を否定する根拠がないぐらい。もはやカーギークでは「パジェロPHEVは100%発売される」と断言しておきましょう。

○新型パジェロはフルモデルチェンジ後もディーゼルがメイン?

フルモデルチェンジ後も新型パジェロは「ディーゼル」が設定されます。

現行パジェロは3.2Lディーゼルを搭載しておりますが、フルモデルチェンジ後は「2.2Lディーゼル」にダウンサイジングされるというウワサも。一方、需要がないガソリンモデルはもしかするとフルモデルチェンジにパジェロからなくなる可能性も。

ただ、気になるのは次期パジェロの売れ筋。ディーゼルとPHEVはどっちが人気が出るのか?という疑問。

現行パジェロやデリカD5の売れ筋を考えると、ディーゼルがメインになりそうな気もしますが、既に三菱はアウトランダーPHEVも同時に売れてる。一概に現段階ではどうこう判断できないものの、元々パジェロの価格が高いことなどを踏まえると、個人的には「パジェロPHEV」が人気モデルになると予想してみる。

フォローする