【2019】ダイハツ新型タント フルモデルチェンジ最新情報まとめ

スポンサーリンク

ダイハツが誇る人気軽自動車といえば、タント。「ピラーレス+スライドドア」という斬新な組み合わせで2000年代初頭に登場して以来、爆発的に人気が出ました。最近ではホンダ新型NBOXに後塵を拝していますが、2017年には累計200万台を突破したとのこと。

ただ2013年にフルモデルチェンジしたこともあって、現行タントにやや古さは否めません。

そこで今回はダイハツ次期型タントのフルモデルチェンジ最新情報をまとめたいとお見ます。既に旧自動車ブログでは【ダイハツ】新型タント フルモデルチェンジ最新情報まとめを作ってますが、いずれコチラにお引越しさせたいと思います。

ダイハツ次期タントの発売時期はいつ頃か?

まずはダイハツ次期タントの発売時期。一体いつ頃にフルモデルチェンジするのか?

当初はダイハツ新型タントの発売時期は2018年後半から2019年初頭と見られていました。ベストカーのフルモデルチェンジ情報だと「次期タントの発売時期は2018年中ギリギリ」と予想しております。

ただフルモデルチェンジ情報に定評があるマガジンXを参考にすると、新型タントのフルモデルチェンジ時期は「2019年後半、2020年前半頃までズレ込む可能性」があると指摘されております。

少なくとも、当初言われていた2018年度中のフルモデルチェンジはなさそう。逆に言えば、2018年はモデル末期のタントは買い時と言えそう。とりあえず現行タントは6年から7年ぐらいの長いモデルライフになりそう。

次期タントはDNGAプラットフォームを初採用

続いては新型タントのフルモデルチェンジの目玉。全国の主婦の皆さんは気になりますよね?

結論から書くと、ダイハツで初めて新しいプラットフォーム「DNGAコンポーネンツ」を採用されること。DNGAプラットフォームは当初ミライースのフルモデルチェンジから採用すると見られていましたが、どうやら2018年の次期タントからになるらしい。

ちなみに「DNGA」はトヨタの「TNGA」をモジッたブランドですが、新型タントの開発にトヨタは関与してません。そもそもトヨタのコンパクトカーをダイハツが開発・製造してるぐらいですから。

DNGAプラットフォームはやはり「軽量化」と「高剛性化」がポイント。

軽量化に関してはスズキの後塵を拝してるダイハツが、今回の新型タントで面目躍如となるのか楽しみ。他にもお得意の樹脂製パーツやDモノコック構造を組み合わせることで、新型タントは両側スライドドア軽とは思えない走りを実現できるか期待しましょう。

あと次期タントはホンダ・N-BOXと同様にエンジンを傾けて搭載する予定らしく、フルモデルチェンジ後は更に室内空間が広がる可能性。

フルモデルチェンジ後もやはりピラーレス+両側スライドドアは健在

気になるのはダイハツ新型タントが、フルモデルチェンジ後もピラーレスと両側スライドドアは継承されるのか?という点。

結論から書くと、やはり次期タントでも継承されます。最大のストロングポイントはフルモデルチェンジ後も健在。DNGAプラットフォームでボディ構造が高剛性化されるため、ドア開口部はもっと巨大なものになるかも知れない。

他にも注目する点があるとしたら、新型タントには助手席シートにロングスライド機構を追加すること。先日フルモデルチェンジしたばかりの新型N-BOXでも既に搭載されていますが、それ以前からダイハツは考えていたとのこと。だからパクリではありません…いや、マジで。うん。

ただ助手席シートはチップアップ式に変更されるため、結果現行タントの助手席の背面テーブルはなくなりそうな雰囲気。

フルモデルチェンジ後の安全面は、基本的に現行スマアシ3が継承されます。新型タントでも「サポカーSワイド」に認定されます。もしかするとタントのフルモデルチェンジに合わせてスマートアシストも刷新されるかも。

新型タントのエクステリアはキープコンセプト?

最後はフルモデルチェンジで新型タントの見た目はどう変わるのか?結論から書くと、次期タントのデザインは基本的にキープコンセプトになりそう。

例えばタントカスタムはフルモデルチェンジ後も、似たようなフロントグリルを採用。最新の新型情報に定評があるマガジンXの予想画だと、若干グリルとダクトが切り離されていたぐらい。

またノーマルタントも東京モーターショーに出品された「DN U-SPACE(次期タントのコンセプトモデル)」の見た目を見る限り、基本的にフルモデルチェンジ後も大きく変わらないと思います。多少LEDライトを増やすことで質感を高めてくるぐらいか。

新型タントがついにハイブリッド化へ?

そして最後は今回のフルモデルチェンジの一番注目したいポイント。

どうやらベストカーのフルモデルチェンジ情報によると、次期タントはついに「ハイブリッド化」されるかも知れないらしい。しかも既にスズキの軽自動車はマイルドHV化が進んでいますが、ダイハツが導入するのは本格的なハイブリッド(ストロングハイブリッド)とのこと。

エンジンを傾けて配置する先程の情報も思い出すと、これは次期タントのストロングハイブリッド化の布石と考えることが可能。何故ならハイブリッドのデメリットには電気モーターやバッテリ搭載に伴う室内空間の犠牲がある。そこを解消する狙いが実は強いのかも知れない。

確かにダイハツはトヨタの完全子会社。トヨタのハイブリッドの技術がそのまま新型タントに搭載されてもおかしくない。ただ言ってもタントは軽自動車。HV化に伴う走りや実燃費は期待できるものの、フルモデルチェンジに伴う価格上昇だけが気がかり。