【最新情報】ホンダ新型N-WGN フルモデルチェンジ2019まとめ

ホンダは軽自動車・N-BOXの販売が絶好調。2017年販売台数でも普通車を含めても年間一位に輝くなど、ほぼ毎月のように販売台数は首位。N-BOX試乗レビューN-BOX vs N-VANの比較記事なども後でご参照。

ただ一方で、N-ONEはフルモデルチェンジしない可能性が高いと様々な自動車メディアが報じております。他にも一時期大ブームとなったS660もフルモデルチェンジしないと噂されるなど、まさにホンダ内の「仁義なき格差社会」が見て取れます。

そこで今回カーギークでは「ホンダ新型N-WGN」のフルモデルチェンジ最新情報を解説していこうと思います。こんな状況で果たしてホンダ新型N-WGNはフルモデルチェンジされるんでしょうか?

ホンダ新型N-WGNはフルモデルチェンジする可能性は高い

まずは「新型N-WGNがフルモデルチェンジされるのか?」というそもそもの疑問から解説。

結論から書くと、ホンダ新型N-WGNがフルモデルチェンジされる可能性は高いだろうと予想されます。

何故なら、2018年の販売台数を見ると平均月販台数は5000台前後と、このN-WGNはホンダの中ではまずまず健闘してるから。国内従業員の雇用を維持する意味でも、フルモデルチェンジで新型N-WGNのテコ入れを早く図りたいのがホンダの本音でしょう。

また新型N-BOXは2017年にフルモデルチェンジしてるんですが、「プラットフォーム」まで完全に刷新されたことが大きな話題になりました。もちろん軽自動車は国内専売。自動車メーカー側の視点で考えたら、それなりにリスキーな投資。

だから減価償却的なことを考えたら、他のホンダの軽自動車にも採用される可能性が高い。その第二段に採用される車種こそ、まさに新型N-WGN。厳密には試乗済みの新型N-VANにも採用されておりますが、新型N-WGNがフルモデルチェンジする可能性も比例して高くなる。

【予想】新型N-WGNの発売時期は2019年後半?

じゃあ、新型N-WGNはいつ頃フルモデルチェンジするのか?発売時期はいつ頃になりそうなのか?

これも結論から書くと、ホンダ新型N-WGNの発売時期は2019年後半頃とカーギークでは予想。

例えばN-BOXが2011年後半に発売され、そのちょうど6年後の2017年秋にフルモデルチェンジしてる。つまり、ざっくり言うとホンダの軽自動車の「モデル周期は6年」程度と予想されます。

この理屈を応用して考えると、現行N-WGNは2013年11月に発売されてるため、次期モデルの発売時期は2019年11月の秋頃と予想できる。今年2018年7月には新型N-WGNは一部改良されており、まさに今からちょうど一年後の時期はフルモデルチェンジするには最適。

新型N-WGNはフルモデルチェンジでデザイン変更?

続いてはフルモデルチェンジ情報の目玉。

結論から書くと、ホンダ新型N-WGNのデザインが変更されるらしい。確かに現状、ホンダ・N-WGNの販売台数がNBOXと違ってめちゃめちゃ売れてるわけではない。そのためフルモデルチェンジ後の新型N-WGNは見た目にテコ入れが図られるのも納得。

(ホンダ・ステップワゴンスパーダ)

例えば考えられてる予想としては、新型N-WGNカスタムには「ステップワゴンスパーダ顔」が取り入れられるのではないか。

ただN-WGNのライバルのスズキ新型ワゴンRは大胆にデザインを変更させたものの、そこまで販売台数は芳しくない。そのため次期N-WGNもキープコンセプトされる可能性はありますが、それでも「現状を良し」と考えてるホンダの中の人は少ないか。

どのみち最近のホンダのデザインはパッとしないので、仮にスパーダ顔に新型N-WGNが変身したとしても大胆にイメチェンしたとは言えないか。もし外観やデザインが大きくテコ入れされないとしたら、新型N-WGNのフルモデルチェンジは「内容」で勝負しなきゃいけない。

新型N-WGNは助手席スーパースライドシートを採用?

そこで続いては新型N-WGNの中身を解説。

前述の通り、ホンダ新型N-WGNはNBOXと同様にプラットフォームが刷新される予定。非常に剛性感が高まって、N-WGNの静粛性の高さや走りの質感がアップすることは間違いない。車重もフルモデルチェンジ後は50kg以上軽量化されそう。

また室内を見渡すと、新型N-WGNも同様に助手席のスーパースライドシートが採用されるといった情報も。その名の通り、助手席が前後にめちゃくちゃ動かせるので、ファミリーユーザーには便利な機能。

ただ、N-WGNとエヌボは結局求められる部分が違うので、いささか微妙な予想かも。そんなこと言い出せば、N-WGNにもチップアップシートを採用すればいいですし、良くも悪くもN-WGNの前後の空間は言っても知れてますからね。

他にも妥当なフルモデルチェンジの予想をしておくと、新型N-WGNにもホンダセンシングやサイドカーテンエアバッグなどが標準装備化され、エヌボと同様に安全性能が高まることは想像に難くない。

フルモデルチェンジで新型N-WGNもハイブリッド化?

続いては走りやエンジン周り。

前述のように、新型N-WGNはプラットフォームの刷新で相当軽量化されるはず。エヌボが50kg以上軽量化されたことを考えたら、新型N-WGNのフルモデルチェンジ後の車重は800kgを割り込む可能性が高い。

また最新のVTEC高性能エンジン「S07B型」が新型N-WGNに換装されるのも既定路線。現行N-WGNのカタログ燃費が29.4km/Lですから、フルモデルチェンジ後の次期N-WGNは30km/Lの大台に乗る可能性がありそう。

ただし、フルモデルチェンジ後の自動車業界ではWLTCモードが標準化されてカタログ燃費の基準が相当厳しくなる。

そこで新型N-WGNはスズキ車のように「マイルドハイブリッド」を採用するといったフルモデルチェンジ情報も流れております。実際、ホンダはかつてIMAと呼ばれるハイブリッド技術を開発しておりました。

この電気モータの最高出力は25馬力程度と今から考えると非常に非力ではあるものの、軽自動車に搭載することを考えればまさにベターチョイス。価格帯が抑えられる点もメリットが大きいHVシステム。

現状のN-WGNもカタログ燃費はそこそこ健闘してる。そこへフルモデルチェンジ後は更に車体が軽量化され、ハイブリッドシステムも搭載すれば間違いなく次期N-WGNはライバル車の燃費性能を大きく上回りそう。

○新型N-WGNも燃費競争に参戦してこないだろうが…

しかしながらホンダに限らず、既に各自動車メーカーは燃費競争から離脱済み。実際、燃費ナンバーワンじゃなくてもエヌボが大ヒットしており、燃費競争の無意味さはホンダ自身がなにより実証済み。

それにも関わらず、わざわざカタログ燃費でナンバーワンになりたいという理由だけで、ホンダが新型N-WGNをハイブリッド化してくる可能性は低いとカーギークでは見た。

何故なら、新型N-WGNは前述のようにホンダセンシングなどが標準装備化されることで、フルモデルチェンジ後の価格帯が全体的に向上する可能性が高い。でも、そこに更にハイブリッド化してしまえば、当然新型N-WGNの割高な価格が更に割高になるだけ。

じゃあ、これは結果的に販売にプラスになるのか?

実際、スズキの軽自動車は全車ハイブリッドしても爆発的に売れてはおりません。逆に、試乗評価が高い新型ジムニーはハイブリッド化されてないのに、販売は好調。だから次期N-WGNのハイブリッド化は考えにくいとカーギークでは予想してみる。

ちなみに、日産新型デイズフルモデルチェンジ最新情報ホンダ新型フィットフルモデルチェンジ最新情報ホンダ新型ヴェゼルフルモデルチェンジ最新情報なども参照。こちらのフルモデルチェンジ情報は比較的確度が高いので、更に参考になるはず。

フォローする