【2019】ホンダ新型N-ONE フルモデルチェンジせず消滅へ?【最新情報まとめ】

今月2017年12月21日にマイナーチェンジ(一部改良?)を施すホンダの軽自動車といえば、「N-ONE(エヌワン)」。

今冬の新型N-ONEの改良の中身としては、StandardやRSなど全グレードを4つにまで絞って、ツートンカラーの設定など主に見た目のテコ入れを図ってくる様子。既に新型N-ONEのティザーサイトも公開中。

でも今回の本題はそれではありません。2012年11月に登場したN-ONEですが、既に発売から5年以上が経過して今月には前述のように一部改良を施し済み。じゃあ気になるじゃありませんか?いずれ行われるであろうN-ONEの初めてのフルモデルチェンジ。

 

ただ新型N-ONEのテコ入れは今回2017年の一部改良を最後に、そのまま一度もフルモデルチェンジすることなくモデルごと消滅してしまう可能性があるらしい。そこで今回はホンダ新型N-ONEのフルモデルチェンジ情報をまとめてみました。涙ながらに読んで下さい…(T_T)

2018年末か2019年に真相が分かる?

結論から書くと、現状としてはホンダ新型N-ONEの今後の動向は分かっておりません。もしかするとフルモデルチェンジするかも知れないし、フルモデルチェンジしないかも知れない。何という曖昧な答え。

(ベストカー12月26日号 講談社)

ただ、少なくとも新型N-ONEのテコ入れが行われるのは、今回のマイナーチェンジ(一部改良)で最後になるのはほぼ事実らしい。だからホンダ新型N-ONEは崖っぷちっちゃ、かなりの崖っぷちの状態。

2017年12月にテコ入れが行われたホンダ新型N-ONEですが、逆に言えば、あと1年以上はN-ONEに大きな動きはないという裏返し。そのためフルモデルチェンジするかしないかは、2018年後半か2019年の初頭ぐらいに新型N-ONEの行く末が分かる可能性が高いとカーギークでは予想。

N-ONEの生産販売が中止されるのか、はたまたN-ONEとは別の新しいNシリーズが投入されるのか。現時点ではおそらくホンダ社内でも結論は出ていない。ただN-ONEの販売低迷は現実としてあるため、もちろん今回のテコ入れをキッカケに再び新車販売で盛り返せば別ですが、このまま緩やかに天に召されそう…(T_T)

ホンダ新型N-ONEは良いクルマだとは思うんですが…。

フォローする