【2019】デイズとN-WGNを徹底比較!乗り心地や安全装備の違いはある?【eKクロス】【ライバル車どっち】

2019年4月にフルモデルチェンジしたのが日産新型デイズ。そして、直後の同年7月にフルモデルチェンジしたのがホンダ新型N-WGN。どっちも試乗評価は上々の新型軽。まさに日産vsホンダの全面戦争勃発。

215704ba2d8fb75ee12a852908020c27 277x400

上・デイズハイウェイスター 下・N-WGNカスタム

そこで今回カーギークでは「日産新型デイズとホンダ新型N-WGN(Nワゴン)」を徹底的に比較してみようと思います。見た目はそれぞれ個性的ですが、新型デイズと新型N-WGNはどっちが買いなのか?

今回は詳細に比較してませんが、デイズと中身が同じ三菱新型eKワゴン・eKクロスの比較記事としても参考にしてください。

car-geek.com

外観デザインや見た目を比較

まずは「外観デザイン」を比較。日産新型デイズとホンダ新型N-WGNはどっちがカッコいいのか?基本的に、比較画像は上が日産・デイズ、下がホンダ・Nワゴンになります。

e0cce8cc30dcea03c3fdd3812c1efee8 262x400

上・デイズ 下・N-WGN

結論から書くと、日産新型デイズの見た目がマシかなと個人的には思います。

定番色のホワイトで比較してみると、ホンダ新型Nワゴンの薄味感が際立ちます。デイズのV字メッキグリルはそれなりに映え、サイドの流麗さもNワゴンを上回る。ノーマルグレードでもそれなりにカッコいい。

f47b27c8ff8e8f4ccec1c9280093000a 268x400

上・デイズ 下・N-WGN

少し奇抜なレッドの車体色で比較してみると、前後のピラーをブラックアウト化させてる新型デイズのカッコ良さが際立ちます。一方、ホンダ新型N-WGNの見た目は本当に「昔の軽自動車」といった雰囲気。

新型N-WGNも実車で確認するとここまで安っぽく感じることはないんですが、デザイン性だけで評価すると新型デイズに軍配が上がりそう。

ただし、ツートンカラーではN-WGNに軍配。何故なら新型デイズはノーマルグレードでツートンカラーがそもそも設定されてないのに対して、N-WGNはノーマルグレードでも4種類ほどのツートンカラーが設定されてるから。

car-geek.com

○カスタム系グレードを比較してみる

じゃあ、見た目のカッコ良さを売りにした「カスタムグレード」同士で比較するとどうなるのか?ホンダ新型Nワゴンは挽回できるのか?

215704ba2d8fb75ee12a852908020c27 277x400

上・デイズハイウェイスター 下・N-WGNカスタム

結論から書くと、やっぱり日産新型デイズハイウェイスターに軍配が上がりそう。

新型デイズハイウェイスターはノーマルグレードより更に清潭さが増して、そこまでゴリゴリ感もないため女性ユーザーでも購入しやすそう。一方、新型N-WGNカスタムはメッキ感は増したものの、正直カスタム感は薄い。

ddceca0cc5bf38e491d140b8e3b36128 268x400

上・デイズハイウェイスター 下・N-WGNカスタム

定番色のブラックで比較してみると、こんな感じ。

新型N-WGNは敢えて狙ったということですが、サイドは非常にのっぺり。一方、新型デイズはサイドのドアの凹凸感や影の出具合なども立体感を生み、新型N-WGNよりも質感の高さを感じさせます。

○ツートンカラー同士で比較してみる

cbef18319069d2c317a32d0978343173 296x400

上・デイズハイウェイスター 下・N-WGNカスタム

続いては、赤と黒のツートンカラー同士の比較画像。配色も白とオレンジなどデイズハイウェイスターの方がカッコいい2トーンが多い印象です。新型N-WGNカスタムは白とパープルなど悪い意味で個性的なカラーが多いか。

カスタム系グレードやツートンカラー同士の比較でも、Nワゴンが新型デイズのカッコ良さに追いつくことはないか。更に比較するのであれば、三菱新型eKクロスが一番カッコいい部類に入りそうです。

ちなみに、新型N-WGNカスタムも褒めておくと「シャークフィンアンテナ」を採用してること。軽自動車でほぼ唯一。新型デイズハイウェイスターはチョコンと飛び出てるアンテナが見えますが、そこはN-WGNカスタムに軍配。

car-geek.com

内装インテリアやインパネ周りを比較

続いては「内装インパネ周り」を比較。見た目は新型デイズが優勢だった気がしますが、室内の質感もN-WGNが劣勢なのか?

2c77b140bbcaea3a5649bbc47ab64c17 398x400

上・デイズ 下・N-WGN

結論から先に書くと、内装も新型デイズがやや優勢かな。

カスタム系のハイウェイスターにはダッシュボード周りにはソフトパッドがあしらわれ、ピアノブラック調のエアコンの操作パネルもタッチ式で質感が高い。ナビ画面の大きさもデイズが9インチに対して、N-WGNは8インチと優勢。

新型デイズの内装は完全に普通車クラスか、それ以上。

ただし、外観デザインこそ正直パッとしなかったものの、新型N-WGNの内装面はしっかりお金がかかってます。見た目ほど新型デイズが優勢ってわけではなく、新型N-WGNの内装も普通車に近い質感。シート素材も安っぽさはゼロ。

他にもシフトレバー周辺もデイズよりもスッキリと仕上がっており、前席周りの空間の広さもN-WGNが優勢か。だから新型Nワゴンの内装が大きく見劣りしてることは決してなく、N-BOX譲りの質感が高い内装に仕上がってます。

一方、収納力はほぼ同じぐらいか。N-WGNには助手席前に巨大なインパネトレイが設置されており、デイズはインパネ周りだけでも7個以上の収納スペースが隠されてる。どっちも実用性は高い。

car-geek.com

室内の広さや荷室の大きさはどっちがおすすめか?

続いては「室内の広さや荷室の大きさ」を比較。同じ軽自動車ではあるものの、新型デイズと新型N-WGNはどっちが広くて実用性が高いのか?

結論から書くと、室内空間はどっちも相変わらず広いです。

例えば後席シート周りはどっちも床下トンネルの高さはなく、左右への移動も楽ちん。いわゆる膝周り空間のニースペースは若干デイズが広い気もしますが、新型N-WGNが大きく見劣りすることはありません。

249dd843ffc3c25a43c41203ba4f7e96 500x203

左・デイズ 右・N-WGN

ただ一方、荷室空間はN-WGNに軍配が上がります。

ベストカーの比較記事によると荷室奥行きはどっちも38cmと広々なんですが、後席シートを最前列まで動かすと5cmほどN-WGNが長くなる。その分だけ、後席シートのスライド量がデイズより長い裏返し。

また地面と荷室とのフロア高がN-WGNが47cmに対して、デイズは68cm。N-WGNはその分だけ床下が低い。リアシートの高さや位置を基準に、両者の比較画像を見比べると一目瞭然だと思います。

そして、新型Nワゴンはフロアボードを利用して荷室を二段式に使用することが可能。新型デイズの荷室にも54Lという広々の床下収納が隠されてるものの、「日常での使い勝手の良さ」ではN-WGNに軍配。

それに比例して、最低地上高もデイズが1.5cmほど高い。そのため乗降性の良さでもN-WGNに軍配が上がりそうです。デイズも実用性が十分高いものの、見た目の微妙さに反比例するようにN-WGNは実用性を高めてるのが魅力。

car-geek.com

デイズとNワゴンの車体サイズを比較

続いては「主要諸元」の比較。少し順番はズレた気もしますが、デイズとNワゴンの車体サイズをチェック。ただし、あくまでどっちも軽自動車なので、サイズ感は全く同じ。軽く流し読み推奨。

○デイズの主要諸元まとめ

  • 全長…3395mm
  • 全幅…1475mm
  • 全高…1640mm(4WDは1660mm)
  • ホイールベース…2495mm
  • 最小回転半径…4.5メートル(カスタム系は4.8メートル)
  • 最低地上高…155mm
  • 室内長…2065mm
  • 室内幅…1340mm
  • 室内高…1270mm

○新型N-WGNの主要諸元まとめ

  • 全長…3395mm
  • 全幅…1475mm
  • 全高…1675mm(カスタムは1705mm)
  • ホイールベース…2520mm
  • 最小回転半径…4.5M(4WDは4.7M)
  • 最低地上高…140mm(4WDは145mm)
  • 室内長…2055mm
  • 室内幅…1350mm
  • 室内高…1300mm

car-geek.com

デイズとN-WGNの搭載エンジンを比較

続いて走りの違いを比較する前に、まずはデイズとNワゴンの「それぞれの搭載エンジンのスペック」を確認。デイズは「ほぼ全車マイルドハイブリッド」を搭載しており、N-WGNは普通のガソリン車になります。ただスペック的には新型N-WGNがやや優勢。

○デイズ660cc直3NAエンジン

  • 形式…BR06-SM21
  • 最高出力…38kW(52PS)/6400rpm
  • 最大トルク…60Nm(6.1kgm)/3600rpm
  • 電気モーター…2.0kW(2.7PS)/40Nm(4.1kgm)
  • 車重…840~860kg(4WDは+60kg)
  • カタログ燃費(WLTCモード)…21.2km/L
  • 燃料タンク…27L

○デイズ660cc直3ターボエンジン

  • 形式…BR06-SM21(インタークーラーターボ)
  • 最高出力…47kW(64PS)/5600rpm
  • 最大トルク…100Nm(10.2kgm)/2400~4000rpm
  • 電気モーター…2.0kW(2.7PS)/40Nm(4.1kgm)
  • 車重…860~880kg(4WDは+60kg)
  • カタログ燃費(WLTCモード)…19.2km/L
  • 燃料タンク…27L

○Nワゴン660cc直3NAエンジン

  • 形式番号…S07B
  • 最高出力…43kW(58PS)/7300rpm
  • 最大トルク…65Nm(6.6kgm)/4800rpm
  • 車重…850kg(4WDは+60kg)
  • カタログ燃費(WLTC)…23.2km/L(4WDは21.2km/L)
  • 燃料タンク…27L(4WDは25L)

○Nワゴン660cc直3ターボエンジン

  • 形式番号…S07B
  • 最高出力…47kW(64PS)/6000rpm
  • 最大トルク…104Nm(10.6kgm)/2600rpm
  • 車重…860~870kg(4WDは+60kg)
  • カタログ燃費…22.0km/L(4WDは20.4km/L)
  • 燃料タンク…27L(4WDは25L)

car-geek.com

走りや乗り心地はどっちがおすすめ?

続いては「乗り心地」などを比較。新型デイズと新型N-WGNはどっちの走りがおすすめなのか?

結論から書くと、乗り心地はどっちも上質だと思います。

シートの座り心地も軽自動車のそれではなく、新型デイズも新型N-WGNも甲乙付けがたいレベルだと思います。ただし、シート座面長や座面高などはデイズのほうが余裕ありそうですが、後席シートは床面との高さが短いため少し座りづらさも。

加速感に関しても、割と甲乙付けがたい

デイズの最高出力はN-WGNより6馬力も劣るものの、一方でトルクの実行回転域は1200rpmほどデイズが上回る。元々ルノーと開発したコンパクトカー向けのものを改良してるだけあって、デイズのエンジンは加速に余裕感がある。

デイズとNワゴンの車重差もほとんど存在しないため、おそらく体感的な走りの違いは感じないか。新型プラットフォーム採用でどっちも車体剛性は高く、操縦安定性なども一昔前の軽自動車を完全に凌駕してる。

デイズの外観は非常にスタイリッシュでしたが、一方、フォルムのボックス感はN-WGNがその分だけ強い。そのため立ち気味のピラーも相まって、前方視界性の良さはN-WGNにやや軍配が上がるか。

car-geek.com

実燃費はNワゴンに軍配が上がりそうだが…

続いては「実燃費」の比較。

34dce6a89c732ee20d0e4ff24afee66a

(カートップ8月号 交通タイムス社)

そして、実燃費はN-WGNに軍配が上がりそう。新型デイズはマイルドハイブリッドを搭載してるものの、ワゴンRと比べると市街地燃費が劣ります。そのためマイルドハイブリッドの電気モーターもさほど実燃費に貢献してない印象。

そのためカタログ燃費に差が出てたように、実燃費面でもデイズがやや後塵を拝するか。もちろん大した違いは出ないと思いますが、5年10年と長期的に乗る場合、それなりに維持費や燃料費の差が出てきそうです。

ただし、N-WGNは4WDモデルの燃料タンク容量が「25L」と更に小さくなってるのが玉に瑕。4WDモデルは雪国のユーザーの重宝されますが、航続距離の点だとデイズよりも見劣りするはず。

実はN-BOXでも同様に4WDモデルの燃料タンクだけ小さいんですが、最近はガソリンスタンドが減ってる中、日常の使い勝手の良し悪しではデイズに軍配が上がりそうです。4WDはデイズとNワゴンで30~40kmほど航続距離の差が出そう。

雪国に住んでる方であれば新型デイズの方がおすすめかも。

car-geek.com

安全装備はどっちも同じようだが「違い」も多い

続いては「安全装備」の違いを比較。

結論から書くと、どっちの安全装備もめちゃんこ優秀です。デイズもN-WGNも完全に軽自動車のレベルを超えており、そこらへんのコンパクトカーや普通車では太刀打ちできません。どっちを購入しても安心安全だと思います。

例えば、どっちの安全装備も全車速域の追従クルーズコントロールを採用。電動パーキングブレーキがデイズもNワゴンも同じく標準装備されており、どっちも追従クルーズコントロールの状態を維持できるのもポイント。

追従クルコンの性能そのものも五分五分。どっちも普通車で培った技術が軽自動車にも応用されており、それなりに安定感は抜群。車線逸脱防止支援システム(レーンキープアシスト)も以下同文。

また自動ブレーキ機能も対クルマだけではなく、対歩行者にも作動して対応。夜間でも認識できる代物。ただし、細かく安全装備の違いを比較していくと、新型Nワゴンの方が軍配が上がります。

car-geek.com

○N-WGNの安全装備は「標準装備」という点でデイズを上回る

例えば、N-WGNは「標識」をカメラで認識できるのに対して、デイズは不可。デイズの安全装備も軽自動車では間違いなくトップクラスですが、例えばトヨタセーフティセンスの性能に近いのは新型N-WGN。

そして、もっとも大きな違いが全車速域追従クルーズコントロールはデイズはハイウェイスターの最上級グレードのみ標準装備されてるのに対して、N-WGNは全車に搭載される点と言えましょう。

安全装備に関しては、N-WGNにはないSOSコールが付いてる新型デイズが上回る部分はあるものの、やはり「全車標準装備」という点で安全装備の面でN-WGNのほうが優勢と評価せざるを得ない。

価格の違いは後述しますが、同じ水準の安全装備を購入しようと思ったら、デイズはN-WGNよりも40万円以上も割高になってしまう。

car-geek.com

【価格一覧】結局どっちがお得なのか?

続いては「価格一覧」の違いを比較。結局、新型デイズと新型N-WGNはどっちがお買い得なのか?ちなみに、安倍政権が消費税を10%に増税するため価格はざっくり表記します。2019年10月以降は+5~10万円ほどの値上がり。

まずデイズはノーマルグレードが127~132万円。ボレロは142万円。カスタム系のハイウェイスターが147~165万円。一方、Nワゴンはノーマルグレードが127~150万円。Nワゴンカスタムの価格帯が151~166万円。

デイズよりもN-WGNがやや割高ですが、どっちもほぼ価格差がないと言っていいレベルでしょう。

装備面もどっちも充実。前述の電動パーキングブレーキや電動格納式ドアミラーなどはどっちも標準装備。安全装備の比較で触れるのを忘れましたが、サイドカーテンエアバッグも全車で標準装備されてます。

紫外線・赤外線カットガラスはデイズもN-WGNも廉価グレード以外は標準装備。ただし、どっちも全ガラスは紫外線カット対応ですが、赤外線カットガラスはNワゴンはほぼ全面貼りに対して、デイズはフロントガラスのみ対応。

○地味だが新型Nワゴンの方が装備は充実してる

そのため両者の装備面も細かく比較すると地味に違いも多く、ざっくり言っちゃうと「N-WGNの方が装備は充実」してます。

例えば、電動パーキングブレーキに関しても、ブレーキペダルを踏まなくても済む「オートブレーキホールド機能」がデイズにはハイウェイスターの最上級モデルのみ付いてるんですが、Nワゴンは全車で標準装備されてる。

また前席シートヒーターもNワゴンが4WDでは全車標準装備され、ミドルグレード以上だと2WDモデルにも運転席に標準装備。それに対して、デイズは4WDモデルのみにしか前席シートヒーターは標準装備されてない。

最初は冴えない見た目と価格帯が釣り合ってない印象もしますが、Nワゴンは予防安全機能含めて装備面はしっかり全グレードで充実してるのがポイント。価格帯にほぼ違いがないからこそ、Nワゴンの方がデイズより実質的な割安感が強い。

8e4f5301dad14d4a23b60efaec3bd889
404 NOT FOUND | カーギーク
新型車のフルモデルチェンジ最新情報やマイナーチェンジ情報などを徹底解説する自動車総合サイト!人気の新型車の試乗レポートや自動車の雑学といった車情報もお届け!

【比較】デイズ vs N-WGNの違い総括まとめ

以上、カーギークによる日産新型デイズとホンダ新型N-WGNの比較記事でした。

今回の結論を早速まとめると、どっちも商品力は高い軽自動車だと思います。

追従クルーズコントロールやサイドカーテンエアバッグなど安全性能は非常に高く、スライドドア式の軽自動車よりも価格は割安。走行性能も上々。室内空間も広い。初めてのクルマとしてまさに最適でおすすめ。

じゃあ、新型デイズと新型Nワゴンはどっちが買いなのか?

個人的な感想を言っちゃうと、日産新型デイズの方がおすすめです。

やはり見た目がシンプルにカッコいい。そして軽自動車らしからぬ装備の充実っぷり。収納力の高さや室内の広さ、乗り心地や走りも上々。新型デイズは商品(軽自動車)としての完成度が高く、あらゆる面で高次元で不足なし。

car-geek.com

○個人的にデイズがおすすめだが…

一方、新型N-WGNのフロントマスクはカスタム含めて、正直なんとも言えない見た目がマイナス。実際に目の当たりにすると質感はそこまで低くないものの、食指が動くレベルのデザインではない。本当に昔の軽自動車といった趣。

でもその分だけ、新型N-WGNはデイズよりも装備面で全般的に充実。エントリーグレード同士で比較すると一目瞭然。やはりデイズは最高級グレードにしか全車速域追従クルコンは設定されておらず、人によっては手が出づらい。

だから見た目を度外視するのであれば、新型デイズよりもおすすめ。新型N-WGNほど「割安な価格帯で非常に高機能な軽自動車」を体現してくれてるクルマもないでしょう。見た目さえ気にならなければ…といったところ。

car-geek.com

コメント

  1. 匿名 より:

    N-WGNのノーマルグレードがひと昔前のデザイン?デイズのノーマルグレードも十分ひと昔前のデザインやろ?

タイトルとURLをコピーしました